スポンサード リンク

ハーレーダビッドソンのサスペンション

タミヤ1/6ハーレーダビッドソンが完成したのでサスペンションの動きをチェックした動画を取りました。

まずはリヤサスペンション。


リヤフェンダーがつくと思ったよりサスストロークが少なく感じますね。

次にフロントフォークの動き。

スプリングだけが入ってるフロントフォークなのですが、部品の密着度が高いからかダンパー効果が出てます。
タミヤさんが意図的に設計してるのかもしれません。

ハーレーダビッドソンのトリプルツリーに組み立てたフロントフォークを取り付けします。

ハーレーダビッドソンのフロントフォークカバー
フォークカバーに隠れて見立たないインナーチューブですが、ダイナの太いフォークから比べると大丈夫なのって気がする細さです。 まあ、大丈夫なんでしょうがw

ハーレーダビッドソンのフロントフォークカバー
2本ともフロントフォークを取り付けてバイクらしくなってきました。

ハーレーダビッドソンのフロントフォークカバー

ナセルのうらのカバーも用意して・・・

ハーレーダビッドソンのフロントフォークカバー
ハーレーダビッドソンのフロントフォークカバー
トリプルツリーにセットしてフロントフォークがすっぽりカバーされましたね。

次はフロントフォークに組み付けるフロントタイヤとホイールの準備です。


ハーレーダビッドソンのフロントフォークを組み立てます。

ハーレーダビッドソンのフロントフォーク、ボトムケースとインナーチューブ、スプリング
インナーチューブ、ボトムケース、フォークスプリング、リフレクターなどで構成されます。

ハーレーダビッドソンのフロントフォーク、ボトムケース
ボトムケースにリフレクターを取り付けします。
アメリカはバイクを駐車するとき歩道に対して縦に止める関係で側面からの反射板が必要?

ハーレーダビッドソンのフロントフォーク、インナーチューブ、スプリング
インナーチューブにスプリングをはめます。
バネレートの違う2種類のスプリングってことはトラックテックスプリング?!

ハーレーダビッドソンのフロントフォークアッセンブリー
ボトムケースにインナーチューブをはめてフォークシールガイドをねじ込んで完成。

フォークスプリングの動きが気になるので別記事で説明しますね^^

ハーレーダビッドソン ソフテイルローの下半身が完成しつつあるのでソフテイルファミリー独自の動きを見てみましょう。
ハーレーダビッドソンのスイングアーム
一見リジットフレームに見えるスイングアームですが・・・

ハーレーダビッドソンのスイングアーム
サスが沈むとこんなかんじになります。
中間にあるスイングアームピボットを軸に沈み込むので、ショックアブソーバーの連結部分は伸びる形になります。
ローダウンするとリジットフレーム風に見せるリヤスイングアームの角度がなんか歪になってしまいますね。

すでにあるかもしれませんが、ローダウンサスを組んだ状態で美しいフレームラインになるようなスイングアームをこだわる人なら欲しくなりそうですね。

ハーレーダビッドソンのフレーム
組み立てが進むとフレームを支える台座が必要になるのでキット付属のものを使います。

ハーレーダビッドソンの台座
ダイキャスト製でいいかんじです。

どこかの台座だけで1号分ふんだくるシリーズとは大違いですねw

次回はスターターモーター、ソレノイド、プライマリーチェーンケース、シフトアーム、シフトロッドの組み付けです。

ハーレーダビッドソンのスイングアームにリヤショックを取り付けます。
ハーレーダビッドソンのスイングアーム
ハーレーダビッドソンのスイングアーム
スイングアーム下部にリヤショックを取り付けます。
スイングアームピポットはショック連結の上部にあるので、サスが沈むときはショックが引っ張られる方向に動きます。

ハーレーダビッドソンのスイングアーム
フレームとスイングアームを連結するパーツを準備して・・・・

ハーレーダビッドソンのスイングアーム
スイングアームを連結します。

ハーレーダビッドソンのスイングアーム
ドライブスプロケットを取り付けしてドライブベルトを引っ掛けました。
ベルトのテンション調整もできるキットなのでこの時点ではゆるゆるです。

せっかくなのでソフテイルフレームの動きを見てみましょう。


ハーレーダビッドソンのリヤショックを組み立てます。
ソフテイルフレーム独特の、縮んでショックを和らげるのではなく、伸びてショックを和らげるタイプです。

ハーレーソフテイルのリヤショック
ハーレーソフテイルのリヤショック
タミヤのスケールモデルなので、スプリングがダンパー部分に一体化されてますから実物とちょっとイメージが変わりますが・・・・

ハーレーソフテイルのリヤショック
組み立て完了です。
サンダンスのトラックテックスプリングは純正の片側だけスプリング交換してプログレッシブレートによるいい具合なセッティングになるそうなので気になりますね^^

次はスイングアームにショックを取り付けます

ハーレーダビッドソンのスイングアームを組み立てます。
ハーレーソフテイルのスイングアーム
ソフテイルフレームならではの扇型スイングアームが特徴ですね。

ハーレーソフテイルのスイングアーム組み立て
ハーレーソフテイルのスイングアーム組み立て
本当はフレームなのでつやありの黒で統一したかったのですが、ライナーもろとも塗装なのでほかパーツのつや消しを優先しました^^;

次はリヤホイールとリヤタイヤ

xl1200n

オーリンズ【スポーツスター XL1200N用】【特価セール】 リアショックアブソーバー Type S36PR1C1LB(イエロー)


●適合付帯条件:2003年まで(ハーレー・SPORTSTER FAMILY)●カラー:スプリング:イエロー●ピストン径:36mm●タイプ:ピギーバック式のリザーバータンクを搭載しています。リバウンドダンピング(伸側)調整機構。コンプレッションダンピング(圧側)調整機構。車高調整機能搭載モデル。油圧式スプリングプリロードアジャスタ搭載(ツインショック用)

NITRON【スポーツスター XL1200N用】【特価セール】 TWINショック(ターコイズ)(PIGGY BACKタイプ) 360mm


●商品説明:ボディ:アルミ/スプリング:ターコイズブルー/全長:360mm/車高、イニシャル、減衰3WAY(伸び側1/圧側2WAY)● 商品詳細:(1)アルミ削り出しにより、高い質感と高剛性・軽量を実現したトップキャップ。フリクションの低減と剛性を同時に確保。(2)無段階プリロー ドアジャスターを装備したプリロードアジャスター。(3)素材にクロムシリコン鋼を採用したスプリングは、高張力・高耐久を確保し、バネレートは約 0.KG/mm毎に刻む精度さでラインナップ。(4)ハードクロームメッキダンパーロッドはテフロン系素材を使用し、リザーバータンクにはアルミ製リザー バーチューブを採用し、表面に高耐久のハードアルマイト加工を施しており、共にフリクションの低減に大きく貢献。(5)軽量かつ高剛性のシームレスアルミ ボディチューブは、加工精度1/100mm単位で管理され、表面処理には高耐久のハードアルマイト加工を採用。プリロードアジャスト用のネジスレッドもあ えてピッチを大きく取り、放熱性の向上に貢献。

NITRON【スポーツスター XL1200N用】【特価セール】 TWINショック(ブラック)(PIGGY BACKタイプ) 298mm


●仕様:Bシリーズ:ナイトロンがリリースするハイスペックツインショック。物ショックのRACEシ リーズ同様にコンプレッションに2WAY(低速・高速)とリバウンドに1WAYと3WAYのフルスペックダンピングアジャスターを装備。可能な限り全ての 部品に対してアルミ削り出し部品を採用し外観上の美しさと軽さ、剛性、放熱性といった高いパフォーマンスを両立させ、新たなショックアブソーバーの可能性 を追求。徹底したローフリクション仕様、高いアジャスタビリティー、そして超軽量アルミボディーから生まれるダンピングフィーリングは、ライダーをかつて 感じえることの出来なかった領域へと導く。

ハーレースポーツスターのカスタム足回り

スポーツスター その他用 リーフサスペンション


●適合付帯条件:ハーレー用●備考:表面処理無し●写真注意:※画像はイメージとなります。

970シリーズ ピギーバックショック for XL


PROGRESSIVEのスポーツグレードフラッグシップ"970シリーズ"から、スポーツスター向けモデルがリリースされました!特徴的ピギーバックサスペンションにより、幅広い圧側ダンピング調整が可能。2004年以降のスポーツスターXL(883 & 1200)に適合

PROGIRESSIVE 430 リアサスペンション クローム XL1200X


PROGRESSIVEで最もデザイン性に溢れる430シリーズ。ただ車高を調整するだけなら412シリーズを選ぶべきですが、見た目もクールにカスタムしたいというスポーツスター乗りの方には、この430シリーズが最もオススメ

413モデル スポーツスター用ブラック


ハイパフォーマンスのスポーツスター用サスペンションです。 全長15インチでストックのサスペンションより長く2種類の異なったスプリングで構成されてます。チェーンドライブへの換装が必要

[ハーレー XL1200R] HYPERPRO サスペンションスプリング(コンビキット)


コーナー手前のブレーキング時におけるキャスタの変化を適正化し、次の動作の移りやすくします。コーナリング中の細かなギャップを吸収し、乗り手の邪魔となる振動をなくします。

ハーレースポーツスターのカスタムローダウンキット

WORKS PERFORMANCE サスペンション:11.75インチ ハーレーパーツ


アメリカ屈指のサスペンションメーカー。 長年にわたるレース活動において蓄積されたデータはストリートに生かされております。 シリンダーシャフトには高強度と耐久性に優れたハイテンシルスチール鋼を採用。
11.75インチ 2004年以降スポーツスターモデルに適合

【サスペンション】 SLAMMER KITS 13100392 ハーレーパーツ


フロントフォークスプリングとリアサスペンションがセットになったコンプリートロワリングキットです。 取り付けることによりフロント側は2インチ、リア側は2.5インチ下がるので足つき性が抜群に良くなります。・2004以降スポーツスターモデルに適合 (但しXRモデルは除く)

プログレッシブ サスペンション:DS310034 ハーレーパーツ


ハーレーの国アメリカで、最大のサスペンションメーカー【PROGRESSIVE SUSPENSION】 コストパフォーマンスの高さから、日本でも人気のサスペンションですね。 5段階のプリロード調整で、乗り心地を自由にセッティング可能!・1979年以降スポーツスター

【サスペンション】 DROP IN フロントフォークロワリングキット 04160034 ハーレーパーツ


フロント周りを外さなくても簡単にフロントフォークのローダウンができるロワリングキットです。 ノーマルのスプリングを抜いてロワリングキットに入れ替えるだけの簡単設計・1988年以降スポーツスターモデルに適合 (但しXL1200S、XRモデルは除く)

ハーレー XL883 EASYRIDERS DROP-IN フロントロワーリングキット


モデル・年式に合わせて付属のPVCスペーサーをカットして車両に取り付けてください。取り付けにジャッキ必要
画期的なロワーリングキット。面倒なフォークの分解作業が無くなりました。ハンドル外して、トッププラグを外して入れるだけです。

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村←更新の励みになるので次のネタが気になる方はポチっとお願いします^^
スポンサード リンク
ハーレー関連コンテンツ
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ハーレーカテゴリー
ハーレー最新記事
ハーレーオーナープロフィール
ブログ村ランキング参加中