スポンサード リンク

2009年01月

デアゴスティーニのハーレーダビッドソン60号です。
デアゴスティーニのハーレーダビッドソン60号
今回のハーレーダビッドソンはVRSCF V−RODマッスルの紹介です。
マッスル!マッスル!ってなんか少し前に聞いたような気もしますが(違
ハーレーのバイクは洗練されたデザインより、こういった無骨なデザインのほうがかっこよく感じますね^^
アメリカ北東部ペンシルベニア州のバイクイベント、カーライル・バイクフェストの紹介、マックス・ペッツァーリさんの所有するカフェレーサーXLCRへの情熱、アラバマ州バーミングハムの博物館、バーバー・ミュージアム所蔵のビンテージハーレーの数々など読み応え十分です。

ハーレーダビッドソンのパッセンジャーペグとフットブレーキスイッチ
今回のファットボーイのパーツはパッセンジャーシフトペグとフットブレーキスイッチです。

ハーレーダビッドソンのフレームとフットブレーキスイッチ
フレーム右側にフットブレーキスイッチを取り付けします。

ハーレーダビッドソンのステップボードとフレーム取り付け位置
ハーレーダビッドソンのフレームにステップボードを取り付けます。
これで中断していたほかの部品の組み付け作業が再開できますね^^

ハーレーダビッドソン富山さんに遊びに行ったときに、フロントブレーキのリザーバータンクからブレーキフルードがにじんできているのを見てもらいました。
ハーレーダビッドソンのフロントブレーキリザーバータンクキャップ
リザーバータンクのキャップのカップが変形しています。
ハーレーに限らず、ほとんどの外車がシーリングに弱点を持っているのはイギリス車に10年近く乗っているのでもう慣れっこですがw
しみた部分を掃除してもらって組み付けて様子を見ることになりました。

ハーレーダビッドソンの入浴剤
ハーレーあったかフェア?の入浴剤をもらって、コーヒーを飲んで昆布茶も飲んで何も買わずにハーレー富山を後にしました(←最低)

いや、そのうちすごいの依頼しますからw 長い目で見てください^^;

今夜は入浴剤でハーレーダビッドソンのツーリングで冷えた体を温めます。

ハーレーダビッドソンで羽咋に到着したので、今度は氷見を越えてハーレー富山さんのところに顔を出そうと思います。
氷見の街中にマナカホールディングって看板があったのですが、マナカナホールディングに見間違えるのはしょうがないよねw
ハーレーダビッドソンに乗るときのブーツヒーター
富山に入ってから日差しが隠れてかなり寒くなってきたので我慢しきれずにホームセンターで足用カイロを購入^^;
ハーレーダビッドソンで冬場のツーリングをするときはブーツヒーターとして利用できます。
ハーレーダビッドソンのブーツヒーター中身
足の裏と甲の部分を挟み込むタイプのカイロです。
ハーレーダビッドソンのブーツヒーター装着
靴下に直接貼り付けしてブーツを履きます。
ハーレーダビッドソンに乗っていてブーツの指先が冷たく感じたらこの方式のカイロを使うとかなり効果が大きいですよ!

年明けから2回目のハーレーダビッドソンプチツーリングです。
冬場の晴れ間は貴重なので、外が寒くてもできるだけ走りに行くことにしています。
ハーレーダビッドソンと冬の日本海
ハーレーダビッドソンと冬の日本海です。
天気がよくても波はけっこう高いです。
ハーレーダビッドソンの簡易グリップヒーター
ハーレーダビッドソンにはグリップヒーターを取り付けしていないので休憩するたびにホットコーヒーの缶を握り締めて指先の感覚を回復させます^^
ちょっと思いついたんですが、シリンダーヘッドとヒートシンクさせた握り棒みたいなやつを後シリンダーヘッド左右に取り付けできれば停車中にかじかんだ手を握って暖めることができそうなんですがw
ワンオフで製作依頼したら高そうだな・・・・自分で作る暇は冬場はとてもありませんのでちょと無理か。

ハーレーダビッドソンと効果音
今日のハーレーダビッドソン プチツーリングの目的は石川県羽咋市の羽咋駅ローターリーに展示してあるオブジェですw
ジャーン!!
もうね、言うことないですよw
羽咋駅のモニュメント
ほかにもズズズズz・・・・
ロータリーなんでハーレーダビッドソンと並べて取りにくかったのがちょっと残念です。

デアゴスティーニのハーレーダビッドソン59号です。
デアゴスティーニのハーレーダビッドソン59号
今回のハーレーダビッドソンの特集はスポーツスター883R、電子制御インジェクション年式です。
スポーツスターの883Rはダイナローライダー購入時に候補に上がっていたぐらいカッコイイのですが、正直、もう一台ハーレーが所有できるなら883RかXR1200ですね。883RをXR1200並みにチューニングしようと思ったら間違いなく最初からXR1200買ったほうがいいのですが、883には883の楽しみ方があると思うのでチューニングの方向が違うと思います。機械としての効率はハーレーの中では883が一番よいはずなので、考えながらチューニングする分には面白い素体のはずです。
ハーレーダビッドソンのイベント、スカンジナビア・ハーレーデイズの紹介、カスタムバイク社の創立10周年記念モデル「サンフランシスコ49ers」の個性的なモチーフ、ハーレーダビッドソンVRSCファミリーによる水冷Vツイン革命がもたらした影響など、読み応え満載です。

ハーレーダビッドソンのリアタイヤ
今回のファットボーイのパーツはリアタイヤです。
ハーレーダビッドソンのフロント、リアタイヤ
ハーレーダビッドソンのリヤホイールにリアタイヤを組み付けました。
フロントタイヤとサイズは一緒ですね。

ハーレーダビッドソンのシーソーシフト
今回のファットボーイのパーツの組み立てはシフターベースとリンクアームの組み立てです。
次回に組み立てが遅れる原因になったパーツがやってくるので一気に作業が進みそうです^^

ハーレーダビッドソン ソフテイルのメーター関連パーツ2回目です。

91-95年ソフテイル スピードメータートリップ ノブ


91-95年ソフテイル系 補修用スピードメータートリップ ノブ OEM67215-89
メーカー:CCI

デイトナ ハーレー用 電気式タコメーターオプションハーネス(割り込みカプラー)


・ソフテイル('99〜'07)
純正メーターのカプラーにドイツカプラー(DTMシリーズ)が使用されている車両用。

デイトナ ハーレー用 電気式タコメーターオプションハーネス(センサーカプラー)


ハーレー専用のパルスカプラー。ドイツカプラーDTM2P。
・ソフテイル('00〜'07)

電気式タコメーター(ハーレー専用)用 接続ハーネス


ハーレー専用設計の電気式タコメーター(63626/63628/64255)を配線加工無しで、 カプラーオン装着するためのオプションハーネス。

キジマ 油温計 ソフテイル('84〜'99)


油温計です。
分かり易い日本規格の摂氏表示タイプです。
エンジンのコンディションチョックに活用下さい。


ハーレーダビッドソンは冬場に走る頻度が落ちるので、購入1年目でも2週間乗っていないとなんとなくエンジンの始動時にセルモーターが苦しそうです。
そこで、ハーレーダビッドソン純正オプションのオートマチックバッテリーチャージャーでバッテリーを取り外しすることなくトリクル充電できるカップリングキットを取り付けしようと思います。
ハーレーダビッドソンのバッテリー充電ハーネス
ハーレーダビッドソンのバッテリー端子にあらかじめカップリング用の端子を接続しておいて、カプラーオンでバッテリー充電器と接続できるハーネスです。
車体側のハーネスははずしているときは防水キャップでふたが閉まるようになっています。

ハーレーダビッドソンのバッテリーと充電ハーネス
ハーレーダビッドソンのバッテリー端子に充電カップリングを取り付けしました。
+−を間違えないように注意しましょう。
後から増やした電装品で鬼端子になってますが^^; 端子が増えるほど緩みやすくなるという話ですが、どちらにしても必要なだけ締めておけば大丈夫です。

ハーレーダビッドソンのバッテリー充電カップリング
バッテリー充電カップリングは車体の反対側に出して使えるようにハーネスしておきました。
後はハーレーダビッドソン純正のバッテリー充電器を用意すればいいのですが、僕はほかのものを使ってみようと思います。

ハーレーダビッドソンのソーラーパネル充電装置
やっぱりエゴを意識してるのでw ソーラー発電でハーレーダビッドソンのバッテリー上がりを予防してやります。
ソーラーパネルは昭和シェル石油の12wタイプ、ソーラー発電制御モジュールはモーニングスターのサンガードです。
あとは窓辺の取り付けと発電状態のチェックですね。

ハーレーダビッドソンの待機電流などのネタも絡めて今度まとめてみます。

追記 ハーレーダビッドソン整備中のやつら・・・今日はシートにぶすりと爪を刺されました。・゚・(ノД`)
ハーレーダビッドソンとペット


デアゴスティーニのハーレーダビッドソン58号です。
デアゴスティーニのハーレーダビッドソン58号
今回のハーレーダビッドソンはFXSTCソフテイルカスタムの特集。
ロックンロールとハーレーダビッドソンの関係、ミルウォーキーのクック・カスタムズのデイブ・クックさんが製作したカスタムハーレー、ゴールドディガーの紹介、ハーレーダビッドソンのツーリングファミリーの紹介など読み応え十分です。

ハーレーダビッドソンのシフターリンク、エンブレム
今回のファットボーイのパーツは、シフターインナー、シフタースイッチ、ギアシフトリンケージ、シフターベース、シフターリング、イーグルフェンダーチップです。

ハーレーダビッドソンのプライマリーケースとシフターリンク
ハーレーダビッドソンのプライマリーケースの裏からシフターリンクを取り付けします。
ハーレーダビッドソンのシフターインナー
プライマリーケースの中からシフターインナーをシフターリンクに組み付けます。
シフトの感覚は基盤実装用のボタンスイッチを代用していますね^^;
ハーレーダビッドソンのドライブスプロケット
ハーレーダビッドソンのドライブスプロケットにドライブベルトを組み付けてプライマリーケースにはめ込みます。
ハーレーダビッドソンのプライマリーカバー
プライマリーカバーを組み付けてねじ止めして完成です。
フォワードコントロールはこのシフトリンケージがかっこよくて好きなんですが、ダイナにはついてないのでファットボーイで我慢です^^;

ハーレーダビッドソンのバックギヤですが、マンバさんから新型が出たようです。
ハーレーダビッドソンの新型バックギヤ
ノーマルエキゾーストパイプのままハーレーダビッドソンに取り付けができるバックギヤのようで、2in1のエキパイの形状にも干渉しなさそうですね。これならダイナファットボブにもそのままついちゃのかしら?
でも、なんとなくデザインがかっこw(自粛
いやいや、取り付けの可能性を広げてくれるマンバさんのバックギヤには恐れ入ります。
そういや、ビレットを選ばずに後悔しましたが、最近はキャストにもブラックタイプがあるようなのでそっちならハーレーダビッドソンのエンジン側とマッチしてよさそうですね・・・・は!
耐熱塗料で塗っちゃおうかな・・・・・

デアゴスティーニのハーレーダビッドソン57号です。
デアゴスティーニのハーレーダビッドソン57号
今回のハーレーダビッドソンはソフテイルロッカーの特集記事です。
ダイナローライダーを購入したときに発表されましたが、クロスボーンズと違ってロッカーには心は揺らぎませんでしたが、ガンプラ(連邦側)みたいなデザインだなってちょと驚きました^^;
ソフテイルシリーズのフロントフォークは細くて頼りないのですが、ロッカーは太いようなので迫力もありますね。
リヤタイヤも太すぎます・・・純正でここまでやっていいのか?ッて感じです。
シートを薄くして、タンクを小さくすればすげー自分好みのハーレーダビッドソンになるのですがさすがに購入候補までには挙がりませんでした。

ハーレーダビッドソンのイベント、バイカー・ビキニ・ベネフィットの紹介。
ハーレーとビキニギャルって何でこんなにマッチするんでしょうねw
ジャラルド・キッリコ氏のカスタムハーレー アンドロイドの紹介。
ソフテイルファミリーの魅力と変遷など読み応え十分です。

ハーレーダビッドソンのシフトレバー、ナロースプロケット
今回のファットボーイのパーツはシフトレバーとドライブスプロケットです。
組み立てはまだなので次回にとっておきましょう。



にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村←更新の励みになるので次のネタが気になる方はポチっとお願いします^^
スポンサード リンク
ハーレー関連コンテンツ
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ハーレーカテゴリー
ハーレー最新記事
ハーレーオーナープロフィール
ブログ村ランキング参加中