スポンサード リンク

2009年05月

ハーレーダビッドソンにフォグランプ(フォグライト)を取り付けしようと思います。
夜間走行時の心細さを解消することもありますが、基本的に夜間は走らない方針だったのでつける気はなかったんです。
でも、ちょっと必要に迫られて・・・・ハーレーに取り付けするフォグランプキット
ハーレーダビッドソンに取り付けするフォグランプはとりあえず車用の安いやつを選択。
走行テストで効果を体感したらバイク用のカッコイイフォグライトに交換するかもしれません^^

ハーレーのフォグランプステー
フォグライトのステーは汎用のアンクルを用意しました。

ハーレーのフォグランプステー取り付け
ハーレーダビッドソンのハイウエイペグ取り付けボルトにフォグランプステーを友締めします。

ハーレーのフォグランプ取り付け
フォグランプキットに付属のステーとボルト止めして取り付け完了です。
ユニバーサル感があふれてますが、とりあえずこれで^^;

ハーレーのフォグランプ両側
フォグライトを左右に取り付けました。
レンズがブルーなのは趣味じゃないのですが、これしかなかったので^^;
バンクすると最初に接触しちゃいそうですが・・・・何とかなるでしょう。

ハーレーのフォグライト点灯
ハーレーダビッドソンのフォグライトを点灯しました。
キット付属のハーネスを切断して、以前取り付けしたシガーソケット用リレーに連結しただけなので詳しい配線とかネタは飛ばします。
今回はネタが目的の作業じゃないので・・・・・

ハーレーのアンダーフォグ
フットペグの左右にフォグランプが付くスタイルはハカイダーのギルティーみたいでカッコイイ!

高軸あわせと試走はまたこんど。

追記 夜間走行では両サイドの足元が明るくなるので精神的に楽になりました。
見えてる範囲はあまり変わっていないはずなのですが^^
ハーレーダビッドソンのフロントの足回りがフォグランプで照らし出されるので、クロームメッキのフォークスライダーやフロントホイールなどにカスタムしたらさらにかっこよくなりそうです^^
ハーレーのフォグランプ照射
HIDは8000kですがフォグランプは5000k
「まぶしさ」が大きいHIDと「明るさ」が大きいフォグライトの色調の違いがわかりますね。

ハーレーダビッドソンの雑誌、バージンハーレー03号です。
バージンハーレー03
WEBが主体のバージンハーレー様ですが、時々中古車情報誌的なコンテンツで発行されます。
相互リンクしていますので雑誌も買うことにしています。
ハーレーの中古車選びの肝や相場など詳しく説明があるので見ていて面白いです。
クラブハーレーやバイブスさんのHPとも相互リンクしたいのですが個人ユーザーは相手にされない感じなのでしばらくは無理でしょうね・・・・

ETCをヒューズカバーに収納できるアイデア商品に久しぶりにビビッときましたw

おまけ ハーレーで日本縦断



デアゴスティーニのハーレーダビッドソン75号です。
デアゴスティーニのハーレーダビッドソン75号
今回のハーレーダビッドソンはスポーツスター1200カスタムの紹介です。
正直新しくなったタンクのデザインは好きになれませんが、試乗車の883を見るたびに欲しくなりますw
ハーレーダビッドソンなどが参加するチャリティーキャンペーン、南半球のトイ・ランの紹介。
ウォレンズ・サイクルのウォレン・ジュニアさんが取り組んだショベルヘッドの「ローライダー」にみる歴史とストーリー。
ハーレー創業期の広告の紹介など見ごたえ満載です。

ハーレーダビッドソンのシーシーバー
今回のファットボーイのカスタムパーツはシーシーバーです。
取り付けは後なのでしまっておきます。

ハーレーダビッドソンのオイルホース
今回のハーレーダビッドソンのパーツはオイルラインです。

ハーレーダビッドソンのオイルホース
エボリューションエンジンのオイルポンプからオイルタンクへオイルの循環ラインがつながります。
ハーレーのエンジンのこういうところが大好きなのですが、ツインカムになってすっきりしたので少しがっかりです。
エボのチョッパーがほしいなぁw

ハーレーダビッドソンのスタビライザーを取り付けしたときに、アロイアートさんのカタログが入っていたのでそこから面白いものを見つけました。
ハーレー アロイアートカタログ
ハーレーダビッドソンのエアサスです。
エアサス自体はFLHツーリングファミリーに装備されていますが、これは車高を制御できるエアサスのようです。
スイングアームに取り付けしたレベライザーとエアサス用コンピューターで、荷重がどのようにかかっていても設定した車高になるように空気圧を自動調整するのだと思います。
ソフテイルやダイナにもコンプレッサー付きのエアサスはありましたが、車高制御できるものがあったのに驚きです。
まるで高級RVみたいですね^^
ハーレーダビッドソンの車速パルスとリンクさせる機能があるなら、停車時は車高を落として、走行時は車高を自動で上げる。車速によってエアーの圧を変動させたりなんかもできるのかな・・・このあたりは妄想ですがw

ハーレーダビッドソンのエアサス部品
ダンパー部分はビルシュタインみたいですね。
ロジックレベリングECUセンサー(レベライザー)がこのエアサスの肝です。
まあ、某イギリス製のRVのエアサスは、エアサスが壊れて底突きしたらレベライザーの可動範囲を超えるので一緒にセンサーまでぶっ壊す素敵な仕様になっているといううわさですが^^;

ダイナローライダーにもいつかエアサスつけたいのですが、その前にNOSやっちゃいそうですw

追記:ハーレー富山の新店長のスポーツスターにはなんと電動コンプレッサーつきのエアサスが装備されています!!
車高の上げ下げが実際見せてもらえますので気になる方は店長に動かしてもらいましょう^^ すごいよ!

でも エンジンかけずにあんまり上げ下げしすぎて遊ぶとバッテリー上がるそうです^^;

デアゴスティーニのハーレーダビッドソン74号です。
デアゴスティーニのハーレーダビッドソン74号
今回のハーレーダビッドソンは、ハーレー史上スクーターについでまれな125ccハマーの紹介です。
いや、これカッコイイですよ。
日本に入れたらばかうれしそうですが、やっぱりアメリカは大きいことは良いことだで通りますから売れ行きが悪かったのもうなずけます・・・・
ボンネビルのハーレーダビッドソンの最速伝説、ハーレーダビッドソンのカスタムビルダー、ロベルト・ロッシさんのカスタムハーレー「マルゲリータ」の紹介、映画イージーライダーで、盗まれてオリジナルが存在しないと思われていたキャプテンアメリカ号が実は田舎に展示されてた、などなど、読み応え満載です。

ハーレーダビッドソンのサドルバッグ
今回のファットボーイのパーツはサドルバッグ(右)です。
カスタムパーツは後でいろいろアレンジするのでしまっておきましょう。

ハーレーダビッドソンのオイルフィルターとレギュレーター
今回のハーレーダビッドソンの組み立てはオイルフィルターとフィルターベース、電圧レギュレーターです。

ハーレーダビッドソンと電圧レギュレーター
電圧レギュレーターをフロントフレームに取り付けします。

ハーレーダビッドソンのオイルフィルター
オイルフィルターはフィルターマウントとともにフレームに取り付けします。

細かいパーツの取り付けが進むとハーレーダビッドソンのディティールも深まりますね^^

ハーレーダビッドソンの日本縦断ツーリング、3日目はフェリーで寝てる間に大阪に到着です^^
着岸時間以上前から携帯電話の電波が届いていたのでモバイルPCでブログ更新w
ハーレーのツーリング フェリー降車
乗務員の案内に従ってフェリーから発進します。
なんか、カッコいい!!

ハーレーのツーリング 大阪都市高速
8:00
フェリーターミナルから早速大阪の都市高速?をハーレーダビッドソンで走行。
思ったよりも空いていました。

ハーレーのツーリング 名神自動車道分岐
9:00
名神自動車道に切り替わりましたが、右ルート、左ルートという、田舎ものにはめったにお目にかかれない高速道路の分岐看板が^^; ちょっとあせりましたw
でも、右も左も渋滞・・・・・判断が分かれるところですが、工事渋滞の右を選択。

合流後事故渋滞にも巻き込まれ、少し時間ロスでしたが、基本的に渋滞はなかったほうだと思います。連休の中日でしたからね。

ハーレーのツーリング 米原ジャンクション

10:00
米原ジャンクション手前から渋滞が時々ありましたが、流れはあるのでハーレーダビッドソンでのんびり走行。

ハーレーのツーリング ETCゲート対策
無事金沢に戻ってきました。
以前ネタにしたETC0円のシステム対策が・・・・・
看板かよ(ノ`Д´)ノ

今回のツーリングでの走行距離は大体1800kmぐらいでした。
出発前にハーレーダビッドソンのトリップメーターをクリアしたのですが途中でなぞの症状が現れて積算不能に・・・今度ネタにしますw



ハーレーダビッドソンのツーリングでよく使う長距離フェリーですが、乗船の動画と車両甲板内部の立体通路の動画を撮影したので上げてみました^^

フェリーに乗ったことのない人は結構な迫力です。
誘導がちょっとわかりにくくておたおたしてますが^^;

ハーレーとフェリーの固定方法
ハーレーダビッドソンの固定はフェリーの甲板員に任せます。
ギヤはローに入れてハンドルロックをかけるのが普通ですが、

ハーレーのツーリングで利用するフェリーの客室
通常、フェリーには2等(雑魚寝) 2等寝台(2段ベッド) 1等とありますが、一番リーズナブルなのは2等寝台ですね。
個室ではありませんが、カーテンで仕切れて、ゆっくりできます。
ここでモバイラーにとって重用なのは、2等寝台にコンセントが付いてるかどうかです。
DVDとか見ようと思っていたら長距離フェリーでもコンセントのない船がありますのでフェリー会社に装備を確認したほうがいいことがあります。
どんなに設備がよくても客室にコンセントのない船は僕てきにNGですw

フェリーにはお風呂もあるので、いつもは入るのですが、今回は込んでいたのでやめました。
バイクでフェリーに乗船するときはたいてい一番最初に乗り込めるので、乗船手続きを早めにしておいて、乗船したらすぐに風呂場に直行すればかなりすいてますよ^^

ハーレーのツーリングで利用するフェリーのゆれ止め
フェリーには船が揺れにくくするスタビライザーが付いています。
まるでダイナ取り付けしたスタビライザーのようにゆれを抑えてくれるようです^^
船酔いが心配な方もいがいと揺れないですよ。

ハーレーのツーリング フェリーと鹿児島
さよなら鹿児島^^ノシ
明日は寝ているあいだに大阪に到着です。
ハーレーダビッドソンのツーリングではやっぱりフェリーが楽です。

ハーレーのツーリング フェリーのバイキング
フェリーの夕食はバイキングがメインです。
あれもこれもとったので脈絡のないおかずになりましたがw
生ビールももちろん飲めます。
残念だったのが今まで乗ったどの長距離フェリーよりも食事のグレードが下だったことですね・・・・・マイナー航路だからかな・・・・でも船室にコンセントがあったのですべてはOKですw

*長距離フェリーのインターネットサービスについて
設備投資にかなりのお金がかかるらしく、まだまだ先のことになりそうです。
携帯電話の電波なら、陸が見える範囲は通信可能のようなのでイーモバイルにしていたおかげで出向後や明け方到着前でも1,2時間は通信できました。
ハーレーダビッドソンのブログももちろんフェリー内で下書きです^^

おまけ デアゴスティーニのハーレー



ハーレーダビッドソン スポーツスターのアクセサリーパーツ5回目です。

XL1200C SPORTSTER 1200 スポーツスター ボルト・ネジ系ケミカル キジマ荷掛けボルト


HARLEY-DAVIDSON ●XLH883 : XLH1200 SPORTSTER 04 [スポーツスター] ●04年スポーツスター専用。5/16-18x1-3/4inch スチール製、クロームメッキ フェンダーサポート用 突起部分32mm

XL1200sスポーツスター キジマ:KIJIMA 荷掛けナット ハーレー:HARLEY-DAVIDSON


HARLEY-DAVIDSON ●XLH883 : XLH1200 SPORTSTER [スポーツスター] 94-03 ●スチール製、クロームメッキ フェンダーサポート用 突起部分32mm

XLH883 SPORTSTER 883  スポーツスター 荷掛けボルト


HARLEY-DAVIDSON ●XLH883 : XLH1200 SPORTSTER 04 [スポーツスター] ●04年スポーツスター専用。5/16-18x1-3/4inch スチール製、クロームメッキ フェンダーサポート用 突起部分32mm

XLH883 SPORTSTER 883 荷掛けナット スポーツスター


HARLEY-DAVIDSON ●XLH883 : XLH1200 SPORTSTER [スポーツスター] 86-99 ●スチール製、クロームメッキ ショック用 40mm

荷掛ボルト スポーツスター94-03年


キジマ製 ボルトサイズ5/16-18x1-1/4 2コセットです。遠出の荷物積載用にどうぞ。

ハーレーダビッドソン スポーツスターXR1200の試乗会のお知らせです。
って、ハーレー富山さんからのメール引用ですがw
告知ギリギリすぎでしょ・・・・
スポーツスターXR1200の試乗会
2009年5月10日、おわらサーキットで行われるダイノジェット北陸さん主催の北陸バイクフェスティバルにて、ハーレーダビッドソンのスポーツスターXR1200、ビューエルなどの試乗会が行われます。

以下 ハーレー富山さんからのメール^^;

> 明日10日(日)・AM7:30より、おわらサーキットにてレース走行&試乗会を開催致します♪
> miniバイクから大型バイクまで、たくさんのバイクが集まります!!!
> 当店からは、ビューエルのXB12RとXB9SX、XR1200の3台を試乗車として出展致します♪ヘ(^−^ヘ)(/^−^)/♪
> 時間は11:50より、1時間と、時間厳守となっておりますm(_ _)m
> ぜひこの機会にバイクの楽しさをより身近に感じてみてはいかがでしょうか〜(・∀・ )
>
> 尚、入場料は500円となります。

時間が限られていますので、XR1200の試乗が気になっていた方は、サーキット内で試乗できるチャンスです^^



ハーレーダビッドソンで日本縦断、一旦南ルートは僕的に終了なので岐路に着きます。
夕方、鹿児島のフェリーターミナルからさんふらわぁ号で大阪に行くのですが、時間の余裕があるので桜島のルートを通ります。
鹿児島市内から24時間往復している桜島フェリーで桜島へ渡ります。
連絡フェリーは搭乗手続きが不要なので乗り場からそのままハーレーダビッドソンで乗り込めます。
料金は渡った先のゲートで支払いするのでかなり楽です。
15分ごとに運行されてますが、ゴールデンウイークなどで乗用車は猛烈に待ち行列ができていました。
でもバイクは優先で入れてもらえたのでよかったです^^
ハーレーと桜島フェリー
桜島フェリーは前後にゲートと操舵室がある?方向転換しなくてもいいピストン輸送に最適な構造のようです。
ハーレーの乗った桜島フェリーと桜島
桜島って最近大きな噴火があったようですが、いつものことなんですかね^^;

ハーレーと桜島
ハーレーダビッドソンで桜島に渡り、火山と一緒に撮影。
なんとなく灰が目にくるような気もしますが、積もってるような感じはありません。
ここではハイフローエアクリーナーが灰降ろーエアクリーナーになっちゃいますね(←オヤジギャグ

自動車に鹿児島仕様というのがあるのは都市伝説だとか^^;

ハーレーのツーリング 溶岩道路
桜島の溶岩道路をハーレーダビッドソンで走ります。
特殊な形状の火山岩?が道端にゴロゴロ。

ハーレーのツーリング 桜島大橋
桜島大橋?をわたって桜島を後にします。

ハーレーダビッドソンとフェリーさんふらわぁ
鹿児島の志布志港に到着。
ダイヤモンドフェリーのさんふらわぁ号です。

けっこう田舎なかんじの港なのでイーモバイルの電波だめだろうなと思っていたらバリ3来てたのでモバイルノートで乗船手続き開始時間までネタのたまったブログ下書き^^

フェリー内部のネタはけっこうあるので次回に。

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村←更新の励みになるので次のネタが気になる方はポチっとお願いします^^
スポンサード リンク
ハーレー関連コンテンツ
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ハーレーカテゴリー
ハーレー最新記事
ハーレーオーナープロフィール
ブログ村ランキング参加中