スポンサード リンク

2017年01月

ハーレーダビッドソンの車検が4月に迫っているので、年間走行距離500kmですが年に一度はエンジンオイルを交換します。
KIMG1763
いつものようにレブテックのMTP20w50 化学合成オイルです。
あんまりよごれてない・・・あたりまえか。

KIMG1759
エンジンオイル交換後、エンジン始動して油圧チェック

・・・・・ん?

針曲がってね?

KIMG1764
エンジン切るとこの位置にwww
0の表示部分でストッパーのピンに押されて途中で折れてるORZ

その後、曲がったところから折れましたよ。

まあ、油圧かかってるかどうかの目安なんで機能に問題ないですし。
走行中に見る場所ではもともとないので、気にしないことにします。
(*エンジン始動時のチェックは欠かせませんよ)


ハーレーダビッドソンに取り付けしてあるサンダーマックスですが、2008年当時通信用に使用していたPCがウインドウズXPでしたが、OSのサポート終了になったのでウインドウズ7のPCに変更しました。

ここで問題なのが、
1:今まで使っていたUSB−シリアル変換ケーブルがウインドウズ7で認識しなかった。
2:サンダーマックス付属のスマートリンクソフトはウインドウズ7で起動すると通信ソフトのアップデートができない

この二点です。


私が取り寄せたのはこれ↑
バッファローのUSB-シリアル変換ケーブルを購入したので最新OSも対応できるようになりました。

問題が一つ解決です。

KIMG1711
サンダーマックス付属の通信ソフトは最新OSにもインストールできますので、最新版を手に入れるURLはここのソフトから飛んだほうが間違いないでしょう。

KIMG1712

ヘルプからサンダーマックスウェブサイトを選びます。

KIMG1713

サンダーマックスソフテウェアダウンロードのページを選んで

KIMG1714

赤いCDの項目を選んでソフトをダウンロードします。
上の黄色いのは最近のサンダーマックス用で初めからUSB接続なんですね^^
下のはカリフォルニア仕様? 規制の関係なんかな・・・・

KIMG1715

ポートの設定とか特にしなくても最新版で通信できるようになりました^^

あまり詳しく書いてないので、何かありましたらコメントで質問ください(・w・)b (激おそレスの予感ですがw)

ハーレーダビッドソン用に以前スマホホルダーを取り付けしていましたが、機種変更で合わなくなったので、今度はデイトナの取り付けスマホサイズに幅のあるスマホホルダーを用意しました。
KIMG1684
スマートフォンホルダー クイックリリースタイプです。
自転車にも使うのでハンドルバーの固定がワンタッチで解除できるタイプ。
スマホ本体は左右のガイドを狭めるだけでしっかり固定できますが、下の赤いボタンをスライドさせればワンタッチでリリースできます。
デイトナリリースでメイドインジャパンなので安心ですね^^

KIMG1688
取り付けサイズは自転車のような細いバー22mmからハーレーのようなインチバーをこえる29mmまで対応してます。
自転車には付属の樹脂スペーサーをかまします。
KIMG1694
スマホの厚みによって、左右のガイドの爪のサイズを交換します。
赤いロックパーツを入れ替えて全部で4段階に調整できます。

KIMG1699
ダイナローライダーではハンドルポスト付近に装着した場合は、スマホ縦置きだとメーターに干渉するので、横置きで設置できました。
ただし、インジケーターの左側が隠れてしまうので僕はこの方法NGです。

KIMG1701
結局前回のスマホホルダーと同じパターンで、左グリップ側、縦置きでしっくりきました。

KIMG1702
クランプの角度とスマホホルダーの角度を調整できるので、どんな場所でも運転手に対してまっすぐスマホを向けることができます。
角度調整には工具が必要なのできっちりかっちり位置が決まります。

↑僕が購入したのはここから^^自転車で通勤用のスマホ照明用に使用中です。
ハーレーダビッドソンでの走行レポートは後日に行います。

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村←更新の励みになるので次のネタが気になる方はポチっとお願いします^^
スポンサード リンク
ハーレー関連コンテンツ
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ハーレーカテゴリー
ハーレー最新記事
ハーレーオーナープロフィール
ブログ村ランキング参加中