スポンサード リンク

ハーレーのエンジンパーツ

ハーレーダビッドソンにサンダンスのファビュラスオイルエレメントを取り付けします。
普通ならオイル交換と同時にやるのですが、まずはフィルターだけ交換して油温と油圧の関係を見てみました。

IMGP1007
さて、赤いやつに交換します!

IMGP1008
K&Nのオイルエレメントは工具で回せるようにボルトヘッドがついていたのですが、なめたORZ
オイルフィルターセンサーブロックのほうが先に緩んで、お化けモンキーで格闘しながらやっとゆるみました。
やっぱりセンターボルト旋盤で短くしないとダメだな・・・

IMGP1009
パッキンに新品のエンジンオイルを塗りこんでオイルエレメントの中にもエンジンオイルを注いでおきます。

IMGP1010
手で閉め込んでオイルエレメント交換終了。

古いオイルでの油温と油圧の変動は全く同じことを確認したので、今度はエンジンオイルの交換をしてからチェックします。

いまおもうと、古いフィルターのままエンジンオイル交換して油圧と油温見ておいたほうがファビュラスオイルエレメントの性能の差をチェックしやすかったです。

IMGP1026
車体を垂直に立ててオイルドレンボルトからエンジンオイルを抜きます。

IMGP1027
ドレンボルトのマグネットには特に気になるスラッジなし。

オイル入れなおして新品オイルの油温油圧の関係チェックです。

結果
新品オイルでもアイドリングでの油温油圧の関係は交換前と変わらず。

アイドリング回転数では違いがわかりにくいのかな・・・・

「2000RPM 油温60度で20PSI レブテックMTP新品 サンダンスオイルフィルター」
とりあえずこのデーターをメモしておこう・・・

走行レポートは後日

追記
外気温20度以下で朝ちょっと走ってきました。

ある程度走って油温90度ぐらいのアイドリングで油圧6PSIあったので、やっぱり新しいオイルに変えて良くなったようです。
かなりちんたら走ってたんですが、油温が90度以上上がらない・・・・・
おかしいなw
サンダンスのファビュラスオイルフィルターの濾過性能アップのおかげ???

もう少し暑い時期で様子見ないとなんとも言えませんけど^^;

ハーレーダビッドソンのエンジンオイル温度と油圧の関係とオイル劣化の判断をどう捉えるのかのねたとして、サンダンスのファビュラスエンジンオイルフィルター導入前に整理しておきます。

IMGP0985
ざっくりな説明ですが、エンジンオイルは左下のオイルパンの中からタイマーカバー付近のオイルポンプで吸われます。
吸われたオイルはそのまま吐出され、エンジンオイルフィルターの外周部から入り、濾過されてオイルフィルター中心からカムサポートプレートに戻ります。
その後エンジン各部へ供給されます。
ハーレーダビッドソンの油圧計と油圧センサーはオイルポンプから吐出されエンジンオイルフィルターに入る間のラインの圧力を見ています。(写真の黄色い線)
油温計はオイルフィルターにポンプから送り出されたオイルが入るところの油温を計測しています。(青い線)

IMGP0987
油圧計測はハーレーダビッドソン純正のオイルプレッシャーゲージ。
1 Kg/cm2 = 14.2 psi
のようなのですが、この油圧計、0psiの時点で大森メーターの油圧計は1 Kg/cm2
指していたので精度は正直不明です^^;
ちなみにPSIはPポンドSスクエアIインチの略です
決してPプッSシIーの略じゃないのでヴァイブス的な考えの方は注意しましょう!

自分の車両の基準に使うだけなので数値の絶対値は参考になりません。

IMGP0988
油温計はデイトナのバイク用。

次回サンダンスのオイルフィルター交換前に現時点の油圧油温の再チェックをします。


ハーレーダビッドソンのプッシュロッドを取り付けします。

ハーレーダビッドソンのプッシュロッド取り付け
プッシュロッドはカムの動きをロッカーアームに伝えるラインの他に、オイルの潤滑ラインも兼ねてますので重要です。

ハーレーダビッドソンのプッシュロッド取り付け
プッシュロッドを取り付けします。

ハーレーダビッドソンのロッカーハウジング
ロッカーハウジングを取り付けします。
実物ならこの中にロッカーアームサポートとロッカーアームが入るのですが・・・・

ハーレーダビッドソンのロッカーアームカバー
ロッカーアームカバーを用意して・・・

ハーレーダビッドソンのロッカーアームカバー
工具でボルトどめします。

ハーレーダビッドソンのエンジンプッシュロッド側
プッシュロッドとロッカーアームカバー取り付け完了。

ハーレーダビッドソンのエンジンプッシュロッド側
ハーレーダビッドソンのエンジンプライマリー側
だいぶエンジンらしくなりました^^
それにしてもタミヤのプラモは出来がいいですね!

次はマフラーの取付です

ハーレーダビッドソンのシリンダーヘッドを取り付けします。

ハーレーダビッドソンのシリンダーヘッドにエキゾーストフランジ取り付け
まずエキゾーストフランジを取り付けておきます。

ハーレーダビッドソンのシリンダーヘッドボルト
シリンダーヘッドボルトを用意して・・・

ハーレーダビッドソンのシリンダーヘッドボルト締め付け
シリンダーヘッドをボルト締めします。

ハーレーダビッドソンのシリンダーヘッドボルト締め付け
プラグホール側もボルトどめします。

ハーレーダビッドソンのシリンダーヘッドボルト締め付け
前後シリンダーヘッドを取り付けして終了。

次はプッシュロッドとロッカーアームカバー組み付けです。

ハーレーダビッドソンのシリンダーとシリンダーヘッドを組み立てました。
サイドのフィンも一応シルバー塗装^^

ハーレーダビッドソンのシリンダーブロックとシリンダーヘッド

ハーレーダビッドソンのシリンダーブロック取り付け
実物同様シリンダーの取り付けがフレームにクランクケースがマウントされた状態で行えます。

ハーレーダビッドソンのシリンダーブロック取り付け
スタッドボルトにシリンダーブロック取り付け完了。

ハーレーダビッドソンのシリンダーブロック取り付け
両方取り付けました。さすがにプラモなのでピストンがないのが寂しいところですね・・・・

ハーレーダビッドソンのシリンダーブロックにシリンダーヘッド取り付け
ハーレーダビッドソンのシリンダーブロックにシリンダーヘッド取り付け
シリンダーヘッドも乗っけてみました。
ぱっと見プラモに見えません^^;

次はシリンダーヘッドをちゃんと組み立てましょう。

ハーレーダビッドソンのオイルラインを取り付けします。

ハーレーソフテイルのオイルライン
ソフテイルファミリーはオイルラインが外に見えていて好きなんですけどね^^

ダイナやツーリングファミリーはクランクケースとミッションケースの繋ぎ目でオイルラインできてますし。

ハーレーソフテイルのオイルライン
クランクケースからオイルタンクに伸びるオイルラインのメッキがたまりませんな^^

次はトリプルツリーとナセルを組み立てます。


ハーレーのフレームにクランクケースとミッションケースを載せます。

ハーレーのフレームにクランクケースとミッションケース取り付け
よっこらしょ

ハーレーソフテイルのエンジンマウント方法
ハーレーダビッドソンのクランクケースとミッションケース
ダウンチューブにボルトで固定します。
リジットマウントですね。

ハーレーダビッドソンのクランクケースとミッションケース
この状態で飾ってあるだけでも絵になりますね^^

次はオイルタンクを取り付けますか

ハーレーダビッドソンのクランクケース、ミッションケースボルトヘッドの取り付けです。
ハーレーダビッドソンのクランクケース、ミッションケースボルトヘッド
2mmほどのパーツが14個あります^^;

ハーレーダビッドソンのクランクケース、ミッションケースボルトヘッド
ハーレーダビッドソンのクランクケース、ミッションケースボルトヘッド
ハーレーダビッドソンのクランクケース、ミッションケースボルトヘッド
黒いケースとシルバーのボルトヘッドは色分けが大変ですから部品で別れてるのはありがたいですね。

次回はABSモーターとカムカバー、タペットガイド

ハーレーダビッドソンのエンジン刻印の位置に型番のデカールを貼ります。

ハーレーダビッドソンのエンジン型式位置
さて、デカールとは・・・・・
シールじゃないんですねこれが・・・・

ハーレーダビッドソンのエンジン型式位置
必要な部分をシートから台紙ごと切り抜いて水につけます。

ハーレーダビッドソンのエンジン型式位置
しばらくするとシールが簡単にずれるぐらい浮き上がるので、爪楊枝などで引っ掛けてすくい出します。

ハーレーダビッドソンのエンジン型式位置
クランクケースのシリンダー中間にエンジン刻印デカールを貼り付けます。

ハーレーダビッドソンのエンジン型式位置
ハーレーダビッドソンのエンジン型式位置
同じ手順でクランクケース反対側、ミッションケースにも刻印のデカールを貼り付けます。

ハーレーダビッドソンのエンジン型式位置
ハーレーダビッドソンのエンジン型式位置
デカールナンバーごと水につけるとナンバーが浮きだして邪魔になるので注意です^^;

次回はクランクケースのボルトヘッド

ハーレーダビッドソンのスタッドボルトを組み付けます。

ハーレーダビッドソンのシリンダースタッドボルト
ハーレーダビッドソンのシリンダースタッドボルト
スタッドボルトをシリンダースリーブがはまる部分にはめ込んで押さえパーツを接着します。

ハーレーダビッドソンのクランクケースとミッションケース
クランクケースにスタッドボルトをはめ込みます。
分割式なのはいいのですが、できればミッションケースも別パーツにして欲しかったです^^;

ハーレーダビッドソンのクランクケースとミッションケース
整備中のハーレーのエンジンぽくなりました^^

ハーレーダビッドソンのオイルフィルター取り付け位置
オイルフィルター取付部を組み付けます。
ハーレーダビッドソンのオイルフィルター
ハーレーダビッドソンのオイルフィルター取り付け
オイルフィルターを取り付けします。

次はエンジンの刻印の位置

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村←更新の励みになるので次のネタが気になる方はポチっとお願いします^^
スポンサード リンク
ハーレー関連コンテンツ
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ハーレーカテゴリー
ハーレー最新記事
ハーレーオーナープロフィール
ブログ村ランキング参加中