スポンサード リンク

ハーレーダビッドソンのライトパーツ

ハーレーダビッドソンに取り付けるために新型HIDを取り寄せました。
バイクと車で何度もHID交換してる気がする^^; 家のパーツ部屋には部品取りHIDの山がwww

ハーレー用HID
今回取り寄せたのは55W 4300K H4HILO切り替えタイプです。
性能的には前回つけていたものと変わりないのですが、車と同じ物を取り付けしていて、車のほうが調子悪くなったので部品取りとして移設するのでハーレーダビッドソンには新しいタイプのHIDを取り付けしようかなと。

ハーレー用HID バラスト比較
同じ55Wですが、バラストがスリムタイプになりました。そのかわり従来型のバラスト、イグナイター別体式に戻ってますが・・・・・

ハーレー用HID薄型バラスト
横から見るとたしかに薄型ですね^^
ハーレーダビッドソンなどのバイクに取り付けするときは薄型のほうが便利そうです。
僕はツールバッグにまるなげするので困らないですが、タンクアップマウントしたお陰で空間の開いたタンクしたにも余裕でHIDの取り付け場所ができてそうです。

ハーレー用HIDバーナー比較
今回の新型HIDはバーナーの構造もぐっと進化して、もうH4バルブと変わらないですね。

ハーレーのヘッドライト防水ブーツ
ヘッドライトの防水ブーツも細身になったHIDバルブソレノイドのお陰でそのまま利用できます。

ハーレー用HIDシェード比較
HIDバルブのシェードも工夫されて言います。
バーナーの動作に連動してシェードの一部も動くようになってます。
シェード内部の反射防止塗装は紫外線で白くなって無駄だと判明したようで、新型はメッキのままです。
ソレノイドのぐらつきも新型はかなりしっかりしていて、ヨサゲですね。

ハーレー用HID点灯テスト
テスト用バッテリーでハーネスをつないでHIDの点灯テストです。ハーレーダビッドソンに装着する前に初期不良などないか連続点灯させて様子を見ます。


ハーレーダビッドソン ダイナローライダーに取り付けしたLED電飾。まずは動画をどうぞ^^


ホタルのようにフワーッと付いたり消えたりしますが、夏に蛍のいる場所で点灯するとつられて頑張って点灯し過ぎてホタルさん死んじゃうみたい?

さて、LED取り付けレポートです。

ハーレーのLEDテープ貼り付け準備
まずタンク裏にLEDテープを貼り付けるのですが、予めシリコンリムーバーで汚れや油脂を拭いておきます。
下地処理は貼り付けの強さの肝ですからね。

ハーレーのLED電飾1
プッシュロッド側タンク下に貼付けしたLEDテープ。
点灯テストもいい感じにクロームメッキのヘッドカバーに反射してます^^

ハーレーのLED電飾2
ハーレーダビッドソンのLED電飾。プライマリー側。
タンク裏側の形状を考慮してテープ面に垂直に光るのと水平に光るのと2種類使い分けてます。

ハーレーのLED点滅ユニット
LED電飾の点滅ユニットも配線してタンクのトンネル下に隠しました。
仮留で配線ごっちゃですが、実際はまとめて綺麗にしてあります。
変に噛み込むようにするとハーレーダビッドソンは振動が大きいので断線したりショートしたりしますからね。

ハーレーのLED点滅スイッチ
点滅スイッチはタンク裏側に貼り付け。
またがった状態で操作できる位置です。

ここぞというタイミングで見せびらかしたいですね^^
ハーレーのLED電飾点灯
明るいガレージ内でも点灯するとかなり目立ちます。
LEDの色は白色ですが、他にも青、赤、黄色とエーモンさんからリリースがあるので、赤色にしたら宇宙空母ギャラクティカのサイロン兵士センチュリオンみたいでかっこいいんじゃとか思った貴方はSF好きないい歳でしょうw



paipa8 at 20:48コメント(0) 
ハーレーダビッドソンのLED電飾ライトアップカスタムは最近イベントやミーティングで見かけるようになりましたが、僕も取り付けしようと思ったので準備します。


まずはテストバッテリーでの動作チェック。

ハーレー用LEDカスタムハーネス
使用するのはエーモンの白色防水LEDテープ(30cm4本)と点灯コントローラーです。どちらかと言えば庶民派カスタムが得意なので安くて増設も気軽なエーモンを選択。でもホームセンターの売り場には万引きされたあとの抜け殻もTT  

「盗んだLED電飾光らせて走りだすー♪」 なんか語呂が悪い替え歌にしかなりませんがw 

点灯の仕方は動画のように3段階の光量と3つの点滅パターンです。
点滅回路で30cmサイズなら8本まで同時点灯可能です

ハーレーのLED電飾
1本だけタンクの裏側からライトアップチェック。
4本つけて点滅制御したら楽しそうです^^

ハーレーダビッドソンのLEDライトアップ取り付け方法レポートに続く


paipa8 at 12:09コメント(2) 
ハーレーダビッドソンのヘッドライトに純正のバイザースタイルトリムリングを装着します。車輌購入前からこのスタイル好きだったのですが、取り付け我慢してましたw
ハーレーのバイザースタイルヘッドライトトリムリング

ヘッドライトレンズのトリムリングと入れ替えて装着します。

ネコとハーレーパーツ
装着完了(違う)

ハーレーのヘッドライトトリムリング
ハーレーダビッドソンノーマルのヘッドライトトリムリングをはずして・・・・

ハーレーのバイザースタイルヘッドライトトリムリング装着
バイザースタイルトリムリング装着!
ヘッドライトレンズはノスタルジックなやつですが、純正のマルチリフレクターに戻したほうが似合うかも・・・・

ハーレーのバイザースタイル
バイザースタイルのウインカーとデザインが合いますね^^



ハーレーダビッドソンのウインカーステーが入荷したのでハーレーダビッドソン富山さんまで初乗りです^^
ハーレーとSA
いつものように道の駅小矢部SAで休憩
まだ雪が残ってますね。

ハーレー富山
ハーレー富山に到着。天気が良くてバイクで来てる人もいました。

ハーレーのウインカーポジション
つり下げ式のウインカーポジションを2012年モデルのほとんどの車輌に採用されているウインカーステーに交換します。

ハーレーの2012年モデルウインカーステー

交換後のウインカー位置です
ウインカー一個分外側に移動+半身上に移動しました。
取り付けは整備のTさん、撮影はYさん。
画像切りだす前にリサイズしてしまったので解像度下がって見難いORZ
ニヤニヤしてるのはわかるかなw

ハーレーのニューウインカーステー
ウインカーステーのお陰でバイザースタイルのウインカートリムが運転中にも見える場所に来ました。グリップ周りが集約された感じで、思った以上にかっこ良くなった気がします^^
今までのつり下げ式のステーも味があって好きだったのでしたが変えて大正解ですね。

ウインカーポジションの変更で2インチ、タンクアップマウントの取り付けができそうです^^
ハーレーのオイルのシミ
おまけ。せっかくディーラー行ったのに肝心のオイルのシミ見てもらうの忘れたw まあ、春の12ヶ月点検でチェックしてもらうかな。



ハーレーダビッドソンのウインカーレンズをバイザースタイルウインカートリムに交換します。
ハーレーのカスタムウインカーレンズ
デイトナリリースの純正レンズ入れ替えタイプバイザースタイルウインカーレンズトリムです。(他にもアンバーとかスモークがありますが僕はクリアオレンジ好きなので)
ハーレーダビッドソン純正パーツアンドアクセサリーからもウインカートリムは出ているのですが、やっぱりデイトナでしょってことで^^

ハーレーのウインカー
純正レンズはマイナスドライバーで簡単に外れるのであとはめ込むだけ。
デイトナのレンズはウインカーの光がサイドからも確認できるようにスリットが入ってます。クリアキンのもこういうのあったはず。
確かこのタイプじゃないと車検に通らなかった気がしますが・・・・・

ハーレーのウインカー点灯
ウインカーを点灯させるとやっぱりバイザースタイルはかっこいい!
外装カスタムに足を踏み入れたので、自称富山チャプター一汚いハーレーダビッドソンを綺麗にしようかなw


ハーレーダビッドソンに取り付けしてあるフォグランプですが、車用のハーネスを流用していたので長さとか適当でした。
ハーレーのフォグランプハーネス
伸ばすとかなり長めです・・・・

ハーレーのフォグライトハーネス長さ
フォグランプのハーネスがかなりだぶついているので切断してジャストに取り回します。

ハーレーの配線加工
まずだぶついたハーネスを切断します。

ハーレーのハーネス加工
ベッセルのワイヤーストリッパーでワンタッチでハーネスの皮膜をむきます。
ストリッパーとか聞いて興奮しちゃいけませんw

ハーレーのハーネス圧着端子
フォグランプの接続端子に合わせて皮膜を剥いたハーネスに圧着端子をカシメます。
昔この圧着端子カシメ特殊工具の存在を知らなくて、エイプハンガーバー用の自作延長ハーネスの端子部分を全部はんだ付けしていて、マメな人間だと勘違いされたことがあるのはここだけの秘密ですw

ハーレーのフォグランプ圧着端子
圧着端子の種類ですが、ハーレーダビッドソン側をわざとメスメスにしてます。
以前は車検の時に外すことも考えてたので、外したあと適当に束ねてもショートしないようにとの工夫です。
LEDフォグだったので極性が変わらないようにキボシ端子と平端子にしてあったのですが今では関係ないですね。GU4規格のLEDスポット球あるみたいなので今後のネタですね・・・・


ハーレーのフォグランプハーネス工夫
ハーレーダビッドソンのフォグランプのハーネスですが一旦ライト本体より低い位置に這わせて、Uのじにしてからフレーム沿いに上にあげます。
ハーネスに伝って常にライト本体に水が流れ込まないようにとのちょっとした工夫ですが、そもそもこのフォグランプ、バルブはバイク用じゃないし、大体が屋内用ですからね^^;

ハーレーのフォグランプ
ツールバッグ内のリレー回路に接続して下回りもすっきりしました。
これでハーレーダビッドソンのオイルクーラー取り付け方法をいつでもネタに出来るな^^


ハーレーダビッドソンに取り付けしたフォグランプやHID、アクセサリー用のシガーソケットコネクターなど、すべて純正ハーネスには電流を流さずリレーを使って別ラインを通しています。
今回はざっくりですがリレーの説明をします。
ハーレーのリレー回路
ハーレーダビッドソンに使用するのはミツバの防水リレー。
今回リレースイッチとフォグランプのバルブをつなげた状態を簡単に絵にしました。
本当はハーレーダビッドソンのキーをひねってイグニッションONで通電するポジション球の電源をリレーの駆動電源接続先(青線)にしてありますが図ではわかりやすくバッテリーの+端子にそのままにしてあります。(まあ、実際の配線でもこれでいいのですが、キーを抜いても勝手に電気付けられますからね・・・ってハーレーってファミリーによってはもとからそうだっけか^^;)

増設したアクセサリースイッチをONにするとリレー駆動回路側に電気が流れて、増設フォグ配線側の回路をつなげてくれます。電磁石の原理でスイッチを入れてくれる感じです。

大電流を流すライトの回路はすべて自分で増設したラインなので、純正ハーネスを気にすることなく色々増やせます。

あ、図では抜けていますが、リレーのパワーライン(赤線)とバッテリーの+の間にヒューズもかませます。

容量の計算とか、配線の太さとかは割愛します。
ここで説明しても誰の約にも立たないのは間違いないので、興味が有る方はご自分でショートさせたり配線を燃やしたり、教科書を読んだりして経験値を積んでください^^ ショベルヘッドやパンヘッド、ナックルヘッドやフラットヘッドのビンテージハーレー乗りもそうやって経験を積んでるはずですから。


ハーレーダビッドソンに取り付けしてあるフォグランプですが、イグニッションONと同時にヘッドライトもろとも点灯するので、バッテリーが弱ってる時とか始動性が悪くなる+フォグランプはスイッチで点灯制御できないと車検に通らないってことでスイッチを取り付けすることにしました。

ハーレーの純正スイッチキット
ハーレーダビッドソン純正の増設スイッチハウジングです。
片側3つまでスイッチを追加できますが今回はスイッチ部分は1個だけ注文。
3ヶ月前に購入してあったのを正月休みにやっと取り付けします^^;

ハーレーの純正スイッチ取り付け
まずスイッチをハウジングのプレートにかしめて取り付けします。3箇所あるので何処でもいいのですが、とりあえず一番上に来るように。

ハーレーの増設スイッチ皮膜
付属のビニールチューブにハーネスを通して、抜け止めにタイラップを巻きます。
チューブに少しシリコングリスを塗っておくと(樹脂に攻撃性がなければ何でもいいのですが)簡単に通せます。

ハーレーのクラッチレバーハウジング分解
今回のスイッチハウジングは左用なので、クラッチレバーのホルダーをはずして、スイッチハウジングを代わりに取り付けします。

ハーレーのスイッチハウジング取り付け
キット付属のネジでスイッチハウジングとクラッチハウジング?を締め込みます。

ハーレーのスイッチハウジング取り付け
準備しておいたスイッチプレートを取り付けて蓋をします。

ハーレーの純正スイッチハウジング
増設スイッチ取り付け終了です。
つけてみると思ったよりもっさりとした感じに・・・・まあ、純正だし別にいいや。

ハーレーのスイッチハウジング出っ張り
スイッチハウジングを上から見ると結構出っ張ってますね。
フォグランプの点灯スイッチとして使うので操作性はどうでもいいかな。

残り2つのスロットルはなにに使おうか、今後のネタになりますね。
NOSのメインスイッチとかかっこいいけどな・・・

次回はフォグランプの配線やり直し。


ハーレースポーツスターのカスタムLED

ハーレー純正パーツ LED ヘッドランプ 5-3/4インチ クローム スポーツスター


日本未発売品。近未来的なイメージを彷彿させるルックス、最新技術を集結したLEDヘッドランプ。 HIDと同等の明るさで消費電力が少ないヘッドライトです。 ライトが点灯していてもバッテリーへの負担が小さくエンジン始動時も問題ありません。 取付はノーマルと交換するだけで簡単です。

ハーレー純正パーツ LED ヘッドランプ 5-3/4インチ ブラック スポーツスター


取付はノーマルと交換するだけで簡単です。配線もリレー等は必要なくノーマルコネクタに接続するだけの簡単配線です。 取付時に光軸調整が必要です。スモールランプは使用しません。

ハーレーダビッドソン LEDテールライト/バー&シールドロゴ スモークレンズ/ブラック・ハウジング


●商品番号:68087-08●HARLEY-DAVIDSON●ソフテイル系 ハーレー純正 LEDテイルライト/バー シールドロゴ スモークレンズ/ブラック・ハウジングです。99年-11年 スポーツスター (XL883N XL1200N 11年XL1200X除く)

HARLEY-DAVIDSON ハーレーダビッドソン LEDテールライト/バー&シールドロゴ レッドレンズ クロームハウジング


掲載しております商品画像につきましては、ブラウザやモニターの環境によりましては、色合いなどが実際の商品と異なる場合が御座いますので予めご了承下さいませ。

[ハーレー XLH883 SPORTSTER 883 [スポーツスター]] ヒロチー ZHP001 5ポイントLEDライト ブラック 汎用


●スポーツスター 5ポイントLEDライト ブラックです。汎用●電池寿命 約150時間 電池 単4 4本は付属しておりません。●ハンドル径22mm-26mm(1インチも含む)対応。●点灯と点滅が選択可能。●全長100mm●防滴仕様※ブラケットへしっかりと固定を確認し、ご使用ください。

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村←更新の励みになるので次のネタが気になる方はポチっとお願いします^^
記事検索
スポンサード リンク
ハーレー関連コンテンツ
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ハーレーカテゴリー
ハーレー最新記事
月間ハーレー記事
ハーレーオーナープロフィール

ネコミニ

ブログ村ランキング参加中