スポンサード リンク
2018年08月09日

ハーレーダビッドソンのスタッドボルトが折れた!

ハーレーダビッドソンのエキゾーストフランジナットを緩めようとしたらスタッドボルトが折れましたORZ
DSC_0219
フロントシリンダーの下側スタッドボルトが5mmほど残してポキリ・・・・・
いやね、なんかこうなる予感はしてたんですよ。

DSC_0216
10年間、5万6千キロ走行 一度たりとも触れたことのなかったエキゾーストスタッドボルトとナット
すでにナットの形すらしてなかったので当然工具はかかりません・・・・

DSC_0218_TRIPART
ナットブレーカーなる特殊工具で錆びた、というか朽ちたナットを横から割ってやる方法をトライしましたが、力かける時にスタッドボルトを折ってしまいました。
いやいや、ハーレーダビッドソンは壊れてませんよw
この程度のトラブルはショベルヘッドやパンヘッド、ナックルヘッドやフラットヘッドのビンテージハーレーなら珍しくないと思いますので、TC96ダイナもフレーム形式絶版になったことだし、ビンテージハーレーの仲間入りということでよろしいでしょうか(*゚∀゚)っ

まあ、喜んでばかりもいられないので、ハーレーダビッドソンのスタッドボルトが折れた(折った)ときの修理方法を考えましょうか。



にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村←更新の励みになるので次のネタが気になる方はポチっとお願いします^^

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
記事検索
スポンサード リンク
ハーレー関連コンテンツ
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ハーレーカテゴリー
ハーレー最新記事
ハーレーオーナープロフィール

ネコミニ

ブログ村ランキング参加中