スポンサード リンク
2009年10月02日

ハーレーダビッドソンのバッテリーの性能

ハーレーダビッドソンの純正メンテナンスフリーバッテリーですが、先日2回目のバッテリー上がりをおこして、電圧を測ったら6vしかなかったのでこいつは絶望的だなとあきらめていたのですが・・・・・

復活しましたよ?!(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

ハーレーのバッテリー充電

完全に死んだハーレーダビッドソンのバッテリーは全自動充電器では低電圧過ぎてそもそもバッテリー異常検知で充電開始してくれないのですが、だめでもともとと、充電開始のときだけテスト用バッテリーを並列につなげて電圧を正常値に戻して充電開始させました。

始めはすぐに充電終了モードになって充電電圧終盤の15v越えていましたが、しばらくほったらかしてふと見てみると普通に充電サイクルに入ってます!
充電電圧13.5v 充電電流7A(こいつはクランプ式電流センサーといって、ラインに洗濯バサミのように挟み込むことで磁界のホール効果?で電流を計測できるので便利です。安いのは交流しか計れませんのでハーレーダビッドソンなどのバイク用に買うときは直流対応になっているか確認しましょう)

ハーレーのバッテリー電圧
充電終了後一昼夜おいても電圧は13vキープ
どうやら生き返ったようです・・・・

メンテナンスフリーのバッテリーとしては2年も経っていないのに1回上がらせたくらいで完全に使用不能とはちょっとはやいのかなとは思っていましたが、まさか復活するとは思いませんでした。

ハーレーダビッドソンに搭載してテストしていませんが、電圧から考えると使えないはずないんですよね・・・・

ドライバッテリーの経過を見計らって搭載テストしてみます^^




にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村←更新の励みになるので次のネタが気になる方はポチっとお願いします^^

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by Jack   2010年01月15日 11:00
こんにちわ!

当方の車両は2004年式のFLHTですが、今迄1度もバッテリーを交換していません。
今までは1〜2ヶ月に1回自宅で充電していたのですが、昨年の9月頃から以降は、トリクル充電器を購入して、乗らない間はガレージの中で繋ぎっぱなしにしています。
とは言え3月で丸6年になるので、今回の車検時に交換を考えています。
ネットで検索をしましたら、純正製品、社外品等があり、密閉型は社外品でもそこそこの値段がしたいますね。 ところが開放型は凄くリーズナブルなんですが、性能的にそれなりの差があるのでしょうか? 御教示頂ければ幸いです。
2. Posted by ネコミニ   2010年01月15日 19:16
JACKさん>密閉型のバッテリーから開放型のバッテリーに交換するとバッテリーから発生するガスを逃がすブリーザーパイプを取り回してやらないといけないのでめんどくさいと思います。
充電に関しては密閉バッテリーから開放バッテリーに変える分には問題なかったと思いますが(逆は危ないことがある)
それにハーレーの振動でバッテリーのキャップが緩んでバッテリー液が染みてきたりする可能性も否定できませんので、値段が安くなった割には抱えるリスクが増える気がしてなりません^^;
日ごろトリクル充電をしていても、ツーリング先で出発のときにセルが重くなるようであれば買い替えかもしれませんが、シールドタイプもハーレー用でけっこうリーズナブルなやつがあったと思います。
ネオガレージさんの通販コーナーとか、ご覧になればもしかしたらあるかも・・・・・

ちなみに僕はTC88以前のダイナのやスポーツスターのバッテリーがむき出しのスタイルが大好きなのであれだったらハーレー純正に交換したいと思いますが、TC96はバッテリーカバーで隠れてるのでもう何でもいいやって感じですw
3. Posted by Jack   2010年01月16日 06:48
早々のご教示、誠に有難うございます。
ご指摘のネオガレージさんを検索してみます。
4. Posted by ネコミニ   2010年01月16日 12:16
JACKさん>がんばってください^^ ボクもダイナが戻ってきたらトリクル充電器試そうかな・・・

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
スポンサード リンク
ハーレー関連コンテンツ
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ハーレーカテゴリー
ハーレー最新記事
ハーレーオーナープロフィール
ブログ村ランキング参加中