スポンサード リンク
2014年01月20日

ハーレーダビッドソンの燃料噴射システム取り付け

ハーレーダビッドソンの2013年モデルはインジェクションなので燃料噴射システムはキャブとはちょっと違います。

ハーレーダビッドソンのインジェクションシステム
インテークマニホールドに直接燃料を噴射するインジェクターを取り付けます。
バタフライバルブのみがエアクリーナーのところに残ります。

ハーレーダビッドソンのスロットルワイヤー、ケーブル
スロットルボディーのバタフライバルブを開閉するスロットルケーブルを接続。

ハーレーダビッドソンのインジェクター、IACバルブ
インジェクターを取り付けます。
キットモデルなのでインテークマニホールドのフランジもここで取り付けしますが、2次エアを吸うとか吸わないとか言われてるここの部品はサンダンスさんから対策品が出てるそうなので気になりますね^^

ハーレーダビッドソンのエアクリーナーBOX,インテークマニホールドフランジ
燃料ホース、エアクリーナーBOXを取り付けます。

ハーレーダビッドソンのエアクリーナーBOX
ハーレーダビッドソンの燃料ライン
ブリーザーラインでエアクリーナーBOXを固定するのは実車同様ですね。
インジェクター側はホーンをつけると隠れてしまうので今のうちに撮影。

ハーレーダビッドソンのエアクリーナーカバー
エアクリーナーカバーを取り付けしてハーレーダビッドソンの吸気系完成!

プラグとプラグコードも取り付けしましょう。



にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村←更新の励みになるので次のネタが気になる方はポチっとお願いします^^

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
スポンサード リンク
ハーレー関連コンテンツ
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ハーレーカテゴリー
ハーレー最新記事
ハーレーオーナープロフィール
ブログ村ランキング参加中