スポンサード リンク
2012年05月15日

ハーレーダビッドソン2012年モデル試乗インプレッション

ハーレーダビッドソンの2012年モデル試乗会で試乗してきたのでそれぞれのモデルの感想をレポートします。

ハーレーダイナスイッチバック試乗車
まずは一番気になっているダイナスイッチバック2012年モデルです。

ツアラー装備で重そうなイメージですが、僕のサドルバッグ付きローライダーと乗った感じの重さは変わりません。予想通りの乗りやすさと、意外としっくりくるふフットボード。
ソフテイル系やツーリング系のフットボードはなんだか遠くに感じたのですがスイッチバックは身長170 短足の一般的な日本人体系にはぴったりですw
排気ラインの長さが長いので、低回転トルクも十分あって乗りやすいので、コンピューター交換したらさらによくなりそう。
デイトナからスイッチバック用の車検対応サイレンサーがリリースされたらエキパイごと入れ替えもありかもって思います。エンジン型式一緒ならいいな。
ステップ擦ってもいいやてきな気持ちで走ってもボードが擦れなかったので案外小回りもきくかも。
またがって気が付いたのは、タンクがローライダーと同サイズなのにタンクオンメーターになってるのでこの辺りはもしかしたらコスト削減???
僕の気のせいじゃないと思うのですが、スーパーグライドカスタムやワイドグライドの幅広タンクのほうがツアラーの性格上あってるんじゃないかと。
ちなみにトリップメーターのLCDは切り替え式でデジタルタコメーターになってたのは驚きです(見にくいけどw ネタとしては必需品ですしね)
操作スイッチが一新されたので押した感じが全く変わってスイッチ壊しそうです^^;
ハンドルのポジションは人それぞれなので、きついようなら我慢せずにさっさと交換しないと乗りにくいだけです。体格はあくまで標準的なアメリカ人に合わせてありますからね。

ハーレースポーツスター72 1200V試乗車
さて、お次はハーレーダビッドソン スポーツスター1200V 72の試乗レポートです。
まずはやってくれたこのナローなデザイン、またがってもオフシャか?ってぐらいスリム。
足つきも余裕で(コーナーですりますが)、エイプハンガーバーがちょーっぱースタイルでハーレー乗ってるてきな気持ちをヒートアップしてくれます。


が!


走ってみるとまず感じたのが。

自転車立乗りしてるみたい・・・・・

もちろん座ってるんですが、シートのホールド性のなさとハンドルの高さ、フォワードコントロールのフットペグの位置的に身長もかなりないとぱっつんぱっつん(これは手足が届かないわけじゃなくて、バランスの問題)になっちゃいます。

ただ、モデルとしてダメなのではなく、自分の体に合わせて細部をカスタムしないと長距離は乗れたものじゃないなと。
あるいみ、純正の野暮ったさは結局は快適側に振った結果なのが、はじめから突っ張ったコンセプトで登場して、乗りにくかったらあとからカスタムしてね。ってスタイルでメーカーが送り出したのはすごいなと思います。
「チョッパーは気合いだ」とは言いますがスタイルを崩さずに乗りやすくする工夫はいくらでもありますからこのあたりの提案はハーレーダビッドソン正規ディーラーにぜひ頑張ってほしいところですね。

ハーレーソフテイルスリム試乗車
最後はソフテイルスリム!
乗った感じは素直に曲がる。でもステップボードは擦ります。これはソフテイルファミリーの宿命かな・・・
ハンドルの位置とかも人によってだし、バランサー付エンジンはしゅばだばダバダバと軽快に回ります。このグレードはもう、好みで選ぶしかないでしょうね。

ハーレーの試乗チェック
ほかにもエレクトラグライドとスポーツスター883Lがあったのですが、試乗できるのは3台までだったのでほかにお客さんが待ってなくても乗せてもらえませんでした・・・
もっとも新しいモデルは全部乗ったのでこれで目的は達成しました。
スタッフの皆様お疲れ様でした。

ハーレーダビッドソン2012年モデル購入の相談はお近くのハーレーダビッドソン正規ディーラー様までどうぞ^^




にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村←更新の励みになるので次のネタが気になる方はポチっとお願いします^^

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
スポンサード リンク
ハーレー関連コンテンツ
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ハーレーカテゴリー
ハーレー最新記事
ハーレーオーナープロフィール
ブログ村ランキング参加中