スポンサード リンク

バイク

JOGZのブレーキマスターを交換してブレーキングに安心して頼れるようになると、ハーレーにも取付してあるような大径ブレーキローターが欲しくなりました。

IMG_20210618_205903
そこで準備したのはKN企画の大径ブレーキローター+純正キャリパー移設ブラケットのセットです。
ほにゃらら企画と聞くとどうしてもあれでナニなのをれんそうsi(略

ハーレーもミスミエンジニアリングさんの大径ローター+純正キャリパー移設ブラケットでブレーキ強化しているのでもはや定番ですね。
(*ハーレーの場合はブレーキ触る前にフロントフォークのスプリング変えないと意味ないので注意ですが、足回りがまともな国産の場合ローターから入れ替えもありですね)

IMG_20210619_053406
純正ローターと組み替えて重ねてみると大迫力です。
漠然と大きいから効きがいい、で済ませずに、中心から離れたところをつまめるようになるので力がかかりやすくなるわけです。

IMG_20210619_062659
サクッと取付完了・・・・に見えますが、純正キャリパーを使えるぎりぎりのローター径なので、キャリパーの組付けはいったんブレーキホースもブレーキパッドも全部ばらして知恵の輪のように入れてあります。

やはり止まるほうからカスタムするのが正解でしたw

paipa8 at 12:00コメント(0) 
ハーレーダビッドソンに取り付け可能なスマホホルダーを原付用にも流用できるものでよいのがないか、地元のバイク用品店ライコランドで見ているとよいものを見つけたので試してみました。

IMG_20210711_082951
モトプランニング製
ほにゃららプランニング、っていうとなぜか怪しい企画会社にしか聞こえないのは猫ミニの心が濁り切ってるからですか?w

USB充電端子付きで防水仕様
ブラケットは国産やハーレーのハンドルバーサイズに対応して、スクーターなどのハンドルバーがむき出しじゃない車両にはミラーと共締めできるブラケットまで付属しているオールインワンパッケージです。
「USB汎用スマホホルダー」 商品名そのまんま^^;
QC3.0対応充電とか書いてありますが、急速充電できる?
(*昔の2STなど充電電圧が不安定な車種に接続する場合はあらかじめメーカーに適合確認したほうがいいです)

IMG_20210711_083656

ハーレーダビッドソンのインチバーにはブラケットを直接クランプできます。
国産などもブラケットの厚み違うものがセットになってるので対応するみたい。

IMG_20210711_083441

スクーターなどハンドルバーがむき出しでないものはミラーと共締めできるブラケットベースがセットになってます。

IMG_20210711_084218
今回はスクーターに取付してみました。
右の調整ねじでスマホの幅に合わせて挟みます。

IMG_20210711_084344
万一ねじが緩んでも落下しないようにシリコンのストラップがついてるので安心です。

IMG_20210711_084455

スマホホルダー本体にUSB端子がついているのでそこから自分のスマホに合わせた充電ケーブルを接続します。
使用しないときはゴムの防水キャップがついてます。

通勤快速のJOGZですが、ますますどこかの配達員仕様になっていきますね^^



paipa8 at 12:00コメント(0) 
突然ですが猫です。
IMG_20200830_112027
10999097_772556906163988_496229823239173103_n
夏なのでだらけてます。

IMG_20210717_155630
エアコン効かせたガレージでJOGZのリヤタイヤもIRCのダートタイヤに交換します。

IMG_20210717_163428
貧相なスノータイヤからダートもOKなトライアルタイヤに代わって通勤が楽しくなりますね^^

paipa8 at 08:07コメント(0) 
ハーレーダビッドソンのタイヤ交換をスポーツスターに乗っていたときはフロント、リヤともに自分で組み換えしていましたが、久しぶりに原付のタイヤで組み換え作業したので、必要な特殊工具と方法が全く同じなのでレポートしてみます。(使うのはビードブレーカー、虫外し用ドライバー、リムプロテクター、タイヤレバー30cmと40cm、ビードワックス)
IMG_20210409_220507
フロントタイヤの交換は車体をジャッキアップしてアクスルシャフトを抜き、ビードブレーカーという特殊工具を使ってホイールのリムからタイヤのビードを落とします。(写真は12インチまで対応のビードブレーカーで、手本のホイールは10インチです。
たぶん19インチぐらいまでならこの工具でビード落とせた気がしますが、ハーレーに使うならサイズ合わせたものを別に準備します。

IMG_20210409_220415
タイヤの空気は事前にバルブの中の虫を緩めて完全に外して抜いておきます。
虫緩め専用の工具もあります。
エアー満タンの状態でいきなり虫を外すと、部品飛んでいくので注意ですw

IMG_20210409_220536
ホイールの位置を変えながら順番にビードを落とします。
片側全部落ちたら反対にします。
ホイールの下にはやわらかいマットを敷いておくといいでしょう。

IMG_20210409_221031
ビードを落としたらホイールのリムに樹脂のリムプロテクターをかませて、タイヤレバーでてこをかけてホイールのリムの外側にタイヤのビードを引き起こします。
ディスクホイールの内側にタイヤレバーをひっかけて休ませておいてもう一本のタイヤレバーで順番にリムを引き起こしていきます。
これを交互に繰り返すとリムからタイヤのビードが外れます。
片側が外れると残りは比較的すんなり取れます。

ちなみに10インチのタイヤでは結構てこずりました。
なんせやるの20年ぶりぐらいか・・・・
オフロードレースやってたバイク用品店のおっちゃんから教わった方法なので教科書見たことないですがw

IMG_20210409_222115
無事に?ホイールから古いタイヤが外れました。

IMG_20210409_222317
今度は新しいタイヤを組付けます。
ビードクリーム(ビードワックス)をタイヤのビードとホイール側にべとべとに塗りたくります。
1圓里發里鮃愼したので生きてる間に使い切ることはないでしょう・・・・

IMG_20210409_224437
新品タイヤを組付けるときは外したタイヤを下に敷けばディスク側を下にしたときに浮かせられるので作業しやすいです。
*バイクのタイヤは回転方向が決まってることが多いので確認しっかりしましょう。
外した時の要領で片側ずつ入れていきます。
片面は比較的すんなり入りますが、もう片面は入れるときにコツがいります。
インチの小さいホイールの場合はタイヤのバルブ部分からはめていかないと逃げ代がきつくなりました。
最後のほうで入りにくいときは、すでにリムの内側にはまった部分(入れようとしている個所の反対側)の両サイドのビードを寄せてホイールの溝の中心にやらないと反対側のビードをリムにかける位置が厳しくなります。
まあ、文章ではなんのことやら^^;

無事にビードが両サイドリムの内側に落ちたら、今一度ビードワックスを新品タイヤとホイールのリムの間に塗り込みます。
作業で苦戦していると乾いてしまってたりするので。
あとはエアーを入れてビードがリムにはまる時にパン!ぱん!って音がするまでふくらまします。
*ここで組付けのときの最大圧力がタイヤによって指定されてるので、守りましょう。
ビードワックスが乾いてると、コンプレッサー圧8kgかけてもビードはまらなかったりするので危ないですから・・・・・

IMG_20210410_133656
新品タイヤで山までプチツーリングのヤマハーレーダビッドソン号
スノータイヤじゃないけどダートタイヤなので来冬もいけるかな。

paipa8 at 16:48コメント(0) 
以前乗っていたカワサキのエリミネーター900(忍者のエンジン積んだバイク)の北海道ツーリング時の写真が出てきたのでネタにします。

カワサキエリミネーター900
下道900km一日で走った挙句、青森のコンビニで立ちごけしてステップ折りましたw
車載工具のプライヤーは簡易ステップにもなるのでハーレーダビッドソンのツーリングにも生かせそうですねw

カワサキエリミネーター900
北海道上陸後エリモ岬で立ちごけしてクラッチカバーの部品が内部ではずれました・・・・
コンブ漁のオッチャンにラチェット借りて、襟裳岬でオイル交換+クラッチカバー分解

えりも岬のエリモネーター
とか言って笑ってたらこのざまですよ(´;ω;`)

北海道最北端ツーリング
それでも何とか北海道最北端到着。
燃費とガソリン代だけ考えて北海道一周にスタートしたら途中で所持金500円切ったりw
今では考えられないような計画たててましたが
ハーレーダビッドソンでまた行きたいなぁ・・・

以前乗っていた国産アメリカンのチョッパーの写真が出てきたのでアップします。
国産アメリカンチョッパー
メイドインビーのスプリンガーフォーク装着

国産アメリカンチョッパー

スポーツスタータンクにショットガンマフラー。
後ろのキャタピラ付軽トラック。ホンダのアクティークローラーも愛車w
変な車乗りすぎでしたw

国産アメリカンチョッパー
エンジンは空冷 タイヤのインチは今のローライダーと同じバランスだったかな。

運動性とかあれでしたが、乗ってて楽しかったなぁ(●´ω`●)

ホンダのCL90が落札されたので分解して発送準備です^^
CL90
外装をじゃんじゃん外します^^
フレームだけになったCL90はチョッパーみたいでかっこいい!!

ポイント点火のコンデンサ
フレームからエンジンを下した時に初めて現れる点火コイルとポイント点火のコンデンサです。
ショベルヘッドやパンヘッド、ナックルヘッドやフラットヘッドのビンテージハーレーにはおなじみのポイント点火のコンデンサですが、ビンテージハーレーではしょっちゅうパンクするとのうわさなので交換しやすい場所にないと困りますが、さすが宗一郎、壊れるようなクオリティーのものは使ってないんですね^^

CL90組み立てレストアキット
発送用にバラバラにしたCL90

エンジンは20kg
フレームは11kg
やっぱり一番重いのはエンジンでした^^

さて梱包して発送準備しましょう。





ハーレーダビッドソンをしまってあるガレージに長らくおいてあったホンダのCL90をヤフーオークションに出してみようと思います。(ドライブチェーンは固着して捨てたので新しいのを使ってください)
レストアしようと思ってショップでエンジンをばらしてもらったままだったのですが情熱を失って作業は進まず・・・・
002

はじめエンジンがかかったのでナンバーを取得したのですが、結局ピストンリングの固着のせいでエンジンストールがおきるのでまた廃車にしました。

014
田舎なのでナンバー返納書類の代わりにナンバー取得時の書類のみ手元に残ります。
自賠責と、この書類、書類の所有者(僕ですが)の印鑑、サインがあればほかの自治体でもナンバー取得ができるはずなのですが、詳しくはお住まいの自治体にお問い合わせください。

011
錆で読みにくいですが車体番号CL90−195390 認定番号供1198 でナンバーを取得していました。

009
シリンダーとシリンダーヘッド、ピストンはショップで分解してもらいました。
クランクケースの隙間はいつもはウエスでふさいであります。

015
シリンダー、シリンダーヘッド、ピストンです。
写真に写っているものがすべてです。
サイドカバーの紙製パッキンはありませんので作り直す必要があります。

021
上二つのピストンリングは完全に固着しているので外した後新しいものが必要になるでしょう。
3つ目のリングは外せそうでしたが結局途中で割れたので廃棄しました。
ピストンピンの抜け止めCリングは片方はピストンについたままです。

022

放置されていた横置きエンジンの宿命でシリンダー下側がさびていました。
焼き付きというよりは長期放置でピストンリングともに固着していましたがこの状態でもエンジンが少しは回ったので全部ばらさなくても軽いホーニングとピストンリングの入れ替えだけで復活したのかもしれません。

019
燃焼室にも錆がありますがバルブの固着はありませんでした。

018

カム、ロッカーアームです。動弁系には問題なさそうですがレストアベースですので・・・・

017

バルブとバルブスプリングです大昔の6Vカブエンジンでさえダブルスプリングなのに最新のハーレーダビッドソンはシングルスプリング・・・・性能がよくなったからシングルでいいとかいう説明ですが、そういうもんなのか??

016
ポイント点火なのでタイミングはヘッドのローターで決まります。アナログでいいですね。
ショベルヘッドやパンヘッドナックルヘッドやフラットヘッドのビンテージハーレーにはおなじみなのかな?

006

タンクの中はガソリンからですが錆の状態はこんな感じ。車庫保管でしたからね。

008

走行距離2927km
スピードメーターは時速120kmまで刻んであります。さすが原付二種

丹波哲郎が若いころ撮影所の通勤に使っていたのもCL90といううわさなのですがどうなんかな・・・



ヤマハーレーダビッドソン号に原付用のP8バルブHIDを取り付けしてみます。
寒くなったのと風邪気味でなかなかいじれなかったので少しだけ進めます。
ヤマハ原付バイク外装取り外し
バッテリー側のサイドカウルとフロントカウルを取り外してHIDのハーネスを引き回します。

ヤマハ原付バイクのHID取り付け
p8バルブタイプでそのまま取り付け可能です。上下にピクピク動くのでHILO切り替えもOKです。

ヤマハ原付バイクHIDバラスト取り付け位置
HIDのバラストはスリムタイプですが、スクーター形状はカウルの中に何でも入るので取り付けに苦労しませんね^^

原付バイクのHID点灯
ヘッドライトレンズがもともと黄色いのですが、3000kのHIDはクリアレンズでもこれぐらい黄色くなるいと思います^^

HILO切り替えもちゃんとするので動画をどうぞ

ハーネス接続は会社に電工セットまるごと忘れてきたので後日^^;

ハーレーダビッドソンの光物ネタですが、少し変り種のHIDを紹介します。

原付用HID
スリムバラストタイプのHIDですが、原付に装着するために用意したP8バルブ対応です。

原付用3000k HID
HIDバーナーは3000kなのでかなり黄色く見えます。スクーターのヘッドライトがイエローレンズなのでこれでいいかなと。

面白いのがHILO切り替え方式。
微妙にびくびく動くしぐさがなんとも卑猥に感じるのはショベルヘッドやパンヘッドナックルヘッドやフラットヘッドのビンテージハーレーのりならわかってくれるかもしれませんw


にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村←更新の励みになるので次のネタが気になる方はポチっとお願いします^^
記事検索
スポンサード リンク
ハーレー関連コンテンツ
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ハーレーカテゴリー
月間ハーレー記事
ハーレーオーナープロフィール

ネコミニ

ブログ村ランキング参加中