スポンサード リンク
2008年04月21日

ハーレーダビッドソンのツーリング HOG富山チャプター参加

ハーレーダビッドソンといえば集団でのツーリングがよく見かけられますが、ぼくもついにチャプターツーリングデビューです^^
まだハーレーダビッドソンのエンジンの慣らしも終わっていないのに、初めてのツーリングがチャプターの集団で^^;

50台ぐらいハーレーダビッドソンが集まったのかな・・・そもそも3台以上でつるんで走ったことが今までなかったので自分にとって未知の体験でした^^;

ひとによって間合いが違うのでどうしても車間距離が空き気味になってしまいましたが、初めてなので良しとしましょう^^

エレクトラグライドウルトラクラシックにカーブで追い抜かれるとちょっとビびりますw

集団走行でもあくまでライダー自身の危機管理でハーレーダビッドソンを運転すればいい訳ですが、間合いがあまりにも違う方と近距離にいるとお互い気を使うので流れをつかんでペースや走り方が似ている位置に落ち着けばいいのでしょう。
もっともこればかりは数をこなさないとわからないとおもいます(・w・)””

ハーレーダビッドソンでの集団走行初経験者の意見としては、やはりセンター側を走るのは怖いですね^^;
隊列は左右交互に並んで走るのですが、交互になることで走行中の車間距離を確保しつつ隊列の全長を短く出来る(と、理解したのですが・・・・)
信号待ちで停車するときはいったん並走状態に詰めていき、停車時の隊列の全長を短くする。
停車したときは隣のバイクとタイヤの先端を少しずらす。(先端の出ているほうが発進時に先に行く、という暗黙の了解を取れる?)

センター側に並んでしまっても、べつに左からの追越スペースを空けるためというわけではないので危ないほどセンターよりになる必要はないのでしょうが、ミラーの左後方にバイクが映っている時点で経験上隙間からぶち抜かれるイメージしかないのでなれないうちはわかっちゃいてもプレッシャーになりましたw

あと、交差点の右折や左折で、バンクがきつくてハーレーダビッドソンのマフラーステーが擦りそうな時に進入スピードを控えめにすると後続のバイクの進入スピードと合わなくてじゃましちゃっていたような気もします(汗

しかし・・・・分岐点の合流に出くわした自動車の方には正直気の毒としか思えませんでしたが^^; 

ハーレーのツーリング昼食






ハーレーダビッドソンのツーリングの昼食は能登のカキ
生でも平気なぐらい新鮮なカキを炭火、フライ、炊き込みご飯などでいただきました。
ウマーーーー

一人のツーリングだといつもコンビニのサンドイッチなんだけどね^^;


にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村←更新の励みになるので次のネタが気になる方はポチっとお願いします^^

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
スポンサード リンク
ハーレー関連コンテンツ
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ハーレーカテゴリー
ハーレー最新記事
ハーレーオーナープロフィール
ブログ村ランキング参加中