スポンサード リンク
2018年08月04日

ハーレーダビットソンにVPクラッチ(TPP)取り付け

ハーレーダビッドソンのクラッチレバーを軽くしてくれるという、巷で噂のVPクラッチですが取り付けることにしました。TC96のノーマルエンジンへの適合はVP84T。
DSC_0175
結構な重さの部品がクラッチケースとともにブン回るので取り付けは専門ショップに任せます。

DSC_0176
取り付け説明が詳しく書いてありますが、基本はノーマルの状態でクラッチ調整を先に済ませます。

DSC_0177_HORIZON
ダービーカバーを開けてクラッチ調整を済ませてからノーマルリテーナーリングを取り外します。

DSC_0178_HORIZON
DSC_0181_HORIZON
リテーナーリングを外したらVPクラッチ付属のベースプレートを少し外側に曲げてからダイアフラムスプリングの内側に入れます。

DSC_0182_HORIZON
ダイアフラムスプリングがずれていないのを確かめながらキット付属のボルトでVPクラッチを取り付けます。

DSC_0183

取付完了!
そして、錘の位置の関係でクラッチアジャストナットへのアクセスはVPクラッチ外さないとできなくなりました・・・
もともと調整はノーマルリテーナーリング付けないとできないので、整備の時は必要ですからなくさないようにしましょう^^

さて、クラッチ軽くなったかな?



にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村←更新の励みになるので次のネタが気になる方はポチっとお願いします^^

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
記事検索
スポンサード リンク
ハーレー関連コンテンツ
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ハーレーカテゴリー
ハーレー最新記事
ハーレーオーナープロフィール

ネコミニ

ブログ村ランキング参加中