スポンサード リンク
2008年07月28日

ハーレーダビッドソンのツールバッグ取り付け調整

ハーレーダビッドソンのフロントフォークに取り付けしてあるツールバッグですが、中に入れてある電装品の重みで取り付けベルトが伸びてきました。
革製品は基本的に伸びますから時々チェックしないといけませんね。
ハーレーダビッドソンのツールバッグ デグナー
調節の穴はまだあるのですが、微妙に届かないので中間にポンチで穴を抜いてやります。錐とかで横着して穴を開けてはいけません。
ハーレーダビッドソンのレザーバッグ穴あけ

ツールバッグ取り付け場所がハーレーダビッドソンのフロントフォークで決まっているので少し長めのレザーバンドは短く切ってやります。
ハサミよりものみで切込みを入れるほうが肉厚のレザーは処理しやすいです。
ハーレーダビッドソンのレザーバッグ バンド

ちょっとのことですがフロントフォーク回りがぐらつくと電装のハーネスに影響があるのでこれでしばらくは持ちそうです。
ハーレーダビッドソンのツールバッグ隙間

ハーレーダビッドソン用の革製品のネタはかなりあるのですが、破れたレザーブーツやグローブ、みなさんどうされていますか?
普通なら物が良くても、日本人が修理すると人件費に負けて結局新品買うのと同じぐらいかかってしまいますし、最近は革製品の修理をできる職人さんも激減してるようです。
カドヤ ハンマーグローブロング修理跡
僕が10年以上前から冬場使っているカドヤのハンマーグローブですが、右の小指と薬指以外はすべて穴が開いて一旦修理してあります。
手の平も丸ごと皮を当てなおしてますね。
細かいところなど数えたら16箇所も修理履歴があります。
一度手になじんだグローブは新品を買い換えるより割高になってもずっと直して使い続けたいと思うのが革製品のいいところだと思うのですが普通は資本の理論に屈して新品買ったほうがいいよってなるところを近くに革製品の修理をしてくれる職人さんがいたおかげで助かっています。(でも、そのひともその代で終わりなんだよなぁ・・・・)
ハーレーダビッドソンのレザーアイテムは年季が入っていればいるほどカッコイイと思うので使えるものは大切に直していけるような仕組みがほしいですね。


にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村←更新の励みになるので次のネタが気になる方はポチっとお願いします^^

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by kenbo   2008年07月28日 10:52
革細工、愛着がわきますからね〜
近くに職人さんがいるのは心強い!
今度、ツーリングのついでに「ネタ」にして欲しいな〜
是非!
2. Posted by ネコミニ   2008年07月28日 17:26
kenbo-さん>シルバーアクセサリー関連でこちらもやりたいことがたくさんあるのでそのときはご教授願います^^
3. Posted by アボ   2008年10月22日 19:59
こんばんは

はじめてカキコミさせていただきます
やはり道具は使い込んで愛着がわきますよね。^^
修理をしながら、いつまでも使う。
それが、また楽しいんですよね。
4. Posted by ネコミニ   2008年10月22日 21:45
アボさん>コメントありがとうございます。特殊工具は使い込む前に種類だけが増えていくネコミニですが^^;

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
スポンサード リンク
ハーレー関連コンテンツ
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ハーレーカテゴリー
ハーレー最新記事
ハーレーオーナープロフィール
ブログ村ランキング参加中