スポンサード リンク
2008年10月09日

ハーレーダビッドソンを単気筒にしよう!

ハーレーダビッドソンには停車時のアイドリングガソリン消費を抑えるために、(エンジン温度上昇を抑えるというより、本来の目的はこっちの気がするので)エンジン温度が華氏165度を超えると後シリンダーのみ燃料を送って点火させるヒートマネージメントがあるといううわさを聞いて、気になって気になって仕方がないので、ハーレー富山さんでいったんサンダーマックスからノーマルECMに戻して本国(欧州?)仕様のヒートマネージメント機能をデジタルテクニシャンで入力してもらいました。

いつも思うんですが、デジタルテクニシャンってなんだかいやらしい響きですね(妄想中

はい、冗談はこれくらいで・・・・エンジン温度が上がるまで放置していると、突然エンジン音が変わります!
ハーレーっぽい(ノーマルECM制御なのでアイドリング回転数は高いのですが)ボボロボボロって言う連続音がボボボボボに切り替わります。
動画に取ったのですが、人間の耳よりメカニカルノイズを拾いやすくてちょっとわかりにくくなりましたが、一応30秒で音が切り替わってます。


だれか音響解析できる人、メカニカルノイズ除去してくださいw
集音時点で物理的フィルターをマイクにつけたりする方法でもいけるのかしら??

爆発(膨張)してないシリンダーも吸気排気はするのでマフラーからは排気します。(エアポンプと表現するらしい?)
人の耳だとけっこう違いがわかる男のゴールドブレンドなんですが(←意味不明

ハーレーダビッドソンのヒートマネージメントはアクセルを開けると解除されます。
アイドリング状態になるとまた発動します。
わかりにくいですがアクセルあおって解除、数秒後また単気筒爆発動画です↓


ノーマルECMなら07年式以降のハーレーダビッドソンは対応しているようなので、興味のある方はお近くのハーレーダビッドソン正規ディーラーへどうぞ^^

アイドリングのガソリン消費が本当に減るのかも今度追加テストしてみます。




にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村←更新の励みになるので次のネタが気になる方はポチっとお願いします^^

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
スポンサード リンク
ハーレー関連コンテンツ
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ハーレーカテゴリー
ハーレー最新記事
ハーレーオーナープロフィール
ブログ村ランキング参加中