スポンサード リンク
2007年12月26日

ハーレーダビッドソンのウインカー、クラッチレバー、左グリップ

ハーレーダビッドソンの左グリップ周りのパーツです。
グリップ、ウインカー、クラッチレバー、スイッチ類で構成されます。
ハーレーダビッドソンの左グリップ周り1ハーレーダビッドソンの左グリップ周り2






スイッチ類は表示も細かく再現されていますが、さすがに一個一個作動しません^^;
全体が一緒に動くスライドスイッチと、写真では見えにくいですがプッシュスイッチが1個ついてます。
ハーレーダビッドソンの左グリップ周り3






クラッチレバーも可動式ですが、ファットボーイのクラッチレバーは純正でこの形状なのでしょうか?
以前乗っていたスポーツスターはかなり幅の広い厚みの薄いものがついていました。
国産バイクのように指の2本がけなどではとてもクラッチは切れませんが、4本でしっかり握ると、握りきったときにグリップの丸みと一体になって指先に負担のかからない形状になっていたとおもいます。
これだとキジマのパワークラッチレバーに似ているようです。
ハーレーダビッドソンの左グリップ周り






ハーレーダビッドソンのウインカーはハンドルから釣り下がるようになっているのが特徴です。
ミラーの軸とウインカーの調整ボルトが兼用になっており首フリで自在に調整できます。
モデルによってハンドルの形状が極端にちがうハーレーダビッドソンならではの工夫でしょうね^^
ハーレーダビッドソンのオートキャンセルウインカーモジュール






ハーレーダビッドソンのウインカーの特徴として、左右のウインカースイッチが左右それぞれに分かれていることと、年式によってはウインカーのオートキャンセラーがついているところにあります。
以前乗っていたスポーツスターもウインカーのオートキャンセラーが付いていたのですが、寒くなるとオートでキャンセルしなくなりました^^;
モジュールを取り替えても症状が変わらなかったので原因は別のところにあったのかもしれません。(上の写真はハーレーダビッドソンのウインカーの制御モジュールです)

グリップもラバーのしっとりとした質感がうまく再現されています。
ハーレーダビッドソン純正オプションにはグリップヒーターもあるようなので新車を購入する際には取り付けしたいですね。



にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村←更新の励みになるので次のネタが気になる方はポチっとお願いします^^

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
スポンサード リンク
ハーレー関連コンテンツ
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ハーレーカテゴリー
ハーレー最新記事
ハーレーオーナープロフィール
ブログ村ランキング参加中