スポンサード リンク
2013年10月17日

ハーレーダビッドソン ナックルヘッドのヤフオク中古車

1947 FL ナックルヘッド チョッパー 当時 純正 KNUCKLE中古車

IMGP1394

1947年ナックルヘッドになります 先月9月末日まで普通に乗っていた車両です 9月末日で車検が切れています 1947年純正フレーム エンジンケースマッチング FL1200cc リンカートキャブ 33.4純正フロントフォーク(6インチオーバー) ハンバーガードラム ハマータンク 当時物コブラシート 当時物リアリブフェンダー 当時物シーシーバー 当時物ANDERSONペグ スーサイドクラッチ・ジョッキーシフト フロント21インチ リア18インチ(アイアン純正ボラーニHリム) その他、ハンドル・グリップ・ミラー・テールランプなど細かな箇所まで当時物でパーツ構成されています オーバーホールなど車体に手を入れたのは日本国内の信頼出来るナックルヘッドに強いショップになります エンジン・ミッション・フロントフォークをオーバーホール後1500kmぐらいの走行です エンジンはオーバーホールの際にオイルポンプをパンヘッドの純正の物に変更してあります 油量の関係で当時から焼き付き防止で行われていた作法のようです 手に入れた際に紛失していたので、アウタープライマリーカバーもパンヘッド純正の物になります ミッションはオーバーホールの際にトップ部分を後年式のラチェットトップに変更してあります シフトパターンは後ろに1速、前に2.3.4速のFLパターンかと思います 配線は1年前に布巻き配線を使い全て引き直しました フレームはハマータンクをマウントする関係でシートTバーのタブを切り落としてあります タブは持っているので溶接などで簡単に戻す事が出来るかと思います 旧い車両ですので、オイル滲みなど多少あります エンジン始動はこの年式の手順を踏めば1発でかかります とても調子も良くノントラブルで普通に走行していました 往復500kmロングツーリングもノントラブルでした 車検さえ取得すればこのまま普通に乗って頂ける車両になります ナックルヘッドはご存知の方も多いと思いますが、年々価格が高騰しています フレームなど社外の物で組まれた車両などは安く手に入れる事が出来るかと思いますが… 正直にエンジンもそうですが、フレームに価値がある車両です エンジンがナックルヘッドだけの社外品をゴチャゴチャつけた車両を手に入れるなら、 当方の出品物のような車両を手に入れた方が長い目で見て絶対に損はしないかと思います 保管場所の関係で手放す事になりました(ずっと車庫保管です) 本当は手放したくないので大切にしてくれる方にお譲りしたいと思います 外装、当時物パーツを使用していますのでピカピカの車両でない事をご理解ください
とのことです。


にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村←更新の励みになるので次のネタが気になる方はポチっとお願いします^^

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
スポンサード リンク
ハーレー関連コンテンツ
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ハーレーカテゴリー
ハーレー最新記事
ハーレーオーナープロフィール
ブログ村ランキング参加中