スポンサード リンク

ハーレーダビッドソンのデーター計測

ハーレーダビッドソンのオーリンズサスペンションが治ってきたので連休中に付けかけました。
ハーレーのオーリンズサスペンション
割れたお皿の交換で工賃とか送料込みで¥8,000ほど。
修理完了のサスペンションはデフォルトのプリロード長なので調整しないといけませんね。

ハーレーのオーリンズサスペンションカラー
ハーレーダビッドソンのサスペンションは年式によってスタッドの径がちょっと違うのかな?(スポーツスターの時はそうでした)
微妙な隙間を埋めるカラーを入れるようになってます。

ハーレーのオーリンズサスペンション交換
ノーマルサスペンションと入れ替えてプリロードを左右合わせました。
ナット、ボルトの締め付けトルクは上下ともに41Nm以上になってるのでロックタイトを塗って締めこみましたが、ネジ穴を掃除しておかないと前のロックタイトカスが噛み込んでトルク管理できなくなるので注意です。
出先のプリロード調整は封印するので調整工具はハーレーダビッドソンのノーマルサスと一緒にしまいました^^;

ハーレーのノーマルサスの重さ
外したついでに最近手に入れたデジタルばね?秤で重量を計測。ダイナローライダーのノーマルサスペンションは2.5kg
この大きさでも精度20gで40kgレンジなので今後のネタにいろいろ使えそうです^^

ハーレーのオーリンズサスペンションの重さ
オーリンズのサスペンションは1.56kgでした。

ハーレーのネタ用電子秤
電子秤の電池カバーが外れやすいのでドリルでタッピング用の穴をあけてやりました。皿ネジを使うので太いドリルでザグリもいれてやります。

ハーレーのネタ用電子重量計改良
ネジを閉めていい感じ。今後はハーレーダビッドソンのクラッチレバーの重さとかネタにできそうですね^^


ハーレーダビッドソンのコーナーリング角度を計測するためにデジタルバンクメーターを取り寄せました。
ハーレーのデジタルバンクメーター
トップギアのDBM-530 センサー別体タイプです。

ハーレーのバンクセンサー
テスト用バッテリーに接続して動作チェックです。

ハーレーのバンク角センサー
センサーを傾げると角度が表示されます^^


センサーを傾げると角度が表示されます^^

ハーレーファットボーイのバンク角
テストにまずファットボーイへ装着しました。

ハーレーのバンク角右
ハーレーのバンク角左
左右ともステップボードが最初にするのでバンク角度は似たようなものですね。
ダイナローライダーのノーマルサスでどうなるか楽しみです^^


ハーレーダビッドソンの北米マフラー16mmパンチアウトの音量を計測してみました。まずは動画をどうぞ^^

住宅地なので空吹かしはなしです^^
サンダーマックスでアイドリング設定800RPMですね。

�����若����若�������������若����渇��
アイドリングの騒音は92デシベルでした。

以前のネタと比べてまとめてみますと、

純正マフラー              75デシベル
北米マフラー              85デシベル 純正の3倍うるさい
北米マフラー16mmパンチアウト  92デシベル 純正の7倍うるさい(パンチアウト無しより2倍以上うるさい)

そして、ハーレーダビッドソン純正のマフラーのバイクが50台程集まったときの騒音レベルと北米マフラー16mmパンチアウトの騒音レベルが同じという計算に騒音工学?的にはなるようです^^;

毎度言いますが、あくまで理論上。
でも今年のブルスカにいって、純正マフラーハーレーの集団がいかに静かなのか音量計測しないといけないなと思いました。
やっぱり有休だそうw





ハーレーダビッドソンの北米マフラー16mmパンチアウト馬力計測の結果です。
画像クリックすると拡大します。
ハーレーの馬力
上が馬力曲線、下がトルク曲線です。
グラフは下から
フルノーマル
ノーマルマフラー+サンダーマックス+スクリーミンイーグルST1エアクリーナー(2.75inハイフロー付けていれば+1馬力ぐらいのはず)
北米マフラー+サンダーマックス+ハイフロー
北米マフラー16mmパンチアウト
です。

今回は16mmパンチアウトの効果検証ですが、思ったほどグラフでは変わってません。
音はかなり大きくなったのですが・・・・

個人的には音が大きくなった割には出力上がらなかった感じで、もとに戻したかったり^^;

しかし、2500RPM以上の回転数からは若干上乗せがあるので、これは高速道路でハーレーダビッドソンを走らせているときに、6速でちょい加速したいというときに引っかかる回転域なんですね。

加速のためにギアを落とすのをよしとしないハーレー乗りにとってはこの領域の+アルファは体感でも感じとれました。

ネコミニ的な北米マフラーに対するまとめとしては、

出来れば音を大きくしたくないけど出力は上げたい人は
(下道メイン)=パンチアウト必要なし。
(高速、ロングツーリングメイン)=パンチアウトありのほうが高速は楽しい

って感じになります。

今後のネタとしては触媒付きのハーレーダビッドソン北米マフラーにエクスチェンジ可能かをパインバレーさんに問い合せてみようと思います。

*グラフの2000RPM以下の部分は馬力計測時のアクセルを開くタイミングで揺らぐので参考にしていません。


ハーレーダビッドソン ダイナローライダーに北米マフラー16mmパンチアウトをしたので、ダイノジェット北陸(ダイノビート)さんに馬力計測に行ってきました。

まずは馬力計測中の動画です。

ハーレーのダイノマシン馬力計測
いつものようにダイノマシンにセットして馬力計測です。
あいにく雨でしたが、かっぱ来て頑張って行ってきました^^

ダイノジェットオフィス
赤兎馬さんの強面な感じのイメージとは裏腹に、スタイリッシュなダイノビートさんの受付^^;

バイクともえフィギュア
つなぎの下は全裸てのもポイント高いですw

ハーレーの馬力
ハーレーダビッドソンの馬力計測結果が出ました。
データと実走行からの体感検証は次のネタに。


ハーレーダビッドソンの馬力計測前にK&Nのエアクリーナーを清掃しておきます。
ハーレーのエアクリーナーメンテナンス
いつものように洗面台でフィルタークリーナーで汚れを浮かしたあと、クリーンサイド側から流水で優しく流します。

ハーレーのエアクリーナー乾燥
寝室で乾燥させたあとフィルターオイルをダーティーサイド側から吹きかけるのですが・・・・・

ハーレーの猫
フィルター乾燥用にエアコンの室温を高めにすると、猫さんもそれなりの寝姿にwww

ハーレーのエアフィルター
次の日の朝、フィルターオイルを吹いてハーレーダビッドソンに取り付けします。

ハーレーと夕日
馬力計測用にアクセル全開走行をするためにテストコースを1区間だけ利用^^
スマートインターチェンジのパーキングでサンダーマックス学習状況をチェックすると補正範囲内でしたのでこれで準備OKですね。


ハーレー スポーツスターのカスタムメーター

【スポーツスター XL883L用】アンティークスピードメーター φ48 ハーレーダビッドソン用 ブラックパネル


●適合付帯条件:ハーレーダビッドソン用●備考:「腕時計と同じように、メーターにも拘りた い」そんな伊達男の為に作りました。ブラス製のリムは、使い込むほど味が出ます。本革シートと合わせるのが粋ですね。ブラス削り出しリムのスピードメー ターです。ハーレーダビッドソン用は、型式に合わせて製作致します。 ■リム:ブラス/削り出し ■メーター:スチール ■ボディー:ステンレス ■バックライト付き ※画像はイメージです。 ハーレーダビッドソン用

【スポーツスター XR1200用】5/8in アナログドライブユニット用パルス変換アダプター


●適合付帯条件:メーター側:補正機能付き電磁式スピードメーターに適合 ケーブル側:差込み口が12mmもしくは5/8-18のメーターケーブルに適合(汎用品となります。適合につきましては当社では保証致しかねますので、仕様などを基にご自身で判断をお願いします。)●色:黒●素材:本体:プラスチック 変換アダプター:真鍮●サイズ:差込口:12mm(変換アダプター未使用時) 5/8-18(変換アダプター使用時)●内容物:アダプター×1個 OEMサイズ to 12mmスクリュー変換アダプターx1● 商品説明:アナログタイプのスピードメーター用ワイヤーに取り付ける事によって、電磁パルスを発生させる事が出来るようになります。補正機能付きのメー ターを使用する事により、ギア比やホイールサイズを変更した場合でも正しい速度を表示することが出来ます。ちなみに機械式のメーターをそのまま使う事もで き、あまり意味は無いですが機械式と電磁式のメーターを両方使う、なんて事も出来ますよ。

【スポーツスター XL883R用】オイルプレッシャーゲージ 60psi ブラック


●適合付帯条件:(汎用品となります。適合につきましては当社では保証致しかねますので、仕様などを基にご自身で判断をお願いします。)●色:本体:クローム 盤面:ブラック●素材:本体:スチール/ガラス●サイズ:トリム部直径:約44 本体部直径:約40 本体厚み:約27 取付ボルト長さ:約16●内容物:オイルゲージ×1個●商品説明:車輌の油圧を常にチェックできるオイルプレッシャーゲージです。常にチェックしておく事で、大きなトラブルに繋がる前に異常に気付く事が出来ますね。シンプルなデザインとブラックの色は、カスタムの方向を選びません。

【スポーツスター XL1200C用】ハーフムーンスピードメーター トップクランプマウント ブラック


●適合付帯条件:96年式以降の電磁式スピードメーター採用車 汎用マウントタイプ(汎用品となります。適合につきましては当社では保証致しかねますので、仕様などを基にご自身で判断をお願いします。)●色:リンクルブラック●素材:スチール●サイズ:縦:約57mm 横:約110mm 幅:約38mm●内容物:メーター本体x1 日本語取り扱い説明書×1枚● 商品説明:速度と回転数が同時に表示できるデジタルメーターです。速度はデジタル表示なので走行中も見やすく、オドメーターとトリップメーターも付いてい るスグレモノ。補正機能も付いているので、カスタムしてタイヤ径が変わっていても、補正が出来る優れモノです。インジケーターもウインカー・エンジン チェック・ニュートラル・ハイビームが付属しています。トップクランプ用マウントタイプなので、元々トップクランプにマウントしている車両は取り付け楽チ ン!配線加工はカスタムショップへ依頼しましょう。

【スポーツスター XR1200用】インジケーターリロケートマウントブラケット ブラック


●適合付帯条件:95年以降のダイナ、スポーツスター (FXDLFXDWGXL883C及びXL1200Cを除く)(汎用品となります。適合につきましては当社では保証致しかねますので、仕様などを基にご自身で判断をお願いします。)●色:ブラック●素材:アルミ●サイズ:全長:約122mm 幅:約15mm●内容物:ブラケット本体×1個● 商品説明:純正のインジケーターランプが取り付け出来るかんたん移設ブラケットです。スポーツスターやダイナはライザー交換やメーター交換の際にインジ ケーターの移設が問題になるところ。このブラケットがあれば、インジケーターをトリプルツリーやライザーへ移設が可能になります

ハーレーダビッドソンに北米マフラーを装着して馬力計測したデータシートをまずはご覧ください。
ハーレーの馬力計測データシート
馬力曲線ですが、一番下の青がフルノーマルのTC96ダイナのデーターです。
赤線はノーマルマフラーでエアクリーナーなし、サンダーマックス制御、ノーマルマフラーでの限界馬力と考えてください(タイフーンエアクリーナーを取り付けしたらどうなるかわかりませんが・・・・)
一番上の緑が北米マフラー+サンダーマックス制御+2.75インチハイフローエアクリーナーです(エアクリーナ無しで計測すればもっと上がると思います)

北米マフラーは全域において出力が上がってます。

ハーレーの馬力トルクデーターシート
トルク曲線も追加した馬力計測データーです。
トルクに関しても全域で上昇、特に低回転からのトルクの立ち上がりはすごいですね^^
走りやすくなるのもうなづけます。
コーナーで回転数を落とすと、立ち上がりでシフトダウンしないとギクシャクしていたのがそのままドコドコ加速していけるのはやっぱり気分がいいです。
ハーレーダビッドソンって加速のためにシフトダウンするのは男らしくないって感じが個人的には思うのでw(エンジン負荷の観点からはシフトダウンしたほうがいいとのサンダンスさんの話ですが)

カムやヘッドの交換無しではフルエギゾースト組んでも75馬力ぐらいが頭打ちらしいのですが、北米マフラーのパンチアウト径を換えていけばもう少し全体の出力が上がるのかな・・・・
低回転のトルクは犠牲にしたくないので一番おいしいところを探したいですね^^



ハーレーダビッドソンの北米マフラーをTC96ダイナに取り付けして馬力を計測してみます。パンチアウト無しではサンダーマックスの補正範囲内なのでポン付けでOK
ハーレーとダイノジェット
ダイノジェット北陸さんの前で自分でマフラーを交換して馬力計測の準備です。

ハーレーの馬力計測申込書
馬力計測前に車両のチェック項目や同意書にサインです。

ハーレーの馬力計測ダイノジェットセット
ダイノマシンにハーレーダビッドソンをセットします。

北米マフラーの馬力計測中の動画をドウゾ^^

騒音も計測してたんですが、うまく取れませんでした^^;

ハーレーの馬力計測グラフ
馬力計測のデータシートです。
詳しい結果はWEBで

ハーレーダビッドソンの油圧計封入リキッド漏れのため新しいメーターに交換です。
ハーレーの油圧計交換
整備のTさんにクイックで作業してもらいました^^

ハーレーの油圧計交換
スウェッジラインのケーブルに交換してあるので少し純正と違うのでひとてまかかります。油圧計のケーブルはエア抜きの必要がないのでこぼれずにすんでます。メーターステーの締めすぎ防止に追加したワッシャーを組むのでリキッド漏れ防止になってくれますように・・・・

ハーレーの油圧計新旧
油圧計交換終了。
古い油圧計はハーレーダビッドソンジャパンに送り返します。
あと半年でメーカー保障が切れるのでこれが最後のクレームになるかな・・・

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村←更新の励みになるので次のネタが気になる方はポチっとお願いします^^
スポンサード リンク
ハーレー関連コンテンツ
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ハーレーカテゴリー
ハーレー最新記事
ハーレーオーナープロフィール
ブログ村ランキング参加中