スポンサード リンク
2009年02月27日

ハーレーダビッドソンの12ヶ月点検内容(ブレーキ)

ハーレーダビッドソンの12ヶ月点検ですが、細かい内容はディーラー整備にお任せなので写真がないです(コラ
ちゃんとネタにするときは自分で一通りやってみますので、保証がある間は突っ込んだところは無しでw

今回のハーレーダビッドソンのネタはブレーキフルードの劣化についてです。
ハーレーの12ヶ月点検整備にはブレーキフルード交換は指定になっていませんが、フルードは劣化するとマスターシリンダーのカップリングなども痛めてしまうので念のためチェックします。

ハーレーダビッドソンのブレーキオイルチェック
手に持っているのはブレーキフルードの劣化状態(水分含有量)をチェックできるフルードチェッカーです。センサーをハーレーダビッドソンのリザーバーの中に沈めると・・・・

ハーレーダビッドソンのブレーキフルードチェック
むむ!インジケーターがオレンジに?!

説明書によれば、ブレーキフルード内の水分1.5パーセント以内(緑色 良好)
水分1.5パーセント以上3.0パーセント未満(オレンジ 使用限界注意)
水分3.0パーセント以上(赤色 要交換)

まだ大丈夫だけど注意が必要ということなので、ハーレーダビッドソンのフロント、リヤのブレーキフルードも交換してもらいました。
劣化具合が目に見えない液体ですから、センサーで納得できると気分が良いですね^^

おまけ ハーレーに乗るときのレザーアイテム


にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村←更新の励みになるので次のネタが気になる方はポチっとお願いします^^

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
スポンサード リンク
ハーレー関連コンテンツ
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ハーレーカテゴリー
ハーレー最新記事
ハーレーオーナープロフィール
ブログ村ランキング参加中