スポンサード リンク

久しぶりの更新ですw

ハーレーダビッドソン富山さんからチャプターツーリングのお知らせが届きました
以下本文

ツーリングのご案内です(*^_^*)
 いよいよ今年初のチャプターツーリングを開催します

★ 4月17日(日)

場所:かき処「海」

集合時間:8:30

集合場所:道の駅新湊

出発時間:9:00

参加される方は人数と下記のメニューを4月10日までに電話や店頭にてお伝えください(^^)v

牡蠣定食 1,000円

海老フライ定食 1,000円

とりから定食 700円 (+500円で牡蠣が食べ放題になります) コースなど

決まり次第またご報告します( ^^) 皆さんのご参加心よりお待ちしております★

とのことです^^

天気次第で参加したいですね・・・・

なんせ、

リヤタイヤが現在つるっつるORZ

ハーレーダビッドソンで伍縁ミーティングに行ってきました。
192
いつもの山田村のデイリーヤマザキでおやつを買い出し。
今回は日帰りなのでお酒はなしです・・・・

193
お昼前に会場入り
チームのキャンプ装備が到着するのを待ちます。

194
牛岳スキー場のキャンプ地は見晴らしも最高
バイブスミーティングを開催するには小さすぎるので無理でしょうが^^;

196
タープの設営完了。
大人4人いると設営も楽なので、来たかいがありました^^

197
どんどん集まってくるハーレーダビッドソン!
僕は町内の役員会があるので夕方前に失礼しましたが、またミーティングであいましょう!!

ハーレーダビッドソンの油圧計封入リキッドが液漏れを起こしたので再充填しようと思います。

液漏れの原因ですが、推測ですが一時的に油圧が低下して(ここは確認済、そもそもの油圧低下の原因は不明)ヘッド周りの温度が異常上昇して(エンジンチェックランプ点灯)ヒートシンクのようになっているオイルプレッシャーゲージのステーを介して油圧計本体も高温になったため、封入リキッドが膨張してゴムのフタが飛んでいった・・・・・

と今のところ考えられるので、液入れなおせばいいんじゃね? とw

IMGP2715

まずは飛んでいったゴムのフタの代わりを考えます。
内径が7mm程なのでM6の平頭ボルトにシリコンホースとOリングを組み合わせて押さえればパッキンが効く部品を作りました。

IMGP2718
油圧計の封入リキッドはグリセリンという噂なので薬局でグリセリンを購入して再充填しました。

けっして浣腸プレイのためではないので注意しましょう。

IMGP2721

お手製の蓋を取り付けて、ステンレスホースバンドで本体ごと締め付けておきます。
これでとりあえず様子見。

IMGP2722
本体を取り付けして作業完了です。
あとは耐久性レポートですね。

追記:往復150kmほどの日帰りツーリングで問題ありませんでした。
この方法で大丈夫そうですね^^


ハーレーダビッドソンオーナーならきっとあこがれの対象であろうコストコを近所に誘致することに成功したので行ってきました。いやーやっと夢が叶いましたよw(←お前がやったわけじゃないやろ)

IMGP2699

立体駐車場は激混みですが、ハーレーダビッドソンなら駐輪場にすんなり止められて便利ですね^^

IMGP2701
180円のホッドドックと300円のピザ、ソフトドリンクはLサイズのカップで飲み放題です^^
ドッグの中身は別トッピングなのであとから入れに行きますが、まずは写真を。

IMGP2703
衝動買いしたローストチキン
サドルバックに入るか不安でしたが・・・・・

IMGP2704
無理やり押し込んですんなり入りました(゚∀゚)アヒャヒャ


ハーレーダビッドソンのエンジンを2ヶ月ぶりに始動してちょいのりしようとしたら、
暖機運転時点でエンジンチェックランプが点灯していることに気が付きました。

暖気状態で油温計が60° 純正油圧計0を指しているので明らかに異常だったので一旦エンジンを停止しました。

エンジンオイルの温度が60度なのにエンジンチェックランプが点灯ということはヘッドの方にオイル回ってなくてセンサー付近の温度が異常上昇したと考えられるのですが、その程度の油圧低下ではオイルチェックランプは点灯しないって、ちょっとどうなんだろ・・・・・

再度エンジン始動しても、始動時の純正油圧計での油圧上昇なし(実際は油圧警告灯が点灯しない範囲の油圧はかかっている)
2000RPMぐらいに煽るとやっと10psiほどに上昇しました。

初めての症状でしたが、ググっても出てこない^^;
そうこうしてるあいだにオイルプレッシャーゲージの封入リキッドも漏れ始め・・・
IMGP2700

まあ、これはたまたまなのでしょうが、その後しばらく休んで再始動したら、いつもの様に当たり前の油圧がかかって、暖気程度でエンジンチェックランプがつくこともなくなりました。

最近極端にハーレーダビッドソンに乗る回数が減ってたからかな・・・・
まともに走ったのは4ヶ月前で、2ヶ月前はエンジンかけただけで結局出かけなかったのでそれもなんか悪さしたのかも(暖気だけして走らないのはエンジンに余計悪いという噂もありましたし)


腋臭日帰り手術ですが、ついにやって来ました。
以前の記事とスケジュールが変わったのでもう一度おさらいです。


1:手術担当医がいる日に診察(この時点でいつ手術できるか日程を決めれるように休みの候補を2ヶ月分ぐらい用意しておくといいです)
2:手術予定日の一週間前に採血
3:手術(2時間ほどで終わります)
4:3日後にドレーン抜き
5:4日後に抜糸
どれも半日で終わるので半休を5日取れば手術できます。

実際の僕の日程ですが手術後できるだけ安静にしたいので金曜日手術できるように組みました。
____________________
金曜日:手術担当医に診察を受け、手術の説明を受けて、手術日程を調整

一週間後の金曜日:手術前の採血、手術の同意書提出

一週間後の金曜日:手術

3日後の月曜日:ドレン抜き、経過観察

4日後の金曜日:抜糸
_____________________

それぞれの細かい説明は今後別記事に飛ばすので参考にして下さい^^





ハーレーダビッドソンのリヤタイヤの溝がやばくなってきました。
IMGP2307
基本的に真っ直ぐ走ることが多いであろうハーレーダビッドソンなので今までねたにしていませんでしたが、

タイヤのセンターはバイクのフレームの中心線から右にずれています


まあ。そもそもエンジンの形が非対称でプライマリーケースやミッションの配置の関係でしょうがないのかな・・・

右にずれていて何が起こるかといえば
IMGP2308
右側の溝が先になくなるw バンクした時に出っ張ってる分だけ削れやすくなるんですね・・・・

IMGP2309

左側の溝の残りとはえらい違いですね^^;

ただし、右が先に減ると右折で滑りやすいのかというと、実はこの時点でも左折のほうが滑りやすいです。
(水はけの問題でウエット路面では溝がなくなれば条件が変わるでしょうが、現時点のドライ路面でのグリップ力の話です)

タイヤのせいというよりは、タイヤが右によっていて、左折すれば、バンクした時のタイヤ中心は車体の中心より更に外側に・・・・
まあ、アメリカは通行区分逆なので実害ないんでしょうが、日本だと意外と左折時にテールスライドしやすいので今後は注意します。

というか、今のタイヤ、純正より扁平率あげてあるのでタイヤ外形小さいから、体感トルク上がったぶん、車体の重量とグリップ力のバランス悪くなってる気がしてきました。

次の車検はこの溝では通らないのでタイヤ選びを始めておきます。




先日ハーレーダビッドソンの試乗会に行ってきたので、噂のストリート750試乗レポートをしてみます。
IMGP2305
ストリート750
フルノーマルの場合はかなり小柄な方でも十分取り回し出来るポジションで、ぎゃくに短足の身長170cmのぼくでも相当窮屈で足がつりそうになりました^^;
久しく国産に乗ってなかったので忘れていましたが、当たり前のバンク角を持たせるためにステップ位置が上がった結果窮屈になってるんでしょう。
対策としてはシートを厚めにするか、着座位置を後方になるタイプにかえればなんとかなるのかな・・・・
操作系も国産と一緒なのでハーレーに慣れてないかたでも問題無いですね。
エンジンフィールは教習所のVFR750を思い出しました。
ビッグツインと比べるとややトルク不足でギクシャクさせてしまいましたが^^;

ただ、運転してるとやっぱりハーレーにのってる気がしない・・・・
コレ多分タンクのせいじゃないのかなと。
またがってしまうと正直かっこ良くないんですよね・・・・スポーツスターのタンク載せたほうが受けがいいきします。
足つき性ではスポーツスターのスーパーローと似たようなものかも。
好みもあるでしょうが、体格に合わせたシートセットを提供して試乗できるようにしておいたらもう少しインプレ変わってくるかと思います。

IMGP2303
おまけ
2015年モデルのローライダーも試乗しました。
いや、コレはすごく乗りやすいです。
シートのポジションがパッド付きしか試せませんでしたが、ホールド性も良くてハンドル位置も体格に合わせて調整できるので大抵の人は満足できそうです。
マフラー形状がスイッチバックと同じなので、あの時感じた低回転の扱いやすさは同じですね。
ノーマルコンピューターでもOKな感じです。
やっぱりデイトナの2in1ローライダーマフラーほしいなぁ・・・・・

ハーレーダビッドソン最終キャブ 最落無 美車 XL 883R 車検1年6ヶ月 タイヤ新品中古車

ハーレーダビッドソン最終キャブ 最落無 美車 XL 883R 車検1年6ヶ月 タイヤ新品中古車
XL883R 2006年式 最終キャブです。 車検も29年10月まで残ってるので1年6ヶ月あります。 タイヤも前後新品でしたので、全然減ってないです。 外装はとても綺麗です。傷が多く付く、フロントフォークもピカピカで綺麗です。10年前の車両とは思えないです。 走行距離22476キロ(コンディション維持で多少伸びます)です。 車両の綺麗さから見ても実走だとは思いますが、参考程度にお考えください。 シートはソロシートか883R純正の二人乗りのシート。 二人乗り登録です。 セルも一発です、キャブですのでしっかり暖気してから調子良く走ります。
とのことです。


HarleyDavidson XL883L ハンドルカスタム中古車

HarleyDavidson XL883L ハンドルカスタム中古車

メーカー ハーレーダビッドソン メーター表示距離 17,879km 車名 XL883L 色 黒 排気量 883cc 車検・初年度登録 車検 H28年5月・2007年 車台番号 5HD4CR2138****エンジン】・・・未整備状態のため、完全に全部は見れていませんが、 セルにて始動、暖気後 アイドリング、吹け上がりとも良好です。落札後、整備士が80項目以上の点検・整備を実行し、安心してお乗りいただける様、整備致します。 【車体】・・・フレーム・足回りともにしっかりしています!! 【保安部品】・・・ライト、ウインカー・テールランプ等保安部品は正常作動いたします。 【外装】・・・中古車になりますのでキズ・サビ・腐食などは、ありますが、綺麗な車両です。
とのことです。

ハーレーダビッドソン極上車 12年式XL883R 車検2年付き ローン可中古車

ハーレーダビッドソン極上車 12年式XL883R 車検2年付き ローン可中古車
超綺麗 です!お買い得価格!です。この機会にXL883Rいかがですか!2012年式車検現在切れていますが納車時に2年お付けします。5970kmです。エンジン、フォーク、フレーム問題なし 目立つ錆、傷無
とのことです。



ハーレーダビッドソン富山チャプターの2015年度 初ツーリングの案内が届いたので転載します。

以下本文
******************************************
こんにちは(*^_^*)

2015年初ツーリングのお知らせです★

毎年恒例の牡蠣ツーリング♪

日時●4月19日(日)
集合場所●道の駅新湊(カモンパーク)
集合時間●8:30
出発時間●8:45
昼食場所●かき処 海(七尾)

人数予約が必要になりますので、メニューを決めて頂き、ご連絡宜しくお願い致します☆

○かき定食 1,500円
○海老フライ定食 1,000円
○とりからあげ定食 700円

予約は4月13日(月)の15時までです。
沢山のご参加心よりお待ちしております\(^o^)/

HD富山
076-413-3280
*************************************
なんだか最近は年始めのツーリングしかまともに出てない気もしますが^^;
今年度もおろしくお願い致します。 

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村←更新の励みになるので次のネタが気になる方はポチっとお願いします^^
スポンサード リンク
ハーレー関連コンテンツ
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ハーレーカテゴリー
ハーレーオーナープロフィール
ブログ村ランキング参加中