スポンサード リンク

2024年02月

S&Sのプレミアム油圧タペットセットが手元にあるのですが、カム交換のキットに含まれていたので交換しようと思っていました。
しかし、事前のチェックで気になる点が。
IMG_20230811_135829
油圧タペットはプッシュロッドと接触する天面が5ミリほど自動調整域になってるので、シリンダーが熱くなって膨張しても、ロッカーアームとプッシュロッドのクリアランスが変わらないように追従する仕組みです。

IMG_20230811_135901
販売パッケージが四本ともオイル漬けになっていたので、エア抜きまで終わらせてあると思ったら、一本だけ手で押して天面が動く。

IMG_20230811_135906
他の三本はびくともしないのに一本だけ沈む。

IMG_20230811_142311
せっかくなので油圧タペットを分解して構造チェック。
黒い天面の部品の裏にはヘッドへのオイル搬送用に逆止弁となるプレートがついてます。
ここが粉々になる例もあるようですが、パンチングしてないこれは平気かな?

IMG_20230811_142320
タペット本体は異常なさげ

IMG_20230811_144807
チェックバルブ一体型の内部ピストンが油圧タペットのきもになりますが、ここにオイル満たすと、そのまま下から漏れ始めました。

IMG_20230811_144854
なんかチェックバルブ変な位置にないか?
他の正常と思われるものはオイル止めてくれてますし、ボールも真ん中にいるのでこれが原因と思われます。

IMG_20230811_143730
チェックバルブはカシメてあるようなので、この部分だけ修理パーツあればいいのですが、
解決するまで油圧タペット交換はお預けです。


にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村←更新の励みになるので次のネタが気になる方はポチっとお願いします^^
記事検索
スポンサード リンク
ハーレー関連コンテンツ
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ハーレーカテゴリー
ハーレー最新記事
月間ハーレー記事
ハーレーオーナープロフィール

ネコミニ

ブログ村ランキング参加中