スポンサード リンク

ハーレーダビッドソンの試乗イベントに行ってきました。
北陸初となるオフィシャル系のイベントのようです。
1492894562105
今回初となるトライグライドウルトラ?のトライク試乗します。
というか、トライク自体乗るの初めてなのですが、エンジンはミルウォーキーエイト エンジン自体のインプレは後にするとして、乗ってみた感想

これでスピード出せる人尊敬します

というか 購入する気になれる人も

いい悪いじゃなくて、やっぱりバイクとは違う乗り物なので頭の切り替えができないと怖い^^;

試乗せずに買う人は存在しないとは思いますが(逆にディーラーも試乗せずに買おうとする人を止めるべきですがw)

最近ではツーリングでも見かけるようになってきたトライク、決して侮れませんよ^^

KIMG2050
さて、ハーレーダビッドソンの教習車も発見。
富山の自動車学校に採用のようですが、わたくしお金もらってるわけでもないのでどことは言いませんw
WEBに広告打ってればどこかに表示されるでしょう(←最低)

ハーレーダビッドソン富山チャプターのツーリングに2年ぶり?に行ってきました。
KIMG2036
ツーリングには絶好の天気。
懸念されていたエンジンチェックランプも始動時にしばらくついただけで、その後300kmほど走行しましたが一度も点灯なし。やっぱり原因はO2センサーじゃない気がします。

KIMG2037
早く着きすぎて道の駅新港はハーレーまだいない・・・・こういう時は動画配信サービスに入ってると暇つぶしにスタートレック見れるのでいいですね^^

KIMG2038

チャプターメンバーがそろってきました。
車いすゾーンに止める人がいなくてほっとしましたw

昼食場所まで行って、昼飯食べすにそのまま帰りましたが、デイトナの車検対応マフラーのおかげで法定速度付近での回転数とギアのバランスがベストになりました。(のんびり走ってても純正ではトルク負けしてギアを落とす場面が多々あったので)
いっそう楽しいバイクに生まれ変わった感じです^^

ハーレーダビッドソンの車検が無事終わりました。
KIMG2002
新しいデザインになった自賠責のシール^^
ちなみに24か月点検込みで、最安の車検費用は・・・
KIMG2005
3万円切りますw
ただし、24か月点検であって、点検整備ではありません!
事前に整備の必要な部分は自分で行っていて、点検項目に問題のなかった場合の金額ですので、ハーレーダビッドソン正規ディーラーの車検が高いわけではありませんので。
(各部のグリスアップ、クラッチの調整、エアクリーナー清掃、オイル交換など 一緒にやればそれなりになるのは当たり前ですからね)

デイトナの車検対応マフラー装着にて通せたのでこれで安心して乗り続けられます。

備忘録として、
2年前のノーマルマフラーの検査場での排ガス数値      CO:0.13% HC:14ppm
2017年車検時 デイトナ車検対応マフラーでの排ガス数値 CO:0.85% HC:18ppm
今の時点でO2センサーのエラーが出ているのですが、ガスの数値との関連は不明です。
エンジンチェックランプが点灯してると車検に通らなくなるといううわさもありますのではやめになおしたいな・・・

ちなみに、O2センサーの異常はオイル温度が70度超えるとピタッとでなくなるので、センサーが原因じゃない気がしてきました・・・・・


ハーレーダビッドソンに取り付けしてあるデイトナの車検対応マフラーですが、インジェクション車なので車検の時に排ガス試験証明書も必要です。
購入したときについていたので、せっかくなのでスキャンしてネタにします。
この書類と私の2008年式ダイナローライダーの車検証をもとに陸運局でOKもらっていますので、次回の車検では認証工場ですんなり車検が通せるはずです。
原本ではなくコピーですが、製造元のデイトナさんに電話して、コピーでも車検に通ると確認済ですので安心です。
デイトナ排ガス証明書1
まずは表紙

デイトナ排ガス証明書2
1枚目

デイトナ排ガス証明書3
2枚目

デイトナ排ガス証明書4
3枚目(テーパードタイプの書類)

デイトナ排ガス証明書5
3枚目(ストレートタイプの書類)

デイトナ排ガス証明書6
3枚目(スラッシュカットタイプの書類)

車検に通ったら、きれいにコピーしてラミネートしたものを携帯したほうがいいのかな・・・・

ハーレーダビッドソンのエンジンチェックランプが点灯しました。
以前点灯したときはめったに再現しなかったのと、メインスイッチのハーネスゆるみ対策以降は起こらなかったのですが、今回はついたり消えたりがしょっちゅう。
KIMG1860
気味が悪いので、サービスマニュアルを見るとスピードメーターを使った自己診断方法があるのでやってみました。

1:メーターのトリップメーターリセットボタンを押した状態でイグニッションをONにする。そのごトリップリセットボタンを離す
KIMG1861
2:メーターのインジケーターがすべて点灯して針も全開に振れて、その後元に戻り「DIAG」の表示がされる
*d1A9ってなんだ?! ってはじめ思いましたが、セブンセグメントを使ったアルファベット読みでした^^;
ダイアグは自動車の故障診断コードのことです。

3:トリップメーターリセットスイッチを再度押して離すと「PSSPtb」と表示されます。
*ピコ太郎の歌とは関係ありません
Pパワートレーン
Sセキュリティー
SPスピードメーター
tタコメーター
bブレーキ
KIMG1862
それぞれに対応した故障コードを読みだせます。

4:初めのPがこの時点で点滅してますので、パワートレーンの診断コードを読み込むにはトリップリセットスイッチを5秒以上長押しします。
KIMG1864
まずP0131が表示されました
サービスマニュアルによると「フロントのO2センサー低電圧または排気ガスが薄すぎる」
故障コードは複数ある場合があるので、トリップリセットスイッチを押して離すと次のコードが出ます
KIMG1865
つぎにP0151が出ました。「リアのO2センサー低電圧または排気ガスが薄すぎる」
さらにトリップリセットスイッチを押して離すと
KIMG1866
ENDの表示が出たのでパワートレーン系の故障コードはこの二つですね。

5:トリップオドメーターリセットスイッチを押すと、今度は隣の「PSSPtb」赤文字のSの点滅する画面になります。
ここでトリップリセットスイッチを長押しすると今度はセキュリティーの故障コード読み込みになるのですが、これ以降のすべての項目でエラーがなかったので今回は省略

O2センサーに問題があるのか、O2センサーが問題を検知したのかはこのコードからはまだ判断しかねますので簡単にできるインテークのリークテストでもしてみようかな・・・・
極端に乗る回数減ってるせいでO2センサー汚れてるだけだといいんですが

何か質問あったらコメントください。

ハーレーダビッドソン用にデイトナの車検対応マフラー スリップオンテーパードを取り寄せました。
KIMG1792
定価は7万5千円もするすげー高いマフラーでしたが、ヤフオクでかなりお安くゲット^^

年式によって対応マフラーの型番が違うのでこれは07年式以降のダイナローライダーのみというデイトナからの注意書きです。
エンジン型式が同じなら07以降のダイナシリーズはOKな気もしますが、陸運支局によって判断が分かれるのかな??
KIMG1793

早速純正マフラーを外します。前日CRCを外すボルトに吹いておくのがポイントですね。

KIMG1802

デイトナ車検対応マフラーと純正マフラーを並べて初めて気が付きましたが、

全長と外形が純正より小さい

てっきり純正と同じ形状かと思っていたので、純正スタイルを崩したくなかったネコミニは少しうろたえましたw

KIMG1803
しかしながら、さすがデイトナ。
マフラーエンドの仕上がりやメッキの質感はハーレーダビッドソン純正マフラーより上です!
(日本仕様のマフラーだから手を抜いたとか、そんなのないと思いたいです)

KIMG1794KIMG1795

せっかくなのでサイレンサー部分の重量も計ってみます。
純正マフラー3.4kg 
デイトナ車検対応マフラー2.8kg
まあ、外形と全長小さいので軽くなるのは当たり前ですが^^;
2本で1.2kgの軽量化です。
KIMG1796
車検対応なので触媒もついています。
どんな音が出るのか楽しみですね。
↓装着した外観と新品の値段は楽天からみれますw マフラーの対応年式はデイトナホームページで随時更新されてますが、ストリートボブにも車検対応で取り付けできるようです。買う人はメーカーに確認してくださいね^^



ハーレーダビッドソンの燃料タンクの燃料ホースに亀裂が入りました。
KIMG1767
燃料タンクの左右を連結するクロスオーバーラインのホースですが、劣化してぼろぼろ・・・あぶねぁ!

ここのホースはタンクアップマウントキットを入れたときに純正から長いものに交換しているので、5年でダメになった計算です。
今後は国内ブランドを使ったほうが今後のためもありますので安心かな。
KIMG1768
たまたまストックしてあったYOKOHAMAの燃料ホースがあったので入れ替えします。

KIMG1769

ガソリン携行缶にタンクのガソリンを逃がして作業します。
私タバコ吸いませんが、吸う人は無意識にライターに火をつけることがあるのでこの手の作業はやめたほうがいいでしょう。

KIMG1770
劣化してボロボロだったクロスオーバーライン。
触った瞬間にガソリン漏れ出したので、出先で気が付いて、すぐに帰宅して事なきを得ました。
ロングツーリング行ってたらオワッテタORZ

KIMG1772

以前より外形が太くなったクロスオーバーライン
ホースバンドはメイドインアメリカですが、ホースは国産ブランド
今度ディーラーに行ってホースバンドだけカシメタイプにやり直ししてもらおう。(以前もやりましたな・・・)

↑タンクアップしてなければ純正でかっこいいやつあるのですが、興味ある方は画像から販売元チェックしてみてください^^(他車種で微妙に長いタイプならタンクアップしても大丈夫かも)

今後はツーリング行くときほかのメンバーのこの部分、豆にチェックして、指摘しCHYAO!


ハーレーダビッドソンの車検が4月に迫っているので、年間走行距離500kmですが年に一度はエンジンオイルを交換します。
KIMG1763
いつものようにレブテックのMTP20w50 化学合成オイルです。
あんまりよごれてない・・・あたりまえか。

KIMG1759
エンジンオイル交換後、エンジン始動して油圧チェック

・・・・・ん?

針曲がってね?

KIMG1764
エンジン切るとこの位置にwww
0の表示部分でストッパーのピンに押されて途中で折れてるORZ

その後、曲がったところから折れましたよ。

まあ、油圧かかってるかどうかの目安なんで機能に問題ないですし。
走行中に見る場所ではもともとないので、気にしないことにします。
(*エンジン始動時のチェックは欠かせませんよ)


ハーレーダビッドソンに取り付けしてあるサンダーマックスですが、2008年当時通信用に使用していたPCがウインドウズXPでしたが、OSのサポート終了になったのでウインドウズ7のPCに変更しました。

ここで問題なのが、
1:今まで使っていたUSB−シリアル変換ケーブルがウインドウズ7で認識しなかった。
2:サンダーマックス付属のスマートリンクソフトはウインドウズ7で起動すると通信ソフトのアップデートができない

この二点です。


私が取り寄せたのはこれ↑
バッファローのUSB-シリアル変換ケーブルを購入したので最新OSも対応できるようになりました。

問題が一つ解決です。

KIMG1711
サンダーマックス付属の通信ソフトは最新OSにもインストールできますので、最新版を手に入れるURLはここのソフトから飛んだほうが間違いないでしょう。

KIMG1712

ヘルプからサンダーマックスウェブサイトを選びます。

KIMG1713

サンダーマックスソフテウェアダウンロードのページを選んで

KIMG1714

赤いCDの項目を選んでソフトをダウンロードします。
上の黄色いのは最近のサンダーマックス用で初めからUSB接続なんですね^^
下のはカリフォルニア仕様? 規制の関係なんかな・・・・

KIMG1715

ポートの設定とか特にしなくても最新版で通信できるようになりました^^

あまり詳しく書いてないので、何かありましたらコメントで質問ください(・w・)b (激おそレスの予感ですがw)

ハーレーダビッドソン用に以前スマホホルダーを取り付けしていましたが、機種変更で合わなくなったので、今度はデイトナの取り付けスマホサイズに幅のあるスマホホルダーを用意しました。
KIMG1684
スマートフォンホルダー クイックリリースタイプです。
自転車にも使うのでハンドルバーの固定がワンタッチで解除できるタイプ。
スマホ本体は左右のガイドを狭めるだけでしっかり固定できますが、下の赤いボタンをスライドさせればワンタッチでリリースできます。
デイトナリリースでメイドインジャパンなので安心ですね^^

KIMG1688
取り付けサイズは自転車のような細いバー22mmからハーレーのようなインチバーをこえる29mmまで対応してます。
自転車には付属の樹脂スペーサーをかまします。
KIMG1694
スマホの厚みによって、左右のガイドの爪のサイズを交換します。
赤いロックパーツを入れ替えて全部で4段階に調整できます。

KIMG1699
ダイナローライダーではハンドルポスト付近に装着した場合は、スマホ縦置きだとメーターに干渉するので、横置きで設置できました。
ただし、インジケーターの左側が隠れてしまうので僕はこの方法NGです。

KIMG1701
結局前回のスマホホルダーと同じパターンで、左グリップ側、縦置きでしっくりきました。

KIMG1702
クランプの角度とスマホホルダーの角度を調整できるので、どんな場所でも運転手に対してまっすぐスマホを向けることができます。
角度調整には工具が必要なのできっちりかっちり位置が決まります。

↑僕が購入したのはここから^^自転車で通勤用のスマホ照明用に使用中です。
ハーレーダビッドソンでの走行レポートは後日に行います。

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村←更新の励みになるので次のネタが気になる方はポチっとお願いします^^
スポンサード リンク
ハーレー関連コンテンツ
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ハーレーカテゴリー
ハーレー最新記事
ハーレーオーナープロフィール
ブログ村ランキング参加中