スポンサード リンク
2014年01月24日

ハーレーダビッドソンのフロントスプリングの動き

ハーレーダビッドソンのフロントフォークスプリングですが、バネレートの違う2種類のスプリングを組み合わせることで初期は素早く沈み、後半は粘り強く沈む サンダンスさんのトラックテックスプリングの構造をタミヤの1/6ファットボーイローも採用されていたので説明します。


動画を見てもわかるように、柔らかいバネが先に縮んで、固いバネはあとから縮み始めます。

ハーレーダビッドソンのフロントフォークスプリングの動き
2本のスプリングが組み合わさると

ハーレーダビッドソンのフロントフォークスプリングの動き
柔らかいスプリングが素早く縮みますが

ハーレーダビッドソンのフロントフォークスプリングの動き
その後硬いスプリングが粘ってくれます。
ブレーキ操作した時に効果が出るのは初期の沈み込みが終わったこの辺りだそうです。

次はフォークカバーとナセル取り付けです。


にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村←更新の励みになるので次のネタが気になる方はポチっとお願いします^^

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
スポンサード リンク
ハーレー関連コンテンツ
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ハーレーカテゴリー
ハーレー最新記事
ハーレーオーナープロフィール
ブログ村ランキング参加中