スポンサード リンク
2010年09月16日

ハーレーダビッドソンのマフラー交換方法1

ハーレーダビッドソンの定番カスタムであるマフラー交換ですが、車検を前にしてようやく手を出してみました^^
取り付けするのはパインバレーさん取り扱いの北米仕様マフラーです。
せっかく高需要が見込めるネタなので丁寧にマフラー交換方法をレポートします。
ハーレーのマフラー交換方法1

まず、外すか緩める必要のあるナットは写真の色丸の8箇所です。
マフラーのヒートガードは数に入ってません。
黄色丸 サイレンサー固定ボルト(1/2インチ)
赤丸 クランプボルト(9/16インチ 締め付けトルク61〜67.8Nm)
青丸(エキパイヒートガードバンド 5/16インチ マフラーを外す際に干渉するため緩めておく マイナスドライバーでも外せます)

ハーレーのマフラー交換準備
ハーレーダビッドソンのマフラー交換方法ですが、まずはエンジンが冷えた状態で、緩める箇所のボルトナットにCRC556をたっぷりふりかけてしばらくおいておきます。
エンジンが熱い時にCRC吹くと煙になっていい匂いがしますから^^
ほとんどのボルトナットが錆びて固着してるはずなので外しやすくするためです。

ハーレーのエキパイヒートガードバンド緩める1
まずはエキパイのヒートガード固定バンドをサイレンサー近くだけ緩めておきます。

ハーレーのエキパイヒートガードバンド緩める2
下回りは錆びているので5/16インチ工具を使ったほうがいい場合もあります。

ハーレーダビッドソンのマフラー交換方法その二へ続きます^^





にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村←更新の励みになるので次のネタが気になる方はポチっとお願いします^^

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by run×make工房   2010年09月16日 22:15
始めまして先程はコメントありがとうございました。

twitterフォローさせて頂きました。

何より訪問してビックリです。
凄く詳しくしっかりとしたブログで・・・

また、訪問させて頂きます。

ランメイク
2. Posted by ねこみに   2010年09月17日 20:19
run×make工房さん>コメントありがとうございます^^
ネタになりそうなことを少しだけ詳しく書いてるだけなので^^;
よろしくお願いします(・w・)ノ

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
スポンサード リンク
ハーレー関連コンテンツ
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ハーレーカテゴリー
ハーレー最新記事
ハーレーオーナープロフィール
ブログ村ランキング参加中