スポンサード リンク
2008年08月24日

ハーレーダビッドソンの燃費検証 その3

ハーレーダビッドソンの燃費検証のデーターをできるだけ定量化するためにダイノジェット北陸さんのシャーシダイナモで回転数2000RPM、一定負荷(ダイノマシンブレーキ20パーセント設定)おける各ギヤの瞬間燃費を計測してもらいました。
ハーレーダビッドソンの燃費表示
上から順番にハーレーダビッドソンの1速から6速です。
実走行の燃費と比べると、フロントタイヤの走行抵抗、速度の二乗に比例する空気抵抗(これが一番燃費に影響するらしい)がない分だけ燃費表示は良い値が出ています。5速、6速ではあまり違いがないのも同じですね。

ハーレーダビッドソンの燃費はそれだけみても面白くないので、なにか条件を変えると燃費がどうなるのかを試すための定常テストですので、さっそく条件を変えてみます。

とりあえずハーレーダビッドソンにレギュラーガソリンを入れる燃費がどうなるのか試してみようと思います。

*:おまけ

ハーレーダビッドソンの燃費計測補足ですが、TC96のダイナローライダー、ツーリングウインドシールド装着で、テストコース走行 
6速時速100kmの瞬間燃費は26km/l
120kmの瞬間燃費は20km/l
140kmの瞬間燃費は15km/l

速度が上がるほど燃費はどんどん悪くなります・・・・・
空気の抵抗は速度の二乗に比例して大きくなるので高速になればなるほど燃費が極端に悪くなるのでしょうか・・・・




にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村←更新の励みになるので次のネタが気になる方はポチっとお願いします^^

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by JPD   2008年08月24日 11:39
平地のアクセル一定の定速走行としても、ギア毎に燃費と速度のバランス点があるね。
2. Posted by ネコミニ   2008年08月24日 15:53
JPDへ>本当は各ギアごとに回転数を変動させて一番燃費がいい回転数をチェックするのがいい気もするけど、実際走行するときは2000回転がほとんどなので回転数も全部合わせてもらった。
コンピューター換えて燃調が変わればもっと低い回転数で走れるらしいのでそのときにでも計測パターン変えてみるよ。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
スポンサード リンク
ハーレー関連コンテンツ
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ハーレーカテゴリー
ハーレー最新記事
ハーレーオーナープロフィール
ブログ村ランキング参加中