スポンサード リンク
2008年06月05日

ハーレーダビッドソンのシーシーバー取り付けステー加工

ハーレーダビッドソンのデタッチャブルシーシーバーを08ダイナのサドルバックステーに取り付けすためにサドルバックカラーの加工が必要なことがわかりましたが、手元に旋盤がないのでハーレーダビッドソンのちょっとした加工もできないのはこういうときに不便に感じます。
一家に1台旋盤は必要だと思うのは僕だけじゃないよね(・w・)””

ハーレーダビッドソンのカスタム用ユニバーサルカラー
そこでいつものように富山の南海部品に行っていいものを発見!
キタコのコンビニパーツシリーズのユニバーサルカラーです。
アルミのスペーサーで、各種穴径、幅、外径がそろっているのでこいつを組み合わせてハーレーダビッドソンのデタッチャブルドッキングベースの段差を作ってやります。

ハーレーダビッドソンのサドルバッグカラー
外径の違うアルミのカラーを組み合わせてデタッチャブルサイドプレートがうまい具合にはまる組み合わせをいろいろ試します。
ハーレーダビッドソンへのフィッティングは現物あわせなのでだいたいの目安を決めて何種類か試します。

ハーレーダビッドソンの自作デタッチャブルドッキングハードウエア
ハーレーダビッドソン純正のカラーをキタココンビニパーツに入れ替えました。
強度などはたわみがないので問題なさそうです^^;

ハーレーダビッドソンのデタッチャブルドッキングハードウエア自作2
結局前方のカラーはハーレーダビッドソン純正のままで、デタッチャブルサイドプレートの溝がはまるように薄いカラーを追加する方法に落ち着きました。

ハーレーダビッドソンのデタッチャブルシーシーバー取り付け
ハーレーダビッドソンのデタッチャブルサイドプレートの前方の溝を両側のサドルバッグカラーの溝にはめ込みます。サイドプレートの溝の幅は超硬カッターで若干広げてやりました。

ハーレーダビッドソンのデタッチャブルシーシーバー取り付け2
はめ込んだドッキングベースを支点にしてそのまま後ろ側にシーシーバーを倒すと、デタッチャブルロック機構がカチっとはまってロック完了です。ロック機構の黒い部品も超硬カッターで少し削ってあります。

ハーレーダビッドソンのデタッチャブルサイドプレート取り外し
ハーレーダビッドソンからはずすときは両側のデタッチャブルサイドプレートのロック機構を起こしてシーシーバーを上に引き上げるとすぐに外れます。

ハーレーダビッドソンのシーシーバーとイーグルレリーフ
しっくりはまったデイトナのシーシーバーとハーレーダビッドソンのデタッチャブルサイドプレート。
デタッチャブル機構がちゃんと機能するように取り付けできたので大満足です。
あとはシーシーバーの取り付けボルトをあけなおして、クロームメッキの浮きさびをきれいにしてやれば完璧ですね^^


にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村←更新の励みになるので次のネタが気になる方はポチっとお願いします^^

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
スポンサード リンク
ハーレー関連コンテンツ
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ハーレーカテゴリー
ハーレー最新記事
ハーレーオーナープロフィール
ブログ村ランキング参加中