スポンサード リンク
2010年09月22日

ハーレーダビッドソンのサンダーマックス学習チェック

ハーレーダビッドソンに北米マフラーを取り付けしたあとで体感レポートを米国のボブにたのみました。
ボブとは ボビー、キティーと呼び合う中なのですが、親日なので日本仕様のハーレーのマフラーをわざわざ米国で利用してました。
そこで本来の北米マフラーに付け替えたら音はもちろん、低回転のトルクや回転を上げたときの加速がぜんぜん違うそうです。
今度馬力計測のデータももらいますw

ボブが500kmほど走行したサンダーマックスを送ってもらったのでダイナに取り付けしてデータを引き抜いて見ます。
ハーレーのサンダーマックス設定
ハーレーダビッドソンにパソコンを接続してコンピューターのセッティングです。

ハーレーのAFフィードバック
空燃比の補正状況がマフラー交換でやや増えてますね。

ハーレーの空燃比補正状況
オートチューンポイントアナライズでフィードバック状況を確認すると、全域で補正範囲内でした。
サンダーマックスじゃなくても純正ECMで制御できる北米マフラーですから当然ですね^^

ハーレーのAFマップ書き換え
補正状況にあわせて空燃比マップを自動生成できるのですが、今回も一応やっておきます。
補正データーの読み込み、マップ生成、書き込み がいっきに行われるので後はECMの初期化して終了です^^



にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村←更新の励みになるので次のネタが気になる方はポチっとお願いします^^

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by mos   2010年09月23日 00:13
よさそうですね、サンダーマックス。
自分はアメリカから取り寄せたパワーコマンダーをポン付けしているだけですが(笑)。
2. Posted by ネコミニ   2010年09月23日 20:57
mosさん>パワーコマンダーはシフトポジションごとにマップを設定できるはずなのでサンダーマックスよりきめ細かないじり方ができるようですが、ハーレーにそこまで必要かは不明です^^; 気になってるんですけどね・・・

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
スポンサード リンク
ハーレー関連コンテンツ
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ハーレーカテゴリー
ハーレー最新記事
ハーレーオーナープロフィール
ブログ村ランキング参加中