スポンサード リンク

ハーレーのマフラーパーツ

先日取り付けしたハーレーダビッドソンのエキパイ延長パイプですが、関連部品調べてるときにダイナのマフラー用に脱落防止ステーなるものがあるのを初めて知りました。楽天で買えますw
ハーレーのダイナファミリーマフラー脱落防止ステー
マフラー脱落防止ステー
モーターステージさんのアイテムですが、パインバレーさんからも同じコンセプトのものがあるようですね。
まあ、スポーツスター乗ってるときにマフラークランプ締め付け緩んで吹っ飛ばした経験のある私が言うのもなんですが、これで安心というよりは、吹っ飛ばす前に異音に気づくまでの時間稼ぎにはなる部品ですね。
いつもと違う音がしたら乗らずにしっかりチェック、わからなければ乗らずにショップでチェック(最近はJAFで引っ張ってもらえる?)
異音に気づかないか、気づいてもほっといたら最終的に吹っ飛ぶのは同じなんで^^;
マフラー脱落防止ステー
取り付けは簡単です。リアのエキパイのステップ付近のステーボルト外して友締めします。
純正ならサイレンサーステーと一緒に固定できるので、マフラークランプが緩んだだけでは吹っ飛ばないという理屈です。
あくまで緩んだ時にいきなり抜けないようにするだけなので、新品のトルカクランプ使って規定トルクで締め付けできるなら正直いらない部品かも。
クランプ使いまわしてトルク管理もできないけど心配なのでこの部品つけるってのは本末転倒です。
むしろリアエキパイのマフラーステー緩めるので、緩む部分増やして危険増やしてますから・・・・

マフラー脱落防止ステー
私のダイナはエキパイ10cm延長してるので当然既製品では接続できません。
Z字に曲げてフロント側のマフラーステーボルトと友締めしました。パインバレーさんのはこの位置での固定ステーでしたね。
エキパイ延長ねたの保険という意味で今回は取り付けしましたが、たしかに安心といえば安心です^^


paipa8 at 02:00コメント(0) 
ハーレーダビッドソンのエキパイの長さですが、ダイナとツーリングファミリーではかなり長さが違います。
以前フライアンドライドで沖縄ツーリングしたときに借りたツアラーが、フルノーマルにもかかわらず僕のインジェクションチューンを施したダイナよりも低回転トルクが上だったので、教科書通りの排気ラインが長いと低回転トルク型になるのかなと。

そこで

ダイナローライダーの低回転トルクを増やすために純正エキゾーストパイプをちょっとだけ延長してみます。

使ったのはバッサニエキゾーストの10cm延長パイプ。ヒートガードとマフラークランプもセットですが、マフラークランプは肉薄なので、今回は純正のトルカクランプを別に取り寄せました。適合はツアラー系になってますが、エキパイの径が合えば使えました。

バッサー二 アダプター

取り寄せは1−3/4 エキパイアダプター(10cm延長)(←楽店)でもありますが、
北川商店様は在庫してるようです。
エボ、ショベルヘッドやパンヘッド、ナックルヘッドやフラットヘッドのビンテージハーレー乗りのかゆいところに手が届く品ぞろえのようなので気になる方はどうぞ^^

さて、ローライダーのエキパイを10cm長くする前に注意点。
私の場合純正マフラーから車検対応デイトナマフラーに交換してるので、マフラー全長が5cm短くなってます。おまけにマフラーも2本で1kgほど軽くなってます。
なので10cm延長アダプターを取り付けしても、実質5cmしかノーマルよりマフラーエンドは伸びてません。
ラバーマウントのダイナフレームなので、エンジンもろとも排気ラインが振動しますので伸ばすことによる影響は未知数ですが、マフラー本体も軽くなってるので大丈夫かなと。
純正マフラーや北米マフラーで10cm延長アダプターつけるのはちょっと怖い気が。あとテールランプよりマフラーエンド突き出すので車検は???

まあ、マネする人はいないでしょうが^^;

ハーレーのマフラー取り外し
サクッとノーマルマフラーを外します。

エキパイアダプター取り付け
10cm延長アダプターを付けるとちょうどミッションカバーの分ぐらいマフラー取付位置が下がります。

マフラーエンド位置
今までサドルバッグに隠れていたマフラーエンドがフェンダーつらいちまで突き出しました。
ちなみにこれで純正位置+5cmです。(デイトナマフラーは純正より5cm短いので)

エキパイアダプターとヒートガード取り付け
ヒートガードも取り付けると違和感なく伸びました。
さて乗り心地はどうでしょうか^^


paipa8 at 15:51コメント(0) 
ハーレーダビッドソンのエキゾーストパイプ(エキパイ)フロント取り外し方法です。リヤはやってませんが考え方は同じです。

初めに注意点

わたしのダイナは新車購入以来10年ほどエキパイ周りの分解一度もしたことがなかったのでフロントのスタッドボルトとナットがボロボロに朽ちていました。
似たような錆具合の方は触る前に専門ショップに相談したほうがいいでしょう^^;
むしろマフラー交換しない車両のほうがレアだから意外とスタッドボルト修正の整備ノウハウたまらない??


それ以外にエキパイのヒートガード取り付けバンド、連結パイプのヒートガード取り付けバンド、フランジナット、クランクケース下のマフラーステーボルトなど、緩める部分のナットボルトには前日にCRC556などの錆び向けの潤滑剤をスプレーしておきます。
DSC_0280
フランジナットをゆるめて・・・(錆びてボロボロの時はショップに相談!)

DSC_0277
目立ちませんが前後のエキパイを連結している部分もヒートガードがついてるのでここを4箇所緩めます。

DSC_0281
クランクケース下からマフラーステーが出てるのでそこのボルトも緩めます。

DSC_0279

エキパイを抜くとき連結パイプが干渉するので右側のフットペグステーのボルトも二か所外しておきます。
写真にないですが、フロントのエキパイのヒートガードステーのバンドは錆びてボロボロだったので外すときに切断しました。
ホームセンターで同じようなサイズのバンド売ってますのでいくらでも流用可能だし。

DSC_0278
フランジナットを外したらフランジを下にずらしてフリーにしておきます。
後はフランジ側をフレームの外に逃がすような感じで連結パイプ部分をぐりぐりしながら抜いていけば完了です。(O2センサーを付けたまま作業するときは配線にテンションかからないように外した後も注意しましょう)

DSC_0253
フロントのエキパイがリヤのエキパイと分離しました。


paipa8 at 19:22コメント(0) 
ハーレーダビッドソンのエキゾーストフランジを取り外すときに折ってしまったスタッドボルトですが、このままではお盆のネタはおろか、コストコへの買い出しもままならないので修理しようと思います。

DSC_0228
幸いにも折れたスタッドボルトは頭が5mmほど出ていますので、連結用の部品を作ってスタッドボルトを伸ばす方法で応急処置します。

DSC_0229
丸い部材(当初作ろうとしたものは外形12mmのパイプ内部にスタッドボルトのナット側に合わせたねじとヘッド側に合わせたねじを切ったもの)を新品のスタッドボルトをつなげます。(後で長いところは切断します)
ヘッド側とナット側はねじのピッチが違いますが、今回はヘッド側は錆びてボロボロなのでナット側に合わせてねじ切ったものをねじ込んでかじりつかせただけです。
(奇跡的にねじを切った連結用の部品をストックに持っていたので、サイズ合わせただけでした ありがとうミニクーパー!!)

DSC_0230

フランジ側の穴はスタッドボルト連結部品の外径に合わせてドリルで加工します。
純正部品への加工ですが、消耗品として社外品あるようなのでちゃんと直したときに買い替えましょう。
DSC_0221

エキパイのフランジには朽ちて固着したリテーニングリングが・・・・
化石を発掘する要領でたがねでたたいて分離しますw
DSC_0232
ネオガレージさんから追加で購入したリテーニングリング。1984年以降のビックツイン用って、34年前からこの部分サイズかわってないってことですか。ハーレーダビッドソンのこういうところが大好きなんですよね^^
ネットで購入する場合は在庫ありと言っておきながら本国発注で納期遅くなったりするのですが、ネオガレージさんは管理しっかりしてます^^お盆の作業に間に合いました。

DSC_0233
DSC_0234
DSC_0235
新しいリテーニングリングをぐりぐりかませてフランジナット装着
これで復帰のめどがつきました。今回はスレッドコンパウンドもたっぷり塗りましたよ。

せっかくのハーレーダビッドソンのエキゾーストパイプ分解方法ネタだったのですが、スタッドボルトが折れたことで思わぬ別ネタになりましたね。

本来のねた、オイルポンププレッシャーリリーフスプリング取り付けがこれで安心して取り掛かれます!

追記:折れたスタッドボルトですが、ハーレーダビッドソン金沢さんで相談したところ、確実に完ぺきに治すためにはヘッド分解して加工屋さんにねじ修正を依頼するとのことでした。
ボルトの位置的にねじ穴修正用の特殊工具を使ってもドリルを当てられそうもないのでヘッドばらすのは避けられそうにありません。
もともとカム交換の時はノーマルプッシュロッド流用予定なのでヘッドまくらないといけないのでその時までフランジボルトが持てば一緒に直しましょう。



paipa8 at 04:46コメント(0) 
ハーレーダビッドソンのエキゾーストフランジナットを緩めようとしたらスタッドボルトが折れましたORZ
DSC_0219
フロントシリンダーの下側スタッドボルトが5mmほど残してポキリ・・・・・
いやね、なんかこうなる予感はしてたんですよ。

DSC_0216
10年間、5万6千キロ走行 一度たりとも触れたことのなかったエキゾーストスタッドボルトとナット
すでにナットの形すらしてなかったので当然工具はかかりません・・・・

DSC_0218_TRIPART
ナットブレーカーなる特殊工具で錆びた、というか朽ちたナットを横から割ってやる方法をトライしましたが、力かける時にスタッドボルトを折ってしまいました。
いやいや、ハーレーダビッドソンは壊れてませんよw
この程度のトラブルはショベルヘッドやパンヘッド、ナックルヘッドやフラットヘッドのビンテージハーレーなら珍しくないと思いますので、TC96ダイナもフレーム形式絶版になったことだし、ビンテージハーレーの仲間入りということでよろしいでしょうか(*゚∀゚)っ

まあ、喜んでばかりもいられないので、ハーレーダビッドソンのスタッドボルトが折れた(折った)ときの修理方法を考えましょうか。


paipa8 at 01:17コメント(0) 
ハーレーダビッドソン富山チャプターのツーリングに2年ぶり?に行ってきました。
KIMG2036
ツーリングには絶好の天気。
懸念されていたエンジンチェックランプも始動時にしばらくついただけで、その後300kmほど走行しましたが一度も点灯なし。やっぱり原因はO2センサーじゃない気がします。

KIMG2037
早く着きすぎて道の駅新港はハーレーまだいない・・・・こういう時は動画配信サービスに入ってると暇つぶしにスタートレック見れるのでいいですね^^

KIMG2038

チャプターメンバーがそろってきました。
車いすゾーンに止める人がいなくてほっとしましたw

昼食場所まで行って、昼飯食べすにそのまま帰りましたが、デイトナの車検対応マフラーのおかげで法定速度付近での回転数とギアのバランスがベストになりました。(のんびり走ってても純正ではトルク負けしてギアを落とす場面が多々あったので)
いっそう楽しいバイクに生まれ変わった感じです^^

ハーレーダビッドソンに取り付けしてあるデイトナの車検対応マフラーですが、インジェクション車なので車検の時に排ガス試験証明書も必要です。
購入したときについていたので、せっかくなのでスキャンしてネタにします。
この書類と私の2008年式ダイナローライダーの車検証をもとに陸運局でOKもらっていますので、次回の車検では認証工場ですんなり車検が通せるはずです。
原本ではなくコピーですが、製造元のデイトナさんに電話して、コピーでも車検に通ると確認済ですので安心です。
デイトナ排ガス証明書1
まずは表紙

デイトナ排ガス証明書2
1枚目

デイトナ排ガス証明書3
2枚目

デイトナ排ガス証明書4
3枚目(テーパードタイプの書類)

デイトナ排ガス証明書5
3枚目(ストレートタイプの書類)

デイトナ排ガス証明書6
3枚目(スラッシュカットタイプの書類)

車検に通ったら、きれいにコピーしてラミネートしたものを携帯したほうがいいのかな・・・・

ハーレーダビッドソン用にデイトナの車検対応マフラー スリップオンテーパードを取り寄せました。
デイトナマフラーの価格は楽天を参考にしてくださいKIMG1792
定価はすげー高いマフラーでしたが、ヤフオクでかなりお安くゲット^^

年式によって対応マフラーの型番が違うのでこれは07年式以降のダイナローライダーのみというデイトナからの注意書きです。
エンジン型式が同じなら07以降のダイナシリーズはOKな気もしますが、陸運支局によって判断が分かれるのかな??
KIMG1793

早速純正マフラーを外します。前日CRCを外すボルトに吹いておくのがポイントですね。

KIMG1802

デイトナ車検対応マフラーと純正マフラーを並べて初めて気が付きましたが、

全長と外形が純正より小さい

てっきり純正と同じ形状かと思っていたので、純正スタイルを崩したくなかったネコミニは少しうろたえましたw

KIMG1803
しかしながら、さすがデイトナ。
マフラーエンドの仕上がりやメッキの質感はハーレーダビッドソン純正マフラーより上です!
(日本仕様のマフラーだから手を抜いたとか、そんなのないと思いたいです)

KIMG1794KIMG1795

せっかくなのでサイレンサー部分の重量も計ってみます。
純正マフラー3.4kg 
デイトナ車検対応マフラー2.8kg
まあ、外形と全長小さいので軽くなるのは当たり前ですが^^;
2本で1.2kgの軽量化です。
KIMG1796
車検対応なので触媒もついています。
どんな音が出るのか楽しみですね。
↓装着した外観と新品の値段は楽天からみれますw マフラーの対応年式はデイトナホームページで随時更新されてますが、ストリートボブにも車検対応で取り付けできるようです。買う人はメーカーに確認してくださいね^^



paipa8 at 12:12コメント(0) 
ハーレーダビッドソンのマフラーにヒートガードを取り付けします。

ハーレーダビッドソンのマフラーヒートガード
せっかくのクロームのエキパイですが、ブラック塗装のヒートガードでシックな感じにまとめ上げるのが大人のカスタムなのかなw

ハーレーダビッドソンのサイレンサーヒートガード
サイレンサーにヒートガードを取り付けして

ハーレーダビッドソンのエキパイヒートガード
エキパイにもヒートガードを取り付けします。

ハーレーダビッドソンのエキパイヒートガード
ブラックのヒートガードしたから覗くクロームのエキパイがいい感じですね。

ハーレーダビッドソンのエキパイヒートガード
前後エキパイのヒートガード取り付け終了。
カスタムの方向性によっては耐熱グラスウールをぐるぐる巻にする方法もありな部分ですが、これがないと足の内側をじゅうううううううってやけどする場合があるので注意です。

次はリヤブレーキマスターを組み立てます。

ハーレーダビッドソンのマフラーを取り付けます。

サイレンサーとエキゾーストパイプを用意します。
↓まあ作ったの楽天で買ったこれなんですけどねw

ハーレーダビッドソンのマフラー、エキパイ

サイレンサーを組み立てて・・・
ハーレーダビッドソンのサイレンサー

エキゾーストパイプを接続します。
ハーレーダビッドソンのエキパイ

エキパイとサイレンサーを接続して終了
ハーレーダビッドソンのマフラー

このままだと危ないのでヒートガードを取り付けしましょう。


にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村←更新の励みになるので次のネタが気になる方はポチっとお願いします^^
記事検索
スポンサード リンク
ハーレー関連コンテンツ
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ハーレーカテゴリー
月間ハーレー記事
ハーレーオーナープロフィール

ネコミニ

ブログ村ランキング参加中