スポンサード リンク
2011年07月29日

ハーレーダビッドソンに乗るときの革ジャンとパッチ(見積もり編)

ハーレーダビッドソンに乗るときの革ジャンにクラブの刺繍パッチを縫い付けてもらうので革職人TAKEZOさんに見積に行ってきました。
ハーレーの革ジャン
革ジャンの形になってると手縫いじゃないと縫いにくい、というか縫えない。のもありますが、無理にミシンを当てるとどうしてもずれてしまうこともあるので、工賃はそれなりになりますが背中のパッチと腕のパッチは手縫いにしてもらいます。

刺繍の柄にあわせて糸の色もいろいろ用意されていますね。
通常の革細工と違って、デザインパッチなどの輪郭に合わせる手縫い作業は、糸を通す穴を一箇所づつ下穴をあけて塗っていくので手間の掛かり方が半端ないです。

僕の革ジャンは愛着があるのでしっかり縫ってもらって満足したいのですが、ベースになるのが革ベストなどの時は下手したら工賃のほうが高くなってしまいますが、これからの付き合いを考えると悩みどころでしょうね^^;

ハーレーダビッドソンに限らず、バイクに乗るときのレザーアイテムとしては自分だけの一品物になるのでそのへんも踏まえて考えましょう。



にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村←更新の励みになるので次のネタが気になる方はポチっとお願いします^^

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 弾正   2011年07月30日 14:03
チーム富山だったんですね。^^
もともとあちらの出身なんですか?
2. Posted by ネコミニ   2011年07月30日 19:09
弾正さん>小学校の頃まで冨山にいましたが、出身というわけでもないです^^; チャプターつながりで気が合いそうな人が集まって行ったという感じなのかな・・・

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
スポンサード リンク
ハーレー関連コンテンツ
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ハーレーカテゴリー
ハーレー最新記事
ハーレーオーナープロフィール
ブログ村ランキング参加中