スポンサード リンク
2011年07月15日

ハーレーダビッドソンのヘッドカバー分解方法

ハーレーダビッドソンのエンジン分解講習開始です。

分解用のハーレーのエンジン
講習グループによってエンジンの年式が違いました。僕らはTC88エンジン。

ハーレーのヘッドカバー
まずはロッカーカバー(ヘッドカバー)を分解します。
頭のボルト6本を外します。本当は緩めるボルトにも順番があるのですが、今回は気にしません^^;

ハーレーのロッカーカバー分解
さっさと緩めていきますが、実際はフレームの間の狭い箇所を作業するので工具が選べるようにボルトのセンターにはヘキサゴンの工具も使える穴があいてます。

ハーレーのロッカーアーム
サクっと外れました。ヘッドカバーは斜めになっていて、狭い隙間から外しやすいように工夫されています。当然奥と手前のボルトの長さも違いますので外した箇所に対応させてパーツとボルトの管理をするのはプロであればあたり前のことですが、今回はざっくり講習なのでどんどんバラしてポンポン置いていきます^^
次はブローバイガスフィルター分解です。




にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村←更新の励みになるので次のネタが気になる方はポチっとお願いします^^

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
スポンサード リンク
ハーレー関連コンテンツ
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ハーレーカテゴリー
ハーレー最新記事
ハーレーオーナープロフィール
ブログ村ランキング参加中