スポンサード リンク
2009年05月26日

ハーレーダビッドソンのタイヤ交換(リヤ組み換え)

ハーレーダビッドソンのタイヤ交換、組み換えの続きです。

ハーレーのスプロケット取り外し
車体から取り外したリヤホイールはドライブベルトスプロケットをいったんはずします。
タイヤ組み換えマシーンに乗せるのに邪魔になるのかな。

ハーレーとビードブレーカー
ビードブレーカーはエアー式で、バックン バックンはずします!
手動のビードブレーカーでタイヤの組み換えをしたことがある方ならこの作業が結構大変なのはわかるでしょう^^; この機械ほしくなりましたw

ハーレーのタイヤ交換ツール
ビードを落としたハーレーダビッドソンのタイヤをタイヤチェンジャー?に固定して、つめをかけて回転させると・・・・・

ハーレーのリヤホイール
カポンとホイールからタイヤが外れます。
タイヤレバーで手動でタイヤの組み換えをするのとくらべると感動的な早さです。
本当は動画などでしっかりとりたかったのですが、富士ブルースカイヘブン前でぎりぎりに交換してもらったので遠慮しました^^;
ハーレーダビッドソンのフロントタイヤを交換するときはできるだけ忙しくない時期に頼んでネタを収集したいと思います。

ハーレーダビッドソンの新品タイヤ
ハーレーダビッドソンの新品タイヤにたっぷりビードワックスを塗りつけます。
自分でタイヤ交換していたときは組み付け後エアーではめこむ圧力を8kgとか平気でかけていましたが、ちゃんとビードワックスたっぷりにってあればそんな圧必要ないそうです^^;タイヤカタログにも適正な組み付け圧書いてありました・・・・
ショベルヘッドやパンヘッド、ナックルヘッドやフラットヘッドのビンテージハーレーならほとんどチューブタイヤなのでこの辺はどうなのかな・・

ハーレーの新品タイヤ組み付け
新品のタイヤも同じようにつめをかけてタイヤチェンジャーを回転させるとカポッとはまります^^

ハーレーダビッドソンの新品タイヤとホイール
組み換えの終わったハーレーダビッドソンのタイヤは空気を入れて準備OK
タイヤの種類が純正と違うのですが、このあたりの説明は別記事で。

ハーレーダビッドソンのリヤタイア
ハーレーダビッドソンにホイールを組み付けしなおして作業終了。
新品タイヤは皮むきが終わるまで滑りやすいので注意です。


にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村←更新の励みになるので次のネタが気になる方はポチっとお願いします^^

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
スポンサード リンク
ハーレー関連コンテンツ
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ハーレーカテゴリー
ハーレー最新記事
ハーレーオーナープロフィール
ブログ村ランキング参加中