スポンサード リンク
2007年12月22日

ハーレーダビッドソンのフロントフォーク

ハーレーダビッドソンのフロントフォークです。
今回はフロントフォークしか入っていなかったのでてっきりフル可動するものだとおもっていたのですが、一体成型でしたORZ
ハーレーダビッドソンのフロントフォーク1ハーレーダビッドソンのフロントフォーク2ハーレーダビッドソンのフロントフォーク3






フロントフォークのインナーチューブとアウターケースは1体部品でこの部分は実車のように稼動しません。
どうやらインナーチューブのカバーのほうで伸縮機構を組み込んでいるようですね。
フロントフォークは国産アメリカンバイクに慣れているとハーレーがものすごく太く見えます。
最新の年式のダイナは従来より太くなったのかな・・・・
国産バイクでは何度かフロントフォークのオイルシールの交換をしましたが、ちゃんとしたプレスがないとシールを抜くのに手間取りました。
油圧フロアージャッキとタイダウンベルトの組み合わせでフォークに圧をかけて抜いたり、今考えると結構危なかったです^^;

ハーレーダビッドソンがツインカムになる前のダイナシリーズを一度試乗したことがあるのですが、アイドリングで停車中にフロントフォークがストロークするほど振動が伝わっていて度肝を抜かれた思い出があります^^
ハーレーダビッドソンのフロントフォークとフロントフェンダー






フロントフォークとフロントフェンダーを組み合わせてみました。
徐々に合体できるパーツが増えてきます。




にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村←更新の励みになるので次のネタが気になる方はポチっとお願いします^^

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
スポンサード リンク
ハーレー関連コンテンツ
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ハーレーカテゴリー
ハーレー最新記事
ハーレーオーナープロフィール
ブログ村ランキング参加中