スポンサード リンク
2018年08月04日

ハーレーのクラッチレバーの硬さ対策

ハーレーダビッドソンのクラッチレバーですが、どんだけの力で握らないと切れないのか動画にしてみました。海外旅行などでよく使う手荷物用簡易重量計を使ってます。

ノーマルクラッチレバーを握ってグリップにつくまでの力の変化です。握りきるのに最大7kgほど力が要りますね。
詰め物して大体4本掛けで握ったときと同じような状況にしてみましたが、この後交換したVPクラッチとの比較のためなので絶対値はあまり気にしないでw

そしてVPクラッチ装着後の硬さです。
エンジン停止状態ですが、ノーマル7kgほどなのが5kgちょいまで軽くなってます。
握っただけで体感できるのですが、数値にしてみると効果がわかりやすいですね^^

さて、近場を走り回った感想で言うと、いつもは左手がだるくなるんですが、VPクラッチのおかげで全く疲労感なく戻ってきました。チョイノリが楽しくなりますね^^
気持ちアクセルオフの時のエンブレがマイルドになった気がするのですが、回転体の質量が確実に増えてるのでどれぐらい影響するんだろう・・・・



にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村←更新の励みになるので次のネタが気になる方はポチっとお願いします^^
paipa8 at 09:47コメント(0) 

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
記事検索
スポンサード リンク
ハーレー関連コンテンツ
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ハーレーカテゴリー
ハーレー最新記事
ハーレーオーナープロフィール

ネコミニ

ブログ村ランキング参加中