スポンサード リンク

2012年08月

ハーレーダビッドソンのお盆ツーリング最終日です。
ハーレーのツーリング
今日も天気いいです^^

ハーレーのツーリングルート
雲あるけど雨降らんし。

ハーレーと戸隠そば
戸隠でそば食べて満足^^

ハーレーと砂利道
戸隠から白馬に抜ける国道は酷道といってもまあいいかなって感じで、チャプターツーリングではとてもじゃないがルート設定できませんね・・・こういうとこ好きなんだけどw

ハーレーのyツーリング解散

糸魚川から高速乗ってPAで解散です。
気持ち雨が降ってきたのでここで初めてカッパに着替えます^^

ハーレーと高速インター
地元の白山インターに到着。
雨はすぐに止んだので河童のせいでムレムレですw

皆さんお疲れ様でした!








ハーレーダビッドソンのお盆ツーリング中編です。
ハーレーのツーリング景色
霧ヶ峰を抜けたあたりのPAでの景色。
絶景ですw
雨どこー?

ハーレーとPA
パーキングで休憩ですが、標高が高いのでトイレに紙がなく、危うくやられるところをKさんの「紙持ってんの?」の一言で救われました^^;
サドルバッグに常備しておいたふくぴかでお尻を拭いたのはここだけの秘密ですw
売店でもティッシュ売ってないって、どんだけ商売気ないんだろう・・・・

ハーレーとペンション
地元のローカルスーパー「オギノ」で買い出し後ペンションに到着!

ハーレーとバーベキュー
夕ご飯はバーベキューです^^
宿泊できていた自称マジシャンの家族にも癒され?つつ 夜は更けていきます・・・

続く


ハーレーダビッドソンの比率が多いモーターサイクルクラブのお盆ツーリングです。
出発時は雨だったのですが、集合場所の道の駅では晴れてました^^
幸先がいいね!
ハーレーと道の駅

というか、この後 宿泊先まで全く雨が降りませんでした^^;
絶対降られると思って完全防備で出発しましたが安房抜けて松本でみんな脱いじゃいますw

ハーレーのツーリング昼食
松本市の蕎麦屋で昼食

BlogPaint
昼食後何かをほおばるKさんw

BlogPaint
いやーおいしそうなあれですねw

ハーレーのツーリングと雨雲情報

今回のツーリングで初めて使ってみたアンドロイドアプリ ウェザーニュースタッチ!
雨雲の情報と予測ができるのでけっこう便利でした。
(写真のポイントは別のタイミングで取ったんですが)周辺に雨雲がないのを確認してカッパはもうしまいます。

続く



ハーレーダビッドソンのお盆ツーリングが所属モーターサイクルクラブで企画されたので参加する準備です。

今年は運悪くツーリングの時に限って天候が崩れるようなので雨具の手入れを入念に行います。

ハーレーのツーリング用雨具
まあ、いつもの雨具上下、ブーツカバー、手袋カバーのセットです。

ハーレーの雨具補修
去年のご縁ミーティングで斜面から転げ落ちたときに破れたかっぱのズボン・・・
このままだと雨が入るので補修します。

ハーレー用雨具補修テープ
時々お世話になる超強力粘着テープ(布テープに見えますがつき方が全然強力です)
米国ではダックテープと呼ばれるようですが、メーカー名は違うものでした。OEM?

ハーレーの雨具補修
見栄えはあれですが、裏と表から貼り付けて破れをふさぎました。
ちなみに洗濯機で洗濯しても全くはがれませんでしたw
雨具の補修テープとしては目立たないものも出ているのですがハーレーダビッドソンにワイルドにまたがるならこれでいいよね!

ハーレーの上着雨具補修

ノースフェースの上着雨具は破れはないのですが裏面の特殊フィルムがはがれてきてるのでそこから雨がしみてきます。
ここも雨具補修テープで修理!
上着は10年ほどたつ気もするのでそろそろ買い替えかな・・・

細かい補修が終わったら防水スプレーを吹いて乾かして準備完了!

パッキングが大嫌いなので着替えと眠気防止ドリンクだけサドルバッグに入れてよしにしましたw

ツーリングレポートに続く



ハーレーダビッドソンのバッテリー交換用に手配していたオデッセイドライバッテリーが届きました。

ハーレーのドライバッテリー
以前使っていたのはメタルジャケットなしの並行輸入品でしたが、今回は日本正規代理店のバッテリーが届きました。まあ、バッテリーの性能的には変わらないはずなんですが・・・

ハーレー用ドライバッテリー説明書
日本代理店のバッテリー説明書(上)はどんなバッテリーにも共通な文書なのに対して、並行輸入の原書説明書(下)は、べってりー放電特性とか、ターミナルの締め付けトルクとか、ネタの観点では優秀ですw

ハーレーのドライバッテリーターミナル加工
汎用のバッテリーターミナルの代用でいまいちだったので、ふと思いついたのがオデッセイオプションの国産バッテリー規格のターミナルを改造する方法。
本来とさかさまに取付して、六画の平面部分をバッテリーハーネスとの連結に利用することで電気回路経路に無理が出ないようにしました。

加工はバイス付ボール盤、5mm、6mm 10mm ドリル M6タップで可能です。

バッテリーの取付ボルトはハーレー純正、オデッセイともにステンレスだったのですが、加工精度を補う意味でスチールボルトを使用してターミナル接触面積を増やします。

ハーレーのドライバッテリー装着
メタルジャケットで1mmほどバッテリーの高さが高くなりましたが、予定通りETC内装、加工バッテリーターミナルの位置も純正とほぼ変わらないのでボルトオンで装着完了!ショーライバッテリーはバッテリー横や下のスペースをETCに利用できるみたいですね。

当然ですがセルはガンガン回ってエンジンかかりました^^

ドライバッテリー納品書
どんな位置でも装着できるのが売りのドライバッテリーの梱包状態に、横積厳禁シールがw

まあバッテリー専門店のようなので発送の標準なんでしょうね。伝票についていた萌え系?おねーさんのイラストに免じて許しましょうw


にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村←更新の励みになるので次のネタが気になる方はポチっとお願いします^^
スポンサード リンク
ハーレー関連コンテンツ
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ハーレーカテゴリー
ハーレー最新記事
ハーレーオーナープロフィール
ブログ村ランキング参加中