スポンサード リンク

2009年12月

ハーレーダビッドソンのフルコン、サンダーマックスのソフトウエアスマートリンクのアップデートで新しい機能が追加されました。

ハーレーのサンダーマックス機能
スマートリンクを起動してTMAXコントロールセンターというタブを押すと、サンダーマックスの学習状況が言葉で説明してあります。
もっとも英語ですが・・・・・ベリーグッドとエクセレント、どっちがいいのかな^^;
ハーレーダビッドソンのマフラー交換などで補正が大きく必要になったときのメッセージの確認をしてみたくなりましたw

ハーレーの回転使用ログ
サンダーマックスコントロールセンターではエンジン回転数のログも表示されるので、自分がどの回転数を一番使っているか一目でわかります^^
ぜんぜんまわしてないのがすぐにばれますw
でもやっぱり2000回転付近を多用してますね・・・・ハーレーダビッドソンのTC96ダイナはこのあたりが一番心地いいと僕は感じますので^^

ハーレーダビッドソンに乗るときのレインウエア、ノースフェイスですが、ズボンのほうが内側のコーティングがぼろぼろになってきて合羽の役目を果たさなくなってきました。5年ぐらい前に購入したのでいい加減痛んできたのかな。
ハーレーのレインウエア ノースフェイスズボン

そこでカッパズボンだけ買い換えました。
ハーレーのレインウエア ディアプレックス
DIAPLEX ディアプレックスでいいのかな?
ズボンと上着が別売りだったのですが、片方だけでもいい値段がします^^;

ハーレーのレインウエア ラミネート効果
ゴアテックスのように蒸れないだけでなく、温度によって熱や湿気の逃がし方が変わるフレキシブルバリア機能が面白いですね。
ハーレーダビッドソンはまたがった状態で足元からの熱の影響をかなり受けますので、合羽ズボンの性能は雨の日のロングツーリングでは重要です。

ハーレーに乗るときの防寒ジーンズ
もうひとつはエドウィンのジーンズ 503WILD FIREです。
ジーンズなのに風を通さない、ハーレーダビッドソンに乗るときに最適なウエアのようなので気になったので買っちゃいました。

ハーレーに乗るときのジーンズ
風を防いで湿気は出す。寒い日にジーンズの下に迷わずスパッツをはいてしまう駄目バイカーのネコミニですが、ジーンズ直ばきでも寒くないならうれしいですね^^
ハーレーダビッドソンに乗っての試乗インプレッションは後日に。

追記:外気温8度 天気は曇りと小雨 このコンディションでワイルドファイアを履いてハーレーダビッドソンで町のり(田舎なので街ではないw)レポートです。
確かに暖かい、というか風を通さないので寒くならない という表現がいいですね。
インナーなしでジーンズ直穿きでもチョイノリならハンドルを握る指先のほうが先に凍えてきます。
お店のオネイサンの胸元にどきどきしてると、ジーンズの中で汗をかくのがはっきりわかるぐらいの通気性ですねw
カッパズボンをはいてのハーレーダビッドソンの雨天走行レポートは後日に^^



ハーレーダビッドソンの専門誌、バイブス12月号を購入しました。
ハーレーの雑誌 バイブス
バイブスミーティングの特集だったのでじっくり読んでみましたが、いろいろ大変だったんですね^^;
昔はグラビアのおねおいさんには目もくれず、カスタムハーレーのチョッパーのラインに見とれていましたが、いまでは見る場所が違ってきましたw

さて、どうやらグラビアモデル以外にバイブスガールズという3人組のユニットが立ち上がるようで気になりますね。

ただし、ヌードはないとのことなので、水着にチャップスでハーレーダビッドソンにまたがるセクシーショットがあるかどうかは不明ですw

ハーレーダビッドソンのヘルメット関連パーツ3回目です。

ハーレーダビッドソン アメリカ直送【WIT】ハーレーダビッドソン ヘルメット


FXRG®コレクション
ライトウェイト aerodynamic Carbon Kevlar® シェル
くもり防止、キズが付きにくいシールド
リムーバブル CoolMax®ライナー
HJC製
Unisex

ハーレー純正パーツ 【ヘルメット】H-D純正 Retractable SunShield Modular Helmet


高機能のハーレー純正ヘルメット。
フルフェイスながらワンタッチでチン部分をシールドのようにオープンすることが可能です。
これによりジェットタイプの状態になり、開放感と作業性がアップ。

ハーレー純正パーツ 【ヘルメット】H-D純正 Road Revolution Full-Face Modular Helmet


フルフェイスタイプのハーレー純正ヘルメット。
最新デザインで、しかも純正としては今までに無い高機能。
構成するパーツ全てにこだわったスペシャルモデルです。

ハーレー純正パーツ 【ヘルメット】H-D純正 Scorcher Modular Helmet


国内未発売のハーレーダビッドソン純正ヘルメット。
フルフェイスですがあごの部分からの開閉が可能で、
フルフェイス独特のかぶり難さはなく、通気口も
各所に配置され機能面でとても充実しています。

ハーレー純正パーツ 【ヘルメット】H-D純正 Hi-Vis Sunshield Full Face Helmet


ハーレーオリジナルデザインのスペシャルフルフェイスヘルメット。今回のモデルはグラフィクスが特徴的で、今までにないラメ素材で独特の質感とカラーリングを演出。ラメでブリリアントな細かい光の反射がヘルメットをさらに高級に見せてくれます。

ハーレーダビッドソンに取り付けしてあるサンダーマックスのソフトウエア スマートリンクがバージョンアップしたのをベーくんさんのブログで情報入手したのでネコミニも早速ネタにして見ます^^
ベースマップの書き換えが必要かどうかを補正ポイントの数からプログラムで診断してくれる機能と、各エンジン回転数の使用時間のログがわかるのでどんな風に走りこんでいるかが一目瞭然になるようです^^;

まずはソフトウエアのアップデートなのでパソコンとインターネット通信環境があれば行えます。

ハーレーのサンダーマックスアップデート画面1
スマートリンクのソフトを起動して、コンフィギャータブのスマートリンクアップデートを選択します。

ハーレーのサンダーマックスアップデート画面2
スマートリンクのアップデートが必要かどうかチェックボタンを押します。

ハーレーのサンダーマックスアップデート画面3
ハーレーダビッドソンのサンダーマックスのアップデートがあるか自働でチェックを開始します。

ハーレーのサンダーマックスアップデート画面4
アップデートが見つかったのでインストールボタンを押します。

ハーレーのサンダーマックスアップデート画面5
まずアップデートファイルのダウンロードが始まります。

ハーレーのサンダーマックスアップデート画面6
ファイルのダウンロードが終わると、インストール前に現在起動しているスマートリンクを終了させる必要があるという警告がでますので、スマートリンクを終了させてからOKを押します。
終了させずにOKを押すと再び同じ警告が出ます。

ハーレーのサンダーマックスアップデート画面8
インストールの前準備みたいな処理が始まって・・・・・・・

ハーレーのサンダーマックスアップデート画面9
スマートリンクのインストーラーが起動して「続けるならNEXTを押しな! ボーイ!!」 (和訳 戸田奈津子)って誘導されますw

ハーレーのサンダーマックスアップデート画面10
ライセンスの同意書がでてくるので、内容を読んで同意したらイエスを押します。

ハーレーのサンダーマックスアップデート画面11
ソフトウエアの格納場所の確認がでてくるのでここは普通はデフォルトのままでNEXTを押します。

ハーレーのサンダーマックスアップデート画面13
ソフトウエアの格納場所の確認画面が出てきます。設定に問題なければNEXTを押します。

ハーレーのサンダーマックスアップデート画面14
インストールが完了しました。
フィニッシュボタンを押して終了しますが、追加機能のネタは後日に^^

フィニッシュと聞くとなんだかニヤニヤしてしまう人はブログ村のボタンを押してってくださいw

サンダーマックスの追加機能が気になる方もブログ村ボタンを応援ポチリお願いします^^



ハーレーダビッドソンのダイナローライダーに取り付けしたスポーツスター1200sのサスペンションですが、ショック長は長くなりましたが、スプリングがやわらかいのでジャッキを戻すと車高は変わりませんでした^^;

ハーレーのジャッキアップ
スポーツスターのリヤサスをダイナローライダーに取り付けしてジャッキが上がった状態では期待できそうな車高だったのですが・・・・・

ハーレーの車高
サイドスタンドを立てているとそれほど変わりありません。

ハーレーのローダウン
しかし、人が座るとさらに沈み込んで、ダイナローライダー純正よりローダウンになっちゃいました^^;(写真は富山のスタッフさんです)

ハーレーのフルボトムに近いショック
長かったスポーツスターのショックがフルボトムしてんじゃね?ってぐらい縮んでます^^;スプリングは当然一番硬くしてるんですけど、許容範囲を超えてるっぽいですね。

さて、なんとなく恐ろしいですが、このまま引き下がるのもしゃくなので、ちょっとだけ走行レポートを。

乗車した状態は当然ローダウンなので右バンクも左バンクも摺ります。
これはプログレッシブでもたぶん一緒なのかな・・・・・
しかし、驚いたこと乗り心地はすこぶるいいんですよ!
高速道路と下道で乗ってみましたが、走ってみるとそれほどふわふわ感がなく、ローダウンサス特有の路面からの突き上げもまったくなし。
サスストロークは伸び側はこれでもかというぐらいあるので、制動時の安定性も問題なさそうです。
ダイナをローダウンすることが目的であればこれでもいいんじゃね?ってぐらいサスとしての機能は文句ないです(二人乗りはさすがに無理でしょうが)

ハーレーのサス純正に戻す
でもやっぱり元に戻します。
当初の目的はハーレーダビッドソンの運動性能のアップでしたので・・・・ネタとしてはおなかいっぱいです。すっきりしましたよw
純正のサスペンションに戻して気がついたんですが、フロントのサスペンションが異常にやわらかく感じるようになりました。バランス的にはスポーツスターのサスと相性がよかったのかw

ダイナとサスペンション
リザーバーつきサスペンション、やっぱりかっこいいな。
オーリンズにするときは高いほう入れちゃおうかな・・・・・

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村←更新の励みになるので次のネタが気になる方はポチっとお願いします^^
スポンサード リンク
ハーレー関連コンテンツ
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ハーレーカテゴリー
ハーレー最新記事
ハーレーオーナープロフィール
ブログ村ランキング参加中