スポンサード リンク
2013年08月15日

ハーレーダビッドソンのエンジンオイル交換方法

ハーレーダビッドソンTC96ダイナローライダーのエンジンオイルを交換します。
今回はフィルター交換なしです。

用意するもの
ハーレーダビッドソンのエンジンオイル交換セット

レブテックTMP20w50(エンジン、ミッション、プライマリー全部OKなやつ)
フィルター交換含めると3本必要ですが、フィルター換えない時は2本でよさげ・・・・
5/8インチのソケット工具、エクステンションロッド、ラチェットレンチです。
漏斗はオイルを入れるとき便利^^
あと、オイルを捨てるための「排油ポイ」
ドレンボルトに巻くシールテープは用意しましたが今回も使いませんでした。

まずエンジンをかけて5分ほど暖気します。オイルを暖かくして出やすくするためですね。

ハーレーダビッドソンのエンジンオイルドレンボルト
プライマリーのダービーカバーしたあたりからのぞくと横に向いてついているのがエンジンオイルのドレーンボルトです。

ハーレーダビッドソンのエンジンオイルドレンボルト
排油ポイをあててドレーンボルトを緩めます。
エンジンオイルが流れてくるのであわてずに・・・・

ハーレーダビッドソンのオイル注入口
ドレーンボルトを抜いた後でオイル注入口を緩めるとオイルの出がよくなります。

ハーレーダビッドソンのエンジンオイルの抜きかた
オイル交換は車体を水平にした状態で行うのですが、ある程度オイルが抜けた後で水平にしてやっても出方があまり変わらない気が・・・・

ハーレーダビドソンのエンジンオイルドレンボルト締付けトルク
ドレーンボルトの磁石にもあまり鉄粉ついてなかったのできれいにしてオイルが抜けた後で締めこみます。
ここのOリングは新品に交換することになってます。
マニュアルにはありませんが人によってはネジ山にシールテープを巻くようですね。

025
エンジンオイルのドレンボルト締め付けトルクは19.0Nm〜28.5Nm
トルク管理はデジタルトルクメーターを使ってますがなんとなく気味が悪い^^;
カチンというタイプのほうが使い慣れてるからかな。

ハーレーダビッドソンのエンジンオイル中入方法
ドレンボルトを締めた後でエンジンオイルを入れなおします。
2リットル入れた後でゲージをチェックするとアッパーレベルまで入ってたので3本目は使わずに終了。

再び暖気してレベルをチェックするとアッパーレベル手前になってたのでこれでいいのかな。

ハーレーダビッドソンのエンジンオイルは減りやすいので時々様子を見てみます。


にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村←更新の励みになるので次のネタが気になる方はポチっとお願いします^^

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by JPD   2013年08月19日 09:04
トルクレンチと言えば・・・。

プリセットタイプのトルクレンチで、
 カチッ、カチッツ!!
で、2回以上やってオーバートルクで締めて自己満足しているのをよく見るのだけど・・・。

どうせオーバートルクで締めるならトルクレンチいらないような???

と、よく思う。
2. Posted by ネコミニ   2013年08月19日 18:57
あー俺もやるはそれw
設定トルクをマニュアルの最低値にしてそこから+的な感じで^^;

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
スポンサード リンク
ハーレー関連コンテンツ
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ハーレーカテゴリー
ハーレー最新記事
ハーレーオーナープロフィール
ブログ村ランキング参加中