スポンサード リンク
2011年03月31日

ハーレーダビッドソンの北米マフラーパンチアウト加工発注

ハーレーダビッドソンを車検に出している間に北米マフラーをパインバレーさんに送って16mmのパンチアウトを依頼します。
ハーレーの北米マフラー
パインバレーさんに問い合わせたところ、フルコンでの補正が必要な16mm以上のパンチアウト依頼では20mmの依頼がほとんどだとのこと。
天邪鬼な僕はそれじゃ16mmでってw
スクリーミンイーグルのトルクマフラーと同様とのことなので低回転からのトルクを犠牲にしたくないのでいいかなと。
装着後ダイノジェットの馬力計測でレポートします。

ハーレーのマフラーの穴
北米純正は当然遮蔽板はとじていますから真っ暗。
穴あけ後が楽しみですね^^

コンビニからマフラーを発送するとき、関東圏への到着は日付の保証ができないと言われましたが急ぐわけではないですし、自粛ムードを吹っ飛ばすためにも本来自分がやっていたであろうネタを先延ばしするのはやめました。
荷札の「マフラー」を見て、コンビのおばちゃんが首に巻くマフラーだと思って持ち上げてめちゃくちゃ重くてびっくりしてました^^;



にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村←更新の励みになるので次のネタが気になる方はポチっとお願いします^^

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
スポンサード リンク
ハーレー関連コンテンツ
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ハーレーカテゴリー
ハーレー最新記事
ハーレーオーナープロフィール
ブログ村ランキング参加中