スポンサード リンク

ハーレーダビッドソンの電装パーツ

ハーレーダビッドソンの点火プラグを交換しようと思います。交換時期2018年7月 55700km

以前取り付けしたNGK イリジウムMAX DCPR7EIX−Pですが、プラグの熱価、ねじ径、突き出し量は08年式のTC96エンジンに適合してたので勝手に使用しましたが、よく見るとNGK側ではバイクの使用を前提としてないので交換サイクルが不明でした。
普通車10万km、軽自動車5万kmの長寿命プラグだったので、回転数から考えて普通車と同じぐらいほっといてもいいかなと思ってましたが、ふと思ったのが、
水冷エンジンの車はプラグの付け根のシリンダーヘッド温度はほぼ水温と同じに制御できるのに対して、ハーレーダビッドソンなどの空冷エンジンではシリンダーヘッド温度平気で250度超えたりしますからやはりプラグの寿命は厳しくなるのかも・・・・・

ということで、前回のプラグ交換から2万9千kmほど経過したプラグを交換します。時期にして八年前www
DSC_0169
今回交換するのはNGK プレミアムRXプラグDCPR7ERX−P
DSC_0163
「世界初の新素材“ルテニウム配合中心電極”と“白金突き出し+オーバル形状”外側電極採用。 抜群の着火性を実現し、低燃費、耐汚損性、ロングライフ等、トータル性能を極めた次世代プレミアムプラグの誕生です。」
とのことです。
外側電極の張り出しにより、点火時の火炎核が大きくできる?ので期待できそうです。

寿命もイリジウムMAXプラグより2割アップとのことですが、シリンダーヘッドの温度のこともありますし今度は3万キロでちゃんと交換しようと思います。


paipa8 at 19:57コメント(0) 
ハーレーダビッドソンのエンジンチェックランプが点灯しました。
以前点灯したときはめったに再現しなかったのと、メインスイッチのハーネスゆるみ対策以降は起こらなかったのですが、今回はついたり消えたりがしょっちゅう。
KIMG1860
気味が悪いので、サービスマニュアルを見るとスピードメーターを使った自己診断方法があるのでやってみました。

1:メーターのトリップメーターリセットボタンを押した状態でイグニッションをONにする。そのごトリップリセットボタンを離す
KIMG1861
2:メーターのインジケーターがすべて点灯して針も全開に振れて、その後元に戻り「DIAG」の表示がされる
*d1A9ってなんだ?! ってはじめ思いましたが、セブンセグメントを使ったアルファベット読みでした^^;
ダイアグは自動車の故障診断コードのことです。

3:トリップメーターリセットスイッチを再度押して離すと「PSSPtb」と表示されます。
*ピコ太郎の歌とは関係ありません
Pパワートレーン
Sセキュリティー
SPスピードメーター
tタコメーター
bブレーキ
KIMG1862
それぞれに対応した故障コードを読みだせます。

4:初めのPがこの時点で点滅してますので、パワートレーンの診断コードを読み込むにはトリップリセットスイッチを5秒以上長押しします。
KIMG1864
まずP0131が表示されました
サービスマニュアルによると「フロントのO2センサー低電圧または排気ガスが薄すぎる」
故障コードは複数ある場合があるので、トリップリセットスイッチを押して離すと次のコードが出ます
KIMG1865
つぎにP0151が出ました。「リアのO2センサー低電圧または排気ガスが薄すぎる」
さらにトリップリセットスイッチを押して離すと
KIMG1866
ENDの表示が出たのでパワートレーン系の故障コードはこの二つですね。

5:トリップオドメーターリセットスイッチを押すと、今度は隣の「PSSPtb」赤文字のSの点滅する画面になります。
ここでトリップリセットスイッチを長押しすると今度はセキュリティーの故障コード読み込みになるのですが、これ以降のすべての項目でエラーがなかったので今回は省略

O2センサーに問題があるのか、O2センサーが問題を検知したのかはこのコードからはまだ判断しかねますので簡単にできるインテークのリークテストでもしてみようかな・・・・
極端に乗る回数減ってるせいでO2センサー汚れてるだけだといいんですが

何か質問あったらコメントください。

paipa8 at 07:53コメント(2) 
ハーレーダビッドソンのバッテリーあがりの原因がサンダーマックスにあるかもしれないのでまずはファームウエアのアップデートをやってみます。
サンダーマックスのファームウエアとは本体内部のメモリーを書き換えする行為なので、通信ソフトのアップデートとちがって、必要なければあまりしたくないから購入の時一回やったきりでした。
IMGP1224
2008年にやったきりなので2012年バージョンをアップデートします。

IMGP1236
いつもながらPCとハーレーダビッドソンをつなげる作業はかっこいいですね^^
スマートリンクソフトウエアの更新でUSB接続できる設定項目が増えたのでウインドウズ7に対応してるようですが・・・・

IMGP1232
アイドリング回転数も850だと思ってたら800の設定だったので850に変えてやりました。IMGP1235
変更後のモジュールデータを書き込んでIACカーブを修正してやります。

サンダーマックスの初期化をして、IACオートを実行したら終了です^^



ハーレーダビッドソンのバッテリーがまた上がり始めたので、IACバルブが原因だという噂を検証してみます。
IMGP1146


ソーラーパワーでトリクル中ですが、充電電圧が低かったのでバイク側バッテリー単体で電圧チェックしたら10.9V・・・・・だめじゃん

IMGP1150

そこでIACバルブのせいでバッテリーが上がるというネットの噂を珍しく疑ってみたところ・・・・・
周辺温度が23度ぐらいなのにIACバルブだけ28度・・・・暖かくなってるwwwww
もちろんイグニッションオフのまま1週間ほど乗ってません・・・・

IMGP1152
メインヒューズを抜いた瞬間にバッテリ電圧が上昇開始
なんかが電気食いっぱなしだったんですね。

IACバルブの配線図をハーレーダビッドソンのサービスマニュアルでチェックしたところすべてECMにつながっていたのでIACバルブというよりはサンダーマックス側に問題が???

サンダーマックスはバッテリーが上がりやすいという噂はかなり昔からありましたがどうなんだろう。

とりあえずしばらく接続してなかったサンダーマックスの設定ソフトでファームウエアの更新チェックしてみます。



ハーレーダビッドソンのバッテリーがまた上がりました。
2年前に購入したオデッセイのPC545をソーラーパワートリクル充電で繋ぎっぱなしにしてたんですが、ソーラーパネル+サブバッテリーと並列に接続して電圧監視していたらいつも13vぐらいあるのが12Vきってる?!

あわててハーレー側のバッテリー単体で電圧チェックすると9V・・・・

原因は不明ですがとりあえず保証が数日!残っていたのでドライバッテリーは正規代理店にチェックしてもらうために発送。

充電しようと思った時に限って充電器も故障したのでこれも買い替えTT

IMGP0025
新しい充電器はセルスタート機能はありませんが、バッテリーチェック機能がついていて、満充電後はトリクル充電モードに切り替わる賢いやつです。

IMGP0026
IMGP0027
IMGP0030
以前使っていて完全にダメになったPC545があったので切断してカットモデルを作ってみましたw
*中身は鉛なので切断には細心の注意を払います
中身は確かに液体じゃないですが、じわっと湿っていて「ドライ」というほどではないです^^;
ウエットバッテリーってのが正しい表現じゃないでしょうか・・・・・
ま、これだと男らしい名前じゃなくなるのできっと売れませんけどね。

バッテリーチェックでは再充電して一応問題なしとの結果が帰ってきたので、あとから調べたサブバッテリーの一つが死んでたのが原因なのかな???
IACバルブが電気食いっぱなしになるという噂もあるのでもう少し様子を見てみます。

ハーレーダビッドソンのリヤウインカーを取り付けします。
ハーレーダビッドソンのリヤウインカー
ハーレーダビッドソンのリヤウインカー
ウインカーレンズ、ウインカーステーを組み付けして準備完了。

ハーレーダビッドソンのリヤウインカー
フェンダーレールにウインカーステーを差し込んで取り付け完了。
実車と違って配線の必要がないので楽ちんですね^^

ハーレーダビッドソンのテールライトレンズを組み立てます。
ハーレーダビッドソンのテールライトレンズ

テールライトベースとテールライトレンズ、ライセンス灯を兼ねた部品ですので上の部分はクリアーパーツで構成されます。

ハーレーダビッドソンのテールライトレンズ
テールライトクリアレンズ組み立て完了。

ハーレーダビッドソンのテールライトレンズ
実車同様ビス止めでレンズカバーを固定します。

次回はリアフェンダーにテールライトを取り付けます。

本物のハーレーのテールライト記事もあるよ



ハーレーダビッドソンにホーンを取り付けます。

ハーレーダビッドソンのホーン(クラクション)カバー
ホーン、ホーンブラケット、ホーンカバーをアッパーエンジンマウントに取り付けします。

ハーレーダビッドソンのホーン(クラクション)カバー
ホーンブラケットにホーンを取り付けしてホーンカバーをセットします。

ハーレーダビッドソンのホーン(クラクション)カバー
アッパーエンジンマウントにホーンブラケットを取り付けます。

ハーレーダビッドソンのホーン(クラクション)カバー
アッパーエンジンマウントを前後シリンダーとフレームに固定します。
ソフテイルファミリーはエンジンマウントがリジットなのでがっちり付きます。
ダイナファミリーはこの部分もリンケージでフロートされてますがブラケット固定のネジが緩んでどっか行くことがあるので注意です^^

ハーレーダビッドソンのエンジンの眺め
エンジン上からの眺めがかっこいい!
やっぱりピーナッツタンクにしたいなぁw

次はフロントフォークを組み立てします。

ハーレーダビッドソンのプラグとプラグコード、プラグキャップを用意します。

ハーレーダビッドソンのプラグとプラグコード、プラグキャップ
プラグ先端のプラグギャップも微妙に再現されてます^^

ハーレーダビッドソンのプラグとプラグコード、プラグキャップ
プラグキャップにスパークプラグとプラグコードを取り付けます。

ハーレーダビッドソンのプラグとプラグコード、プラグキャップ
シリンダーヘッドのプラグホールにプラグを差し込んでコイル側にプラグコードを接続します。

スパークプラグは消耗品なので定期的なチェックが必要ですね^^

次はホーンを取り付けしましょう。

ハーレーダビッドソンのヘッドライトを組み立てます。

ハーレーダビッドソンのヘッドライトリフレクター、レンズ、バルブ、ヘッドライトシェル
ヘッドライトリフレクター、レンズ、バルブ、ヘッドライトシェルです。

ハーレーダビッドソンのヘッドライト
ハーレーダビッドソンのヘッドライト
シルバーのトリムリングとブラックのシェルが上質な感じを際立たせますね^^

ハーレーダビッドソンのヘッドライト
ナセルにヘッドライトを取り付けします。
バイクっぽくなってきましたね^^

トップブリッジの取り付けも次はやりましょう

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村←更新の励みになるので次のネタが気になる方はポチっとお願いします^^
記事検索
スポンサード リンク
ハーレー関連コンテンツ
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ハーレーカテゴリー
ハーレー最新記事
ハーレーオーナープロフィール

ネコミニ

ブログ村ランキング参加中