スポンサード リンク

ハーレーの点検、整備、メンテナンス

ハーレーダビッドソンの油圧計封入リキッドが液漏れを起こしたので再充填しようと思います。

液漏れの原因ですが、推測ですが一時的に油圧が低下して(ここは確認済、そもそもの油圧低下の原因は不明)ヘッド周りの温度が異常上昇して(エンジンチェックランプ点灯)ヒートシンクのようになっているオイルプレッシャーゲージのステーを介して油圧計本体も高温になったため、封入リキッドが膨張してゴムのフタが飛んでいった・・・・・

と今のところ考えられるので、液入れなおせばいいんじゃね? とw

IMGP2715

まずは飛んでいったゴムのフタの代わりを考えます。
内径が7mm程なのでM6の平頭ボルトにシリコンホースとOリングを組み合わせて押さえればパッキンが効く部品を作りました。

IMGP2718
油圧計の封入リキッドはグリセリンという噂なので薬局でグリセリンを購入して再充填しました。

けっして浣腸プレイのためではないので注意しましょう。

IMGP2721

お手製の蓋を取り付けて、ステンレスホースバンドで本体ごと締め付けておきます。
これでとりあえず様子見。

IMGP2722
本体を取り付けして作業完了です。
あとは耐久性レポートですね。

追記:往復150kmほどの日帰りツーリングで問題ありませんでした。
この方法で大丈夫そうですね^^


ハーレーダビッドソンのエンジンを2ヶ月ぶりに始動してちょいのりしようとしたら、
暖機運転時点でエンジンチェックランプが点灯していることに気が付きました。

暖気状態で油温計が60° 純正油圧計0を指しているので明らかに異常だったので一旦エンジンを停止しました。

エンジンオイルの温度が60度なのにエンジンチェックランプが点灯ということはヘッドの方にオイル回ってなくてセンサー付近の温度が異常上昇したと考えられるのですが、その程度の油圧低下ではオイルチェックランプは点灯しないって、ちょっとどうなんだろ・・・・・

再度エンジン始動しても、始動時の純正油圧計での油圧上昇なし(実際は油圧警告灯が点灯しない範囲の油圧はかかっている)
2000RPMぐらいに煽るとやっと10psiほどに上昇しました。

初めての症状でしたが、ググっても出てこない^^;
そうこうしてるあいだにオイルプレッシャーゲージの封入リキッドも漏れ始め・・・
IMGP2700

まあ、これはたまたまなのでしょうが、その後しばらく休んで再始動したら、いつもの様に当たり前の油圧がかかって、暖気程度でエンジンチェックランプがつくこともなくなりました。

最近極端にハーレーダビッドソンに乗る回数が減ってたからかな・・・・
まともに走ったのは4ヶ月前で、2ヶ月前はエンジンかけただけで結局出かけなかったのでそれもなんか悪さしたのかも(暖気だけして走らないのはエンジンに余計悪いという噂もありましたし)


ハーレーダビッドソンのリヤタイヤの溝がやばくなってきました。
IMGP2307
基本的に真っ直ぐ走ることが多いであろうハーレーダビッドソンなので今までねたにしていませんでしたが、

タイヤのセンターはバイクのフレームの中心線から右にずれています


まあ。そもそもエンジンの形が非対称でプライマリーケースやミッションの配置の関係でしょうがないのかな・・・

右にずれていて何が起こるかといえば
IMGP2308
右側の溝が先になくなるw バンクした時に出っ張ってる分だけ削れやすくなるんですね・・・・

IMGP2309

左側の溝の残りとはえらい違いですね^^;

ただし、右が先に減ると右折で滑りやすいのかというと、実はこの時点でも左折のほうが滑りやすいです。
(水はけの問題でウエット路面では溝がなくなれば条件が変わるでしょうが、現時点のドライ路面でのグリップ力の話です)

タイヤのせいというよりは、タイヤが右によっていて、左折すれば、バンクした時のタイヤ中心は車体の中心より更に外側に・・・・
まあ、アメリカは通行区分逆なので実害ないんでしょうが、日本だと意外と左折時にテールスライドしやすいので今後は注意します。

というか、今のタイヤ、純正より扁平率あげてあるのでタイヤ外形小さいから、体感トルク上がったぶん、車体の重量とグリップ力のバランス悪くなってる気がしてきました。

次の車検はこの溝では通らないのでタイヤ選びを始めておきます。




そろそろ車検なのでハーレーダビッドソンの基本整備をやっておきます。

実はねたにするのは初めてのクラッチ調整です。

ハーレーダビッドソンのクラッチ調整はクラッチ側の調整とクラッチレバー側の調整2箇所同時に行います。

適正な遊びを取るだけなんですけどね。

IMGP2281
IMGP2282
用意するものは車体を水平にするためのジャッキ(なくても調整できるのですが、水平にしていないとプライマリーカバーを開けた時プライマリーオイルが出てくる場合があります。
傾けた状態でプライマリーオイルがギリギリもれないぐらい入ってれば調度良かった気もしますが・・・)

・プライマリーカバーをのボルトに組み付け時使用するスレッドペースト(カッパーグリス)
・クラッチレバーアジャストボルトに塗るシリコングリス
・プライマリーダービーカバーボルト用トルクスT27レンチ(車載工具にありますが、BOXセットで揃えたほうがいいですね。
ここだけの話、何故か僕のトルクスセットにはT27だけが入ってませんでした・・・買い足しておかないと)
・クラッチレバーアジャストボルト調整用スパナ1/2インチ 9/16インチ(車載工具)
・7/32六角ボルト(クラッチアジャスター調整用)
・ディープオフセット11/16インチめがねレンチ(クラッチアジャスターのロックナット用)
ディープオフセットじゃないとビックツインはロックナットに届かなかったので、ホームセンターで見つからなかった方は僕は通販しました^^;

IMGP2283
まずクラッチレバーアジャスターの保護ブーツをむきます。

IMGP2285
上のロックナットをスパナ2本でゆるめて(ネジ的には締め込む方に力をかけるとロックが外れる方向にナットが動きます。)まわして上に移動させます。

IMGP2287
アジャストナットも同じように回してアジャスターが縮むようにするとクラッチレバーがゆるゆるになります。
ここまでがレバー側の調整準備。

IMGP2292
プライマリーのダービーカバーをトルクスT27のレンチでゆるめます。
車載工具では頭を舐める可能性があるので力を入れやすいBOX工具をそろえたいところですね。
ちなみに上の画像からも分かるように、ハーレーダビッドソンのエンジンはメッキでピカピカなので女の人がミニスカートで作業していたら

パンツ見えちゃうので要注意です!


IMGP2293
外したダービーカバー、ネジの配置は同じように並べておきます。

IMGP2294

ここでディープオフセットのめがねレンチが大活躍!
アジャストボルトを六角レンチで押さえてめがねレンチでロックナットをゆるめます。

IMGP2296
ロックナットを一旦十分緩めたらアジャストボルトをねじ込む方向に回していきます。

締めるという表現は誤解を招くので使いません。
アジャストボルトは軽く回るので指先で軽く回していき、回らなくなったところで(力を入れれば更に回るので注意です。ロックナットもその時点でフリーになっている位置が正しいです)そこからアジャストボルトを1回転ほどバックさせます。
IMGP2298
アジャストナットが決めた位置から動かないように六角で抑えつつオフセットめがねレンチでロックナットを閉め込んでクラッチ側の調整終了。

IMGP2297
クラッチレバーアジャスターを伸ばしていくと はじめゆるゆるだったレバーの遊びが詰まっていくので、コイン1枚ぐらいまで調整したらねじ山にシリコングリスをぬってロックナットを締めてブーツを元に戻して作業終了です。

ダービーカバー外すのでプライマリーオイルの交換もしてもいいのですが、車検証見たら2年で3000kmほどしか走ってない^^;
なんか まるで平均的なハーレーダビッドソンオーナーみたいになっちゃたじゃないですか!



paipa8 at 12:48コメント(14) 
ハーレーダビッドソンに乗るときに履いているティンバーランドのブーツですが、靴底が剥がれたので修理します。

IMGP2162
最近のブーツはほとんど接着なので、靴底もまるまる接着です。
いい靴は靴底が消耗しきっても、他の部分が痛むことはないのですがまあ、しょうがないですね。

IMGP2165
今回はほんとに靴底のパーツがまるごと接着タイプなので、貼り直すだけで済みます。

IMGP2164
修理物に愛用しているセメダインのスーパーXです。
修理面両側にに塗布して48時間でくっつきます。
コレでくっつけたものがまた剥がれたことは経験上ありません^^;

IMGP2163
靴底の材質が膨張した?ので、張り合わせたあとのつま先の張り出し具合が半端ないですw
接着したあとで切り落せばいいですけどね。

IMGP2194
接着が乾いたのでつま先のはみ出た部分をカッターで切り取って修理完了^^
これでしばらくはライディングブーツとして使用できます!

ハーレーダビッドソンにサンダンスのファビュラスオイルエレメントを取り付けします。
普通ならオイル交換と同時にやるのですが、まずはフィルターだけ交換して油温と油圧の関係を見てみました。

IMGP1007
さて、赤いやつに交換します!

IMGP1008
K&Nのオイルエレメントは工具で回せるようにボルトヘッドがついていたのですが、なめたORZ
オイルフィルターセンサーブロックのほうが先に緩んで、お化けモンキーで格闘しながらやっとゆるみました。
やっぱりセンターボルト旋盤で短くしないとダメだな・・・

IMGP1009
パッキンに新品のエンジンオイルを塗りこんでオイルエレメントの中にもエンジンオイルを注いでおきます。

IMGP1010
手で閉め込んでオイルエレメント交換終了。

古いオイルでの油温と油圧の変動は全く同じことを確認したので、今度はエンジンオイルの交換をしてからチェックします。

いまおもうと、古いフィルターのままエンジンオイル交換して油圧と油温見ておいたほうがファビュラスオイルエレメントの性能の差をチェックしやすかったです。

IMGP1026
車体を垂直に立ててオイルドレンボルトからエンジンオイルを抜きます。

IMGP1027
ドレンボルトのマグネットには特に気になるスラッジなし。

オイル入れなおして新品オイルの油温油圧の関係チェックです。

結果
新品オイルでもアイドリングでの油温油圧の関係は交換前と変わらず。

アイドリング回転数では違いがわかりにくいのかな・・・・

「2000RPM 油温60度で20PSI レブテックMTP新品 サンダンスオイルフィルター」
とりあえずこのデーターをメモしておこう・・・

走行レポートは後日

追記
外気温20度以下で朝ちょっと走ってきました。

ある程度走って油温90度ぐらいのアイドリングで油圧6PSIあったので、やっぱり新しいオイルに変えて良くなったようです。
かなりちんたら走ってたんですが、油温が90度以上上がらない・・・・・
おかしいなw
サンダンスのファビュラスオイルフィルターの濾過性能アップのおかげ???

もう少し暑い時期で様子見ないとなんとも言えませんけど^^;

ハーレーダビッドソンの油温と油圧と劣化の関係は気になるところですが、いままではかなり走りこんでいたので半年または3000kmと言われる交換サイクルですが、3000kmのほうが先に来るからあまり検証せずにやって来ました。

最近乗る距離が極端に減ったので1年過ぎても3000km行かず、
冬場は乗らないのでオイル交換のサイクルが1年ほったらかしの感じでコレはイカンと再検証してみます。

現時点のエンジンオイル条件
エンジンオイル交換後1年経過 走行距離2400km 銘柄レブテックMPTゴールド(化学合成オイル)
アイドリング回転数850RPM設定(油温50度付近から850rpm それ以前はアイドルアップでちょっと高め)
デイトナのオイル温度計は50度から表示なので、低温時はオイルフィルター付近のケース温度を非接触温度センサーで計測です。

IMGP0993
エンジン始動後30度ぐらいで油圧32psi

IMGP0997
40度で20psi

IMGP0999
45度で17psi

IMGP1001
50度で12psi

IMGP1003
55度で8psi

IMGP1005
60度で表示上0psiまで下がったのでここで終了

ノーマルコンピューターの時のエンジン温度と油圧の関係ねたと比べてみると
えくせる

ノーマルの油圧はアイドリング回転数が高いので、油圧3割増しだと考えてもちょっと低すぎる気がしますね・・・
オイルフィルターも純正とK&Nで違うものがついてるので参考になりにくいです。

とりあえずオイル交換直後のデーターをちゃんととっておかないと怖くなりました^^;





ハーレーダビッドソンのエンジンオイル温度と油圧の関係とオイル劣化の判断をどう捉えるのかのねたとして、サンダンスのファビュラスエンジンオイルフィルター導入前に整理しておきます。

IMGP0985
ざっくりな説明ですが、エンジンオイルは左下のオイルパンの中からタイマーカバー付近のオイルポンプで吸われます。
吸われたオイルはそのまま吐出され、エンジンオイルフィルターの外周部から入り、濾過されてオイルフィルター中心からカムサポートプレートに戻ります。
その後エンジン各部へ供給されます。
ハーレーダビッドソンの油圧計と油圧センサーはオイルポンプから吐出されエンジンオイルフィルターに入る間のラインの圧力を見ています。(写真の黄色い線)
油温計はオイルフィルターにポンプから送り出されたオイルが入るところの油温を計測しています。(青い線)

IMGP0987
油圧計測はハーレーダビッドソン純正のオイルプレッシャーゲージ。
1 Kg/cm2 = 14.2 psi
のようなのですが、この油圧計、0psiの時点で大森メーターの油圧計は1 Kg/cm2
指していたので精度は正直不明です^^;
ちなみにPSIはPポンドSスクエアIインチの略です
決してPプッSシIーの略じゃないのでヴァイブス的な考えの方は注意しましょう!

自分の車両の基準に使うだけなので数値の絶対値は参考になりません。

IMGP0988
油温計はデイトナのバイク用。

次回サンダンスのオイルフィルター交換前に現時点の油圧油温の再チェックをします。


ハーレーダビッドソンのオイル交換ねたをそろそろまじめにやらないといけないのでサンダンスさんからファビュラスエンジンオイルフィルターを取り寄せました。
IMGP0923
サンダンスさんのHPから直接注文したのですが、メール返信待ってたら、いきなりブツが代引きで届いたwwww

IMGP0926
オイルフィルターはメイドインジャパン日本製です。
ゴミやほこりが入らないようにプラスチックカバーでパッキン面がおおわれてるのにびっくりデス。
開封した瞬間に猫ちゃんの毛が入りそうなネコミニガレージでの整備では申し訳なくなりますw

IMGP0928
取扱説明書には 新品のエンジンオイルフィルター組み付け注意事項が・・・・

工具で締め付けるな
整備の基本


いやー
柴崎さんの魂の叫びが聞こえてきますね・・・・

IMGP0929
全長85mmタイプのオイルフィルターですが、工具を引っ掛ける角がありません。
耐圧構造としては余計な角がない方がいいのですが、外すときはバンドタイプのフィルターレンチか、どうせ外した時は処分するので何かで突き刺して回せばいいかなw

ライフサイクルもハーレー純正の倍ほどあるそうなのでオイル交換4回に一回でフィルター交換ならコスト的にもいいですね。

純正のエンジンオイルフィルターは通りが悪すぎて 詰まってなくてもバイパスラインが開く(濾過されずにオイルが通る)時があるとかないとか・・・・(某イギリス車の純正エレメントはその逆で、詰まってもバイパス開かないという噂も・・・)
サンダンスさんのファビュラスエンジンオイルフィルターは圧力損失60%ダウンだとか。

今後のハーレーダビッドソンのエンジンオイルの温度と油圧ねたにもなりますね。



ハーレーダビッドソン関連の書籍を久しぶりに購入。
サンダンス柴崎武彦のH-Dエンジン工学
サンダンス柴崎武彦のH-Dエンジン工学

「エンジンチューニングを科学する」のハーレーダビッドソン版的な感じのようです。

ハーレーに特化して書かれた自動車工学の書籍としては多分日本で最初?

いつもならネタで買ってさらっと見るだけで終わらすのですがじっくりコツコツ読んでみようと思います。

追記1
はじめの1ページで胸が熱くなりました。
この本は技術的に難しい内容もあるでしょうが、柴崎さんがどういう思いで本を出したのか、分野は違っても自分もリアルでひしひしと感じてる事案と全く同じだったので・・・・

追記2
ブランチヘッドがやべえ
吸排気の最適化がエンジンの出力に与える影響がかなりおおきいのだとすれば、欲しくなっちゃうじゃないですかw

追記3
コンロッドがやべえ
TC96っていいことだらけだと思ってたら、実はTC88のほうがピストンのサイドフォース小さいので無理の無いエンジン設計?








にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村←更新の励みになるので次のネタが気になる方はポチっとお願いします^^
スポンサード リンク
ハーレー関連コンテンツ
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ハーレーカテゴリー
ハーレー最新記事
ハーレーオーナープロフィール

ネコミニ

ブログ村ランキング参加中