スポンサード リンク
2009年01月16日

ハーレーダビッドソンにオートマチックバッテリーチャージャーカップリングキットを取り付けしよう!

ハーレーダビッドソンは冬場に走る頻度が落ちるので、購入1年目でも2週間乗っていないとなんとなくエンジンの始動時にセルモーターが苦しそうです。
そこで、ハーレーダビッドソン純正オプションのオートマチックバッテリーチャージャーでバッテリーを取り外しすることなくトリクル充電できるカップリングキットを取り付けしようと思います。
ハーレーダビッドソンのバッテリー充電ハーネス
ハーレーダビッドソンのバッテリー端子にあらかじめカップリング用の端子を接続しておいて、カプラーオンでバッテリー充電器と接続できるハーネスです。
車体側のハーネスははずしているときは防水キャップでふたが閉まるようになっています。

ハーレーダビッドソンのバッテリーと充電ハーネス
ハーレーダビッドソンのバッテリー端子に充電カップリングを取り付けしました。
+−を間違えないように注意しましょう。
後から増やした電装品で鬼端子になってますが^^; 端子が増えるほど緩みやすくなるという話ですが、どちらにしても必要なだけ締めておけば大丈夫です。

ハーレーダビッドソンのバッテリー充電カップリング
バッテリー充電カップリングは車体の反対側に出して使えるようにハーネスしておきました。
後はハーレーダビッドソン純正のバッテリー充電器を用意すればいいのですが、僕はほかのものを使ってみようと思います。

ハーレーダビッドソンのソーラーパネル充電装置
やっぱりエゴを意識してるのでw ソーラー発電でハーレーダビッドソンのバッテリー上がりを予防してやります。
ソーラーパネルは昭和シェル石油の12wタイプ、ソーラー発電制御モジュールはモーニングスターのサンガードです。
あとは窓辺の取り付けと発電状態のチェックですね。

ハーレーダビッドソンの待機電流などのネタも絡めて今度まとめてみます。

追記 ハーレーダビッドソン整備中のやつら・・・今日はシートにぶすりと爪を刺されました。・゚・(ノД`)
ハーレーダビッドソンとペット



にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村←更新の励みになるので次のネタが気になる方はポチっとお願いします^^

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
スポンサード リンク
ハーレー関連コンテンツ
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ハーレーカテゴリー
ハーレー最新記事
ハーレーオーナープロフィール
ブログ村ランキング参加中