スポンサード リンク
2011年08月04日

ハーレーダビッドソンにオクタンブースターを入れよう

ハーレーダビッドソンのガソリンに、デイトナリリースのNOSオクタンブースターを入れてみます。
ハーレーとガソリン添加剤
いつもなら添加剤系のネタは後回しなのですが、サンダンスさんのローコンプピストンカスタム(TC96の圧縮比9.2から9.1に落とす)などがあるように、日本のハイオク、アメリカよりオクタン価低いんちゃうん?って噂もありまして。

オクタンブースターでオクタン価4〜7上昇ってことなので、ハイオクガソリンのオクタン価が規格通りの96なら上限?の100にはなってるってことなのかな・・・・

そもそもあんなビッグボアでロングストロークエンジンを低回転でアクセルガバっと開ければノッキングはしょうがないのかなとも思いますが、実際オクタンブースターをハーレーダビッドソンに入れてみると、ガバっとアクセルを開けたときに出ていたノッキング音がしなくなった気がします。

そこで、いつものようにダイノビートさんでオクタンブースターの効果を馬力計測で見てみようと思います。

馬力計測では低回転でいきなりアクセルを開けるという下道でのノッキング条件は再現されませんが、「適正なオクタン価のガソリン」が何かしらの効果を出すのか楽しみですね。

で、ダイノジェット北陸(ダイノビート)さんに行ったのですが、クラッチの調子が悪くなり急遽馬力計測中止に・・・・

まあ、添加剤を入れる前の馬力を直前に測ったほうが良いとのことだったので仕切りなおしですね^^;



にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村←更新の励みになるので次のネタが気になる方はポチっとお願いします^^

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
スポンサード リンク
ハーレー関連コンテンツ
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ハーレーカテゴリー
ハーレー最新記事
ハーレーオーナープロフィール
ブログ村ランキング参加中