スポンサード リンク

ヤフーオークションのハーレー

ヤフオクで見かけたハーレー ダイナの中古車です。

FXDL キャブ最終モデル中古車163万円

IMGP0034

2005年モデル キャブ最終型
走行16700Km 車検27年9月まであり
レバー、SWカバーなどメッキパーツでカスタムしてあります。塗装、メッキ共に程度は抜群です。
キャブ車で程度の良いローライダーはいかがでしょうか。下見歓迎、ローンもできます。
とのことです。

FXDL ダイナローライダー ハーレー中古車125万円

IMGP0035

車検が切れる12月までに売れなければバイク屋に売ります。2012年式のハーレーダビッドソン FXDL(ダイナ ローライダー)です。乗る機会が減るので出品します。新車で購入し、車庫内保管で転倒歴、ステップに傷はありません。ヘアラインのような磨き傷は少しあり ます。たまに乗ってますので走行距離は多少伸びます。改造点は
GLIDEホイール(メッキ) フロントディスクが純正では付かなかったので違うものに変えてます。ホイールにメッキの浮きが多少あります。
バンス&ハインズ ショートショットスタンダード(キャブ車用マフラーを加工して付けてます。O2センサー等ショップにて加工済みです。オイルのディップスティックが干渉するので加工したものを新しく作ってます)
プログレッシブ11インチ ローダウンサス
キジマ??ミニウインカー(フロントは移設してます)
ドラッグスペシャリティーズ シーシーバー(7〜8ミリ程度のメッキ剥がれが2箇所あります)
K&H キング&クイーン2 タックロールシート
ネオファクトリ- 10インチナローZバー 2インチハンドルポスト
メッシュブレーキホース メッシュアクセルワイヤー メッシュクラッチケーブル
グリップ F.Rステップ
インジケータ-移設(ハンドルライザ-変更の為メーター付近にニュートラルとウインカーランプのみ移設してます)
ETC
エアクリーナー
ジッパーズ サンダーマックス(実績のあるショップにてアイドリング650回転で3拍子風にセッティングしてあります)
オールペイント(純正風のライン取りで、キャンディレッド×ラメ 濃い部分は黒でラップ×ラメ ラインはシャンパンゴールド エンブレム部分はシルバー×ラメ×グラデーション)塗装はかなり綺麗に仕上がってます。
オイル交換は定期的にしてます。サンダーマックスでセッティングしてますので快適に走れます。

とのことです。

98FXDSダイナコンバーチブル EVO CONVER中古車144万円

IMGP0036

年式 1998年
モデル FXDSダイナコンバーチブル
車体番号 1HD1GGL15WY3119○○
走行距離(メーター読み) 33,650マイル(約53,840km)
新規輸入車輌

タイヤ F 4分 R  0分
ブレーキパッド F 8分 R 2分
付属キー  2本
バッテリー 要交換

カスタム箇所
※エンジンの塗装剥げ有。リアフェンダーキズ有。
スポーティなダイナにツーリングの要素を盛り込んだモデルです。
ウインドシールド、サドルバッグ
は簡単脱着可能なのでその日の気分で本来のダイナのスタイルに戻せます。

とのことです。





デアゴスティーニのハーレーダビッドソンプレミアムコレクションが完結したのでさっそくヤフオクに出品しますw
デアゴスティーニのハーレーダビッドソンプレミアムコレクション
全部開封してありますが、表紙とか中箱とかはそろってます。

冊子は最初の1,2,3巻までは箱にくっついてます。
残りの7冊は表紙とともに開封時点でバラバラになるので
まとめてあります。

デアゴスティーニのハーレーダビッドソンプレミアムコレクション
専用のアクリルディスプレイケースもついてます。
お部屋のインテリアにも合いますね^^

デアゴスティーニのハーレーダビッドソンプレミアムコレクション
コンプリートしないともらえないイージーライダーのキャプテンアメリカ号とビリー号
こいつらだけ残しておこうかとも思いましたが、やっぱり潔く手放します。

物よりブログコンテンツ思い出
ですからねw

追記

デアゴスティーニのハーレーダビッドソンプレミアムコレクション
売れたので梱包作業してたら、なんだか

ミニバン
みたいになりましたw

ハーレーダビッドソンの軍用モデル。フラットヘッドのWLAをたまに見かけるのですが、フロントサイドに小火器用のレザーホルダーがあってもそこに物が入ってなくてなんとなく物足りない感じがしてましたが、考えてみたら僕持ってたw
ハーレーWLAの装備
MGCのトンプソンM1921です。
アンタッチャブルのあれってほうがわかりやすいかな^^

ハーレーWLAの装備
正確にはWLAに装備されてるのは軍用タイプの照準サイトが簡素化したタイプ?なのですが、デアゴスティーニのWLA記事に当時の広報用写真?に写ってたのは民間モデルと同じだった気がするのでそれほど間違いでもないのかなと半ば強引にネタにw

トンプソンM1921未発火
珍しく発火せずに保管してありました。
モデルガンは発火させると面白いんですけどね・・・・・

トンプソンM1921マガジン
アンタッチャブルではドラムマガジンが印象的でしたがこいつは20連です。
でもドラムマガジンも40発しか入らないんですね^^;

ハーレーダビッドソンのWLAモデルにお乗りのかた、レザーホルダーにひとついかがでしょうかw






デアゴスティーニのハーレーダビッドソン 1/4スケールのファットボーイとカスタムパーツ、全89号冊子と専用バインダーです。(外箱の表紙も全部ありますが痛みがあるのでおまけとして考えてください)

デアゴスティーニのハーレーダビッドソン

デアゴスティーニのハーレーダビッドソン表紙


バインダーは26号まで閉じましたが残りはとめてません。

ハーレーのカスタムパーツ
カスタムパーツやブラックの前後フェンダー、タンク入れ替えで遊べます^^

組み立てガイド、ネジケース、ネジサンプル、工具もすべてそろってます。冊子はよく読んだものと目を通したものとあるので痛み具合がバラバラです。
あくまで中古での判断をお願いいたします。


1/4スケール ファットボーイ

ファットボーイ本体は全長60cm、6kg以上の重量で大迫力です。
電装の動作(エンジン音、クラクション、ウインカー、灯火類)問題ありません。

発送時は破損しにくい単位まで分解して送る予定です。(すべての部品をバラバラにするわけではありません)

細かい部品がたくさんありますので、汚れ、傷、接着程度で治るような傷みに関してはご容赦願います。

1号から89号までの組み立てレポート、冊子の紹介をブログの記事にしてありますので詳しくはこちらを確認してください。電装の動作も動画で見れます。(エンジン音は動画ではいい感じですが、実際は小さめです)
デアゴスティーニのハーレーダビッドソンレポート

今度は1/24スケールのデアゴスティーニ ハーレーダビッドソンプレミアムコレクションをネタにしようかな^^


ヤフオク出品のハーレーダビッドソンパーツです。

ハーレーのウインドシールド

ハーレーダビッドソン純正パーツのクイックリリース・デタッチャブル・ツーリング・ウインドシールド(クリア)です。
フロントフォークが太くなった06年式以降のダイナモデルに対応します(ファットボブ、ワイドグライドはフォーク幅が広いので取付できませんので注意)
ロングツーリングでは雨風の直撃を防いでくれるので疲労しにくいです。日本一周で装着して実感しました。
取り外しも一瞬でできるので走りに合わせて脱着が手軽に行えます。


ハーレーのウインドシールド傷

写真の赤丸部分に幅2cmほどの傷があります(全体図の位置に拡大図の状態の傷があります。猫さんの爪痕です^^;)

ハーレーのウインドシールドデタッチャブル機構


純正パーツのクロームメッキは車体のメッキより弱いのでデタッチャブル機構にメッキの浮きあがりがあります。機能に差し支えはありません。

ロック機構のピンが抜ける年式のものがあったようなので念のため抜け止め防止の処理を裏から行ってます。
日本一周でトラブルなしでした。

過去の記事で装着状況がわかりますね^^

ウインドシールド装着でツーリング中の記事

クイックリリース機構の動画




ハーレーダビッドソンの使わないパーツを久しぶりにヤフーオークションを使って売ってみようと思います。
オークションの説明文書くついでにブログの記事にしてしまいます^^

北米マフラーに絡んだ過去の記事、結構書いたなぁ・・・

ハーレーダビッドソンのマフラー交換方法1
ハーレーダビッドソンのマフラー交換方法2

ハーレーダビッドソンのアイドリング変更動画(純正マフラー) 純正の音

ハーレーダビッドソンの北米マフラーの音
ハーレーダビッドソンの馬力計測(北米マフラー)
ハーレーダビッドソンの北米マフラー馬力計測検証

ハーレーダビッドソンの北米マフラー16mmパンチアウトの音量
ハーレーダビッドソンの馬力計測(北米16mmパンチアウト)
ハーレーダビッドソンの北米マフラー16mmパンチアウト馬力検証

ハーレーダビッドソン 08年式TC96ダイナローライダーに取付してあった北米純正マフラー(パインバレーさんで16mmパンチアウト済み)
ハーレーの北米マフラー中古

細かい傷、浮きさびなどありますが純正のマフラーヒートガードでほとんど隠れるので気になりませんでした。

ハーレーの北米マフラー16mmパンチアウト
16mmパンチアウト加工済。
パインバレーさんで加工。スクリーミンイーグルのトルクマフラーと同等だそうです。

ハーレーの北米マフラー取付箇所
マフラーバンドを締める個所は焼けや傷がさすがに多いです。
取付時はできれば新品のマフラーバンドを使いたいですね^^




にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村←更新の励みになるので次のネタが気になる方はポチっとお願いします^^
スポンサード リンク
ハーレー関連コンテンツ
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ハーレーカテゴリー
ハーレー最新記事
ハーレーオーナープロフィール
ブログ村ランキング参加中