スポンサード リンク
2021年04月10日

ハーレーダビッドソンのタイヤ組み換え方法(練習編)

ハーレーダビッドソンのタイヤ交換をスポーツスターに乗っていたときはフロント、リヤともに自分で組み換えしていましたが、久しぶりに原付のタイヤで組み換え作業したので、必要な特殊工具と方法が全く同じなのでレポートしてみます。(使うのはビードブレーカー、虫外し用ドライバー、リムプロテクター、タイヤレバー30cmと40cm、ビードワックス)
IMG_20210409_220507
フロントタイヤの交換は車体をジャッキアップしてアクスルシャフトを抜き、ビードブレーカーという特殊工具を使ってホイールのリムからタイヤのビードを落とします。(写真は12インチまで対応のビードブレーカーで、手本のホイールは10インチです。
たぶん19インチぐらいまでならこの工具でビード落とせた気がしますが、ハーレーに使うならサイズ合わせたものを別に準備します。

IMG_20210409_220415
タイヤの空気は事前にバルブの中の虫を緩めて完全に外して抜いておきます。
虫緩め専用の工具もあります。
エアー満タンの状態でいきなり虫を外すと、部品飛んでいくので注意ですw

IMG_20210409_220536
ホイールの位置を変えながら順番にビードを落とします。
片側全部落ちたら反対にします。
ホイールの下にはやわらかいマットを敷いておくといいでしょう。

IMG_20210409_221031
ビードを落としたらホイールのリムに樹脂のリムプロテクターをかませて、タイヤレバーでてこをかけてホイールのリムの外側にタイヤのビードを引き起こします。
ディスクホイールの内側にタイヤレバーをひっかけて休ませておいてもう一本のタイヤレバーで順番にリムを引き起こしていきます。
これを交互に繰り返すとリムからタイヤのビードが外れます。
片側が外れると残りは比較的すんなり取れます。

ちなみに10インチのタイヤでは結構てこずりました。
なんせやるの20年ぶりぐらいか・・・・
オフロードレースやってたバイク用品店のおっちゃんから教わった方法なので教科書見たことないですがw

IMG_20210409_222115
無事に?ホイールから古いタイヤが外れました。

IMG_20210409_222317
今度は新しいタイヤを組付けます。
ビードクリーム(ビードワックス)をタイヤのビードとホイール側にべとべとに塗りたくります。
1圓里發里鮃愼したので生きてる間に使い切ることはないでしょう・・・・

IMG_20210409_224437
新品タイヤを組付けるときは外したタイヤを下に敷けばディスク側を下にしたときに浮かせられるので作業しやすいです。
*バイクのタイヤは回転方向が決まってることが多いので確認しっかりしましょう。
外した時の要領で片側ずつ入れていきます。
片面は比較的すんなり入りますが、もう片面は入れるときにコツがいります。
インチの小さいホイールの場合はタイヤのバルブ部分からはめていかないと逃げ代がきつくなりました。
最後のほうで入りにくいときは、すでにリムの内側にはまった部分(入れようとしている個所の反対側)の両サイドのビードを寄せてホイールの溝の中心にやらないと反対側のビードをリムにかける位置が厳しくなります。
まあ、文章ではなんのことやら^^;

無事にビードが両サイドリムの内側に落ちたら、今一度ビードワックスを新品タイヤとホイールのリムの間に塗り込みます。
作業で苦戦していると乾いてしまってたりするので。
あとはエアーを入れてビードがリムにはまる時にパン!ぱん!って音がするまでふくらまします。
*ここで組付けのときの最大圧力がタイヤによって指定されてるので、守りましょう。
ビードワックスが乾いてると、コンプレッサー圧8kgかけてもビードはまらなかったりするので危ないですから・・・・・

IMG_20210410_133656
新品タイヤで山までプチツーリングのヤマハーレーダビッドソン号
スノータイヤじゃないけどダートタイヤなので来冬もいけるかな。


にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村←更新の励みになるので次のネタが気になる方はポチっとお願いします^^

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
記事検索
スポンサード リンク
ハーレー関連コンテンツ
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ハーレーカテゴリー
月間ハーレー記事
ハーレーオーナープロフィール

ネコミニ

ブログ村ランキング参加中